札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    朝食
    ・カレイ焼き
    ・レタス、胡麻ドレッシング (2人分)
    ・玉子焼き (2人分)
    ・刺身 (2人分)
    ・たらこ (2人分)
    ・納豆
    ・白米
    ・味噌汁

     1階食堂で8時00分と指定したものの、実際は8時18分に供された。

    食堂
     1階食堂で18時00分から。白米以外、一気出し。

    これ


    脱衣所前
    温泉分析書 平成20年2月8日
    ・申請者 丸果札幌青果株式会社 代表取締役社長
    ・源泉名 まるか荘
    ・湧出地 札幌市南区定山渓(豊平川堤防敷地)
    ・泉温71.6度(自然湧出)
    ・pH6.7
    ・湧出地 無色 澄明 微塩味 無臭
    ・試験室 微黄色 澄明 微塩味 無臭
    ・蒸発残留物 3.000g/kg
    ・溶存物質   3.244g/kg
    ・成分総計   3.368g/kg
    ・ナトリウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)

    湯口(男)
     湯づかいは「加水」と「塩素消毒」ありと掲示。
     宿泊客は夜通し入浴OK。
     日帰り入浴は不可(以前はやっていた)。

    外観
    玄関内ロビー
     以前は東日本ハウス(現名称は日本ハウス)の保養所だった。
     客室は2階に5室(うち2室は続き間)。

    フロント
    ロビー俯瞰


     2014年4月に閉館した山渓苑(札幌市南区)は、1万円以下で泊まれて、夕食は部屋食が売りという、定山渓温泉において値ごろ感のある温泉宿だった。
     新たな経営者によって2015年2月に再オープンした現在も1万円以下にとどめる一方、夕食は大広間に。部屋食ではなくなったものの、洋食プランを提供するなど、奮闘している。
     宿ホームページを通じ、素泊まりプラン1人5,650円×2人=11,300円を予約した。
     定山渓温泉で素泊まり可能は、レアで嬉しい。
     夕食朝食は、定山渓温泉街で食した。ホント新鮮で嬉しい楽しい大好き、な感じ。

    豊平川に佇む
    3階ロビー
    3階土産屋廊下




    客室
    ベッドルーム&和室
    ついんポット(温、冷)
    アメニティ冷蔵庫
    ユニットバス窓外の景色
    まんじゅう景色