札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     シャコタンブルーとウニで有名な積丹半島において、泊まって温泉を味わえるところ(温泉宿)は限られる。泊村・盃温泉のいくつかの旅館を除けば、あとは温泉旅館北都くらい。営業期間は4~10月いっぱいと聞き、1泊2食9,800円で転がり込んだ。


    面白い風情

    ある意味、いいセンスな外観
    温泉シャワー室は、釣り人や海水浴客向けか蛇口をひねっても温泉水は出なかった
    虎犬
     国道229号沿いに佇む1軒宿で、外観に輝く温泉マークが目立ち、食事処にはトラの剥製っぽいフェイクが鎮座し、ごみ箱に混じってイヌの置物がある。一昔前の微妙なセンスは、便利な言葉を借りれば「B級」チックさを醸し出す。こういう風情、面白い。

     客室から日本海を望めるものの、電線がじゃまだったりするし、10月ゆえにカメムシが大量発生しちゃって、ガムテープで10匹&殺虫剤で26匹の命を奪ってしまった。

    夕食
    朝食
     海辺の旅館とあって、夕食朝食も魚介類を中心に構成されているが、良くも悪くも大雑把で飾らない料理だった。既製品も混じっており、シーズンオフだから仕方ないのかな。

     一方、ここのお湯は「アワアワ」が肌にまとわりつく気泡湯として誉れ高い。



    「シュワシュワ」 弾ける湯

    へり
     浴室の引き戸を開けると、ほんのり「タマゴ」の匂いが歓迎してくれた。洗い場で身体を清めた後、湯船に身を沈める。いい感じに適温。ああ、ゴクラクだなあ。眼を閉じると身体中の力が抜け、フニャフニャになっていく自分を感じた。

    男性風呂  しばし湯浴みを楽しんだ後、改めて湯を見つめる。無色透明ながら、鼻を近づけると「鉄」のような匂いが漂い、口に含むと「鉄サビ」と「炭酸」の味わいがする。擬音で味を表現すれば「ジュワッ」な感じ。

     そして、身体中の産毛に気泡がまとわりつく。あんなところ、こんなところ、炭酸の細かい「アワアワ」がびっしりこびりつく中、思い切って手で払ってしまう。「シュワシュワ」。弾けた泡が湯面で踊り、見ているとなんだか楽しい。

     適温だから、ついつい長湯してしまう。さっき払ったばかりの「アワアワ」は、1分足らずで再びびっしり。いやはや、面白い湯じゃないですか。
     温泉分析書を拝見すると、溶存ガス成分の遊離二酸化炭素が652.5mgある。敷地内で汲み上げているナトリウム-炭酸水素塩泉(成分総計3.150g/kg)は、浴槽内の湯にダイレクトに注がれているだけに、温泉分析書のデータに近い、いい状態の湯を味わえるのだろう。



    海宿の楽しみ

     夏の観光シーズンが過ぎ、フツーの泊まり客は2組のみ。そのほか釣り人と思われる数人の常連客が泊まっているらしく、食堂でスタッフと親しげに話していた。

    船
    宿前は海水浴場
     宿は釣り舟を所有しており、希望者は無料で乗せてくれるそうだ(事前要相談)。

     宿の目の前に日本海と砂浜が広がる。こうした海宿を思いっ切り楽しむコツって、やっぱり夏場にやって来て、海で水遊びしたり、夕食後に砂浜で花火したり、翌朝早くから釣り船で沖に出たり・・・こんな感じかしら。

     季節外れのシーズンオフの場合、泊まり客が少ないゆえに、アワアワの気泡湯を貸し切り状態でじっくり味わえる点が嬉しい。でも食事が・・・などとチラリ脳裏を掠めたが、かろうじて福沢諭吉1枚でおつりが出るから、ノーサイドにしよう。「お湯が良ければすべて良し」くらいの大きな心を持ちたい。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・ホッケ焼
    ・刺身漬
    ・カップ納豆
    ・生卵
    ・味付のり
    ・漬物
    ・ヘラガニ味噌汁
    ・白米

    朝食処
     朝食会場は1階食堂。指定した8時から。

    夕食全景
     指定した18時30分から、1階食堂とは別会場となる食事処で。後出しメニューあり。

    ・瓶ビール(中瓶)500円
    ・生ビール500円
    ・冷酒(国士無双300ml)700円
    ・熱燗(多聞1合)500円
    ・焼酎ボトル2,000円
    ・酎ハイ(レモン、ライム)500円
    ・ソフトドリンク各種200円

    風呂

    温泉分析書 平成11年3月9日
    ・源泉名 シララ温泉
    ・湧出地 積丹町大字西河町14番2
    ・泉温44.2度 毎分204リットル(動力揚湯) pH6.3
    ・知覚的試験
     →湧出地 無色澄明 無味 微弱硫化水素臭
     →試験室 淡黄色 澄明褐色の沈殿物有り 無味無臭
    ・蒸発残留物 1.624g/kg
    ・溶存物質  2.497g/kg
    ・成分総計  3.150g/kg
    ・ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧・重曹泉)
    ・低張性中性高温泉

     宿によれば、湯に手を加えていない。
     宿泊客は夜中も入浴OK。あさ8時から清掃タイム。

     日帰り入浴700円(13~20時)。
     冬期間は宿泊を休業するので、日帰り入浴をやっているかどうか事前要確認を。

    外観
     国道229号沿いの1軒宿。11室。

    玄関
     フロントでチェックイン手続き後、スタッフに誘導され、2階の客室へ。

    客室前廊下
    客室玄関


    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。