札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    まっさらの湯

    外観
     時間が止まったままの佇まいに、どこか懐かしさと哀愁を感じる。いい意味でほったらかしてくれる湯守(ゆもり、ゆまもり)だから、煩雑な日常に疲れた旅人にとって、好都合かしら。

    湯口
     平日の金曜に泊まったが、夕方まで日帰り客がひっきりなし、翌朝8時から再び客でにぎわった。上下左右、きれいなタイル張りという風情もこれまた良し。掃除が行き届き、清潔なイメージがする。

     まっさらのアルカリ性単純温泉は、分かりやすい特徴はないものの、新鮮さが伝わってくる。真夜中に貸し切ると、贅沢な気分を味わえよう。



    楽しい自炊

    自炊
     素泊まり専門の湯宿ゆえに、食事は自前で用意する。山奥の1軒宿なので、ぶらり外食というわけにもいかない。電子レンジがあるから、レトルト食品で簡単に済ませるも良し、弁当を買ってくるのもOKなのだが、せっかく自炊できるのだから、ちょっぴり頑張って夕食を作るって、面白いな。

     ただし、調味料をすべて持ち込みしなければいけない点がメンドウ。砂糖、塩、酢、醤油、味噌、サラダ油・・・たかが1泊でそれってダルイ感じ。
     あまり調味料を使わないメニューにするとともに、前の客が置いていった調味料(醤油が多い)があったため、1人で1泊しつつ簡単な調理で済ませる程度ならば、それを当てにしても良いかもしれない。本格的に作りたいならば、自力でしっかり用意しよう。

     そうそう、炊事場は一つしかないので、あんまり本格的すぎて長時間キッチンを占領する行為も慎みたい。

    食材

     コープさっぽろ プラザ店(遠軽町)で買ってきた食材は次の通り。

    材料
    ・サチク赤豚しゃぶしゃぶ用ロース391円(知床産)
    ・ミニとまと138円(北海道産)
    ・水菜108円(北海道産)
    ・もめん豆腐88円(網走市久保食品)
    ・生めばちまぐろ刺身用397円(インド洋)
    ・コロッケ29円

    ・マーボー豆腐の素 マボちゃん中辛108円(理研)
    ・北海道おろし焼肉のたれ198円(ベル食品)

    ・寿司コーナーから、醤油とガリを無料でいただいた。

    湯船から湯があふれる
    温泉分析書 平成16年7月16日
    ・申請者 株式会社瀬戸瀬温泉
    ・源泉名 瀬戸瀬温泉
    ・湧出地 遠軽町字湯の里(国有林遠軽事業区10林班ネ小班)
    ・泉温 42.8度(浴場) 自噴
    ・知覚的試験 無色 澄明 無味 無臭
    ・pH9.3
    ・蒸発残留物0.130g/kg
    ・成分総計0.154g/kg
    ・泉質 アルカリ性単純温泉

    日帰り
     日帰り入浴8~20時00分、500円。

     20時00分から1時間ほど清掃タイムを経て、宿泊客は夜通し入浴OK。

    外観
     素泊まり・自炊専門の湯宿。全7室。

    玄関
    玄関前ロビー
     フロントで立ったままチェックイン手続き。客室の鍵を受け取り、自力で2階客室へ。

    客室前廊下


    | ホーム |