札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     湯が良いという噂を耳にした。木のぬくもりを感じる浴室の写真を拝見し、美しいと思った。宿主は湯使いのみならず、浴室の造りもこだわっているな。そんな美意識は、客をもてなすココロにも反映されていそう。

    派手な看板
     ひょっとしたら、掘り出し物の温泉宿ではなかろうか。2食付1人5,500円。この価格ならば、湯さえよければ納得できよう。勇んで足を運んだ。



    濃い食塩泉を楽しむ

    湯力を感じる
     グリーンな湯面にざぶり身を沈めると、ぴりり熱くて濃厚な湯を味わえる。湯上がり後、汗が引かない。成分総計13g/kgのナトリウム-塩化物泉は、しょっぱくてあったまりの湯である。ちなみに、ヘルニアやリウマチが軽快したという話は枚挙にいとまがないそうだ。
     ざんざかあふれる湯を、夜中、早朝も楽しめるのだから、噂に違わずスバラシイ。
     浴室に用いられている木材はカラマツだそう。



    メシ、美味し
    あさめし
     女将さん曰く、「ウチは既製品を一切使いません。家庭の料理で見栄えも悪く、申し訳ありません」って。額面通りに「申し訳ありません」のセリフを受け止めれば、野暮である。

     斜里町ウトロの漁師から、新鮮な魚介類を格安で仕入れているそう。オホーツク海で今が旬の「毛ガニ」はプラス500円で食せた。どこかの温泉ホテルで既製品だらけの食事を強いられるくらいならば、稲富荘の夕食&朝食は、すべて女将さんの手作りでクオリティーが高い。ああ、美味し。久々だなあ、こんなメシ宿は。



    静かに過ごしたい宿
    おにぎり
     自宅のような風情だが、掃除は行き届いている。そして旦那さんと女将さんの歓待が嬉しかった。よもやま話に花を咲かせた次第。

     帰り際、女将さんが「よろしかったら」と、当方が残した白米で作ってくれた握り飯をいただいた。なお、すべての客にいつもこのようなサービスは行っていない点を強調しておく。たまたま、客数が少なく、たくさん白米を残した上、包み紙が余っていたから、という複合的な理由が重なった上での心配りらしい。

     こじんまりした控えめな温泉宿で、身もココロもあったまる。いやはや稲富荘は掘り出し物の「当たり宿」だった。久々にクリーンヒットを打った気分だ。これだから、湯宿巡りはやめられない。

     少人数で静かに過ごしたいオトナにオススメしたい。グループで盛り上がりたいならば、他の宿へ行こう。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・焼いた鮭
    ・ほうれん草おひたし、カニの子、たこ
    ・湯豆腐
    ・煮豆
    ・漬物
    ・白米(おひつ)
    ・味噌汁(熱々)

    朝食会場
     当方指定の8時から食堂で。食後に女将さんがお茶を淹れてくれた。

    湯口

    温泉分析書 平成12年8月9日
    ・源泉名 オホーツク稲富温泉(網走市稲富478-2)
    ・ナトリウム-塩化物泉
    ・泉温51.9度
    ・毎分135リットル(動力揚湯)
    ・成分総計13.78g/kg
    ・蒸発残留物13.07g/kg

     加水、加温、循環、塩素殺菌は一切していない。

     日帰り入浴営業時間10~20時(受付締切19時45分)まで。月曜定休。500円。

    夕食全景
    1階会場
     当方指定の18時から、1階広間で。缶ビール300円。

    外観
     道道102号(網走川湯線)を大空町(旧・東藻琴村)方面へ走っていると、右手にオレンジ色の派手な看板が見えた。

    玄関
    廊下
     客室は2階に5~6室。



    客室
    客室
     6畳間。

    こじんまり
     すでに布団が敷いてあった。

    タオル&バスタオル浴衣&丹前
     タオル&バスタオルは申し出たら準備してくれた。歯ブラシは見当たらない。

    客室からの景色


    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。