札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     森の中に佇むペンションは、まるで隠れ家のよう。出迎えてくれた奥様が「きょうは他にお客さんがいませんので、内風呂もお二人でご一緒にどうぞ」。

    ニューウェーブペンション(新しい流れの洋風民宿?)
     基本は洋室ながら、全7室のうち1室だけ和室がある。予約時に選んでおいた和室に通され、旅装を解いた。


    森の中の露天風呂

    温泉成分が堆積
     まずは内湯を味わう。無色透明のナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)は、大きな特徴を感じなかったが、内湯の床に温泉成分の堆積が広がる。

     湯量豊富の温泉は、館内の暖房にも活用。廊下もレストランも床があったかく素足で歩く。客室の温風ヒーターも温泉の熱だったりして、なんてエコなのでしょう。

    ここに来る手前に廃車や粗大ごみが点在しているのは目をつぶろう
     宿の玄関を出て50メートル歩くと、白樺林に囲まれたご主人手作りの貸切露天風呂がある。味噌の蔵元から譲り受けた「味噌樽」を加工して、湯船と脱衣所をこしらえた。染みついた味噌の臭いを取り去るために、水を入れては抜くという作業を3年かけて繰り返したという。

     緑に囲まれた味噌樽の風呂に浸かっていると、鳥のさえずりが聞こえてきた。静寂な空気と透き通った湯が、疲れた気持ちをまろやかに熟成させてくれそう。


    屈斜路湖畔で開業19年

     レストランでの夕食は、温和そうなご主人がずっとカウンターに立ち、料理を適時配膳してくれる。客はわれわれしかいないから、いつしかご主人と四方山話に。
     十勝から移り住み、夫婦二人三脚によるペンション経営は「ちょうど昨日(4月29日)でね、開業19年を迎えました」。宿名の由来、源泉の使用状況、周辺の自然環境・・・会話のリードは私たちで、ご主人がニコニコしながら語ってくれる。出しゃばらない控えめな感じが好ましい。

    家庭料理
     和洋折衷の家庭料理は、後出ししてくれるのに感心したが、料理自体は出来たてホヤホヤ、ではなく、既に作って置いたものを温かくして提供してくれるっぽい。

     ふと思う。ペンションって何だろう。国語辞典に「民宿風の小ホテル」と記されているが、ガストホフぱぴりおに泊まってみて、個人的には「洋風の民宿」の思いを強くした。御夫婦による付かず離れずの家庭的なもてなしを受け、静かに湯浴みする。民宿にこれ以上、何かを求めるのは野暮だろう。

     ハイシーズン料金(GW、夏休み)で11,750円だった。通常シーズンであれば平日も休前日も関係なく9,750円になる。1万円を切れば納得できるかも知れない。

     それにしても、宿泊前に予約金(1人3,000円)を振り込んだのは生まれて初めての経験だった。ドタキャンする客が絶えないのだろうか。
     あと、チェックアウト時に奥様が「お客さんの写真撮っても良いですか。記録用なので」と、われわれをパチリと撮影した。顧客管理用に使うのかしら。いやはや、いろんな個性の湯宿があるな。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・手作りパン(天然酵母&道産小麦「春よこい」)、ジャム、バター
    ・野菜コンソメスープ
    ・温野菜サラダ
    ・玉子とソーセージのオーブン焼き

    森のコーヒー
     森のコーヒーは、豆を挽いた上で落とし立て。

    窓外のバルコニーで鳥に餌付け
     夕食も朝食も1階レストランで。朝食は宿指定の8時00分から。

    夕食
     夕食は宿指定の18時30分から、食堂で。
     前菜の後、食事のペースに合わせ、1~2品づつ提供される。お品書き付。

    主なドリンクメニュー
    ・ビール(中瓶)400円
    ・ウイスキー(シングル)300円
    ・日本酒(純米酒500ミリリットル)500円
    ・焼酎(いいちこ 900ミリリットル)1,050円
    ・ワイン(十勝ワインハーフ各種)850円
    ・グラスワイン350円
    ・缶チュウハイ300円
    ・ジュース150円

    味噌だる

    温泉分析書 平成17年6月28日

    ・屈斜路温泉(源泉名 森の湯)
    ・湧出地 弟子屈町字美留和1番20
    ・泉温70.2度 毎分130リットル(動力揚湯)
    ・無色透明、無味、無臭
    ・pH6.6
    ・蒸発残留物1.188g/kg
    ・成分総計1.904g/kg
    ・ナトリウム-炭酸水素塩泉

     道立保健所シールによれば、湯に一切手を加えていない。

     平成3年の温泉分析書と比べると、湯量が毎分20リットル少なくなっている。

     夜通し入浴OK。日帰り入浴はやっていない。

    道道52号から入る
     屈斜路湖畔の雑木林の奥に、全7室のペンションがある。

    外観
    フロント
     フロントでチェックイン手続き。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。