札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    湯治宿「貸間」に2泊

     別府・鉄輪温泉では、湯治宿を「貸間」と呼ぶ。読んで字の如し「居間を貸す」という意味なのだろう。辞書的に言えば「料金を取って長期間人に貸す部屋」となる。

     全国を見渡せば「客舎」(大鰐温泉、温湯温泉)という表現を聞く。ご当地の温泉文化がいい感じ。 

     陽光荘はいろんな雑誌やテレビで幾度となく紹介され、最近は「旅」(新潮社)の2012年3月号(最終号)で拝見。別府・鉄輪温泉=湯治宿(貸間)=陽光荘というほど、メジャーな宿に2泊した。

    アパートっぽい
    渋い和室
     玄関で脱いだ靴を手に持ち、客室前の廊下にある共同下駄箱にしまう。廊下の引き戸を開けると、すぐ客室だ。まさに自宅を開放している下宿屋のよう。たまたま角部屋だったのと、引き戸に簡易な鍵があるので、それなりにプライベートを保てた。



    地獄釜で自炊三昧

     食事は一切提供しない。自炊するor外食するor弁当を持ち込むor食べない、などを自由に選択する。

     2泊するに当たり、朝食は抜き(日常生活で朝食は食べないから。温泉宿に泊まった時だけ頂く)、夕食については1泊は自炊、もう1泊は地元の居酒屋で楽しもうと考えていた。宿周辺の鉄輪温泉街は、飲食店が点在しているし、別府駅前の飲み屋街に足を運んでもイイし。

     結局のところ、2泊とも自炊した。だって楽しいのだから。

    炊事場
    とうもろこし
     別府・鉄輪温泉の特色である「地獄釜」は、源泉から噴き出すアツアツの「噴気」を活用した蒸し器のようなもの。魚や野菜を突っ込んで、時間が経てば、蒸したてホカホカの夕食が出来上がり。油を使わないヘルシー料理を簡単に味わえる。
     
     もちろん、ガスコンロもあるので、炒め物も調理OK。連泊している他の方は、バターでほうれん草と肉を炒めていて、とっても美味しそうな匂いだった。魚を焼いている方もいたな。

    湯
     客室のポットの湯が無くなったら、地獄釜でいつでもアツアツの湯を自分で補給できる。楽しいね。

    スポンサーサイト
    食材

    地獄蒸セット1,000円
    1,000円
     陽光荘近くの「鉄輪 海鮮工房」で地獄蒸しセット1,000円を買った。

    ふぐ
     かなとふぐ刺身(長崎産)598円。

    食材
     昨日買い物したスーパー「マルショク やまなみ店」で1,424円分の食材、アルコール、日用品を購入。客室にティッシュがないのでゲットする。



    自炊メシ

    夕食
    自炊でダラダラ食す
     なんだか落ち着く。

    別館の風呂出入り口

    温泉分析書 昭和52年12月26日
    ・源泉名 中野屋
    ・泉質 含芒硝―弱食塩泉
    ・泉温(使用位置・別館)72度
    ・溶存物質4.098g/kg
    ・成分総計4.155g/kg

     湯に一切手を加えていない。

     陽光荘の宿泊客だけ入浴できる。日帰り入浴不可。

    別館
     泊まっている陽光荘から徒歩2~3分の距離に「別館」があった。

    別館玄関
    庭
    建物と建物の間に細い小道を発見
     庭に入ると、別館の後ろ側に細すぎる小道があり、その奥に「ゆ」と描かれた暖簾がチラリ見えた。

    暖簾


    自炊食材を買いに

     鉄輪温泉・陽光荘を17時45分くらいに出て、徒歩5分くらい、九州横断道路(やまなみハイウェイ)に面したスーパーマーケット「マルショク やまなみ店」に着く。

     自炊するに当たり、札幌から手ぶらでやって来た。アレコレ調味料(サラダ油やバター含む)を買い揃えるのはメンドウなので、食材をフライパンや鍋で調理せず、宿自慢の地獄釜(温泉噴気で食材を蒸す)を活用したメニューばかりにしようと決めている。

    マルショク やまなみ店
     なので、調味料は食卓塩70円、あらびきコショウ125円、かぼすポン酢(地元産)380円とする。余したら札幌まで持ち帰ろう。

     さて、蒸す食材は何にしようかな。店内を見学すると、じゃがいも、たまねぎなどは、1個売りじゃなくて複数個を袋売りしてた。別府市民のファミリー層をターゲットにした商品構成なのだな、きっと。袋入りの大量の根菜類を買っても、2泊中に食べ切れないのでスルーし、魚介類をチェックする。

     魚屋さんが2店入居しているうち「志手水産」というところで、どれにしようか迷っていると、おねいさんが声をかけてきたので、相談する。「きょう陽光荘に泊まっていて、自炊する食材を探しているんです」。すると、おねいさんは「そうなんですか~」と、地元産(大分県産)をていねいに説明しつつ勧めてきた。結果、「しらこ」498円、「貝2個」(360円)、「エビ4匹」180円をゲット。「いやー、感じ良いおねいさんだったね」と旅情が高まるのだった。

     その他、「カットスイカ」198円を半額でゲットしつつ、お菓子、缶サワー、ワイン(フルボトル)などを選び、お買い上げ金額は3,430円だった。

     ズシリと重いレジ袋(5円)を持って歩きつつ、どちらともなしに「でも、やっぱり野菜も欲しいところだよね」。2人で考えは一致する。「それじゃあ、陽光荘の裏手にある『ことぶきや』という商店にも、自炊用の食材があるらしいから、寄ってみようよ」。

    ことぶきや
     田舎にあるような小さな商店ながら、そこは自炊宿が多い立地ゆえに、自炊客を意識した品ぞろえ。「野菜セット」(580円)を購入した。中身は「とうもろこし」「さつまいも」「たまねぎ」「しめじ」「生卵2個」。

    初日の食材
     宿に帰って来た18時35分過ぎ、買ってきたもの総計4,010円を客室の畳の上に並べてみた。さあ、料理しよう。

    のれん
    案内 1階玄関奥、階段周辺の共同脱衣所の辺りに、男女別の内風呂がある。小まめに男女入れ替えになり、23時00分以降は清掃のため入浴不可。

    温泉分析書 平成21年12月4日
    ・源泉名 陽光荘
    ・温泉分析申請者 (有)陽光荘
    ・湧出地 大分県別府市大字鉄輪字風呂本184-1
    ・泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
         →旧 含芒硝―食塩泉(アルカリ性 低張水 高温泉)
    ・pH8.7
    ・成分総計 1.389g/kg
    ・知覚的試験 無色澄明・弱食味・殆ど無臭

    温泉分析書 昭和52年12月26日
    ・源泉名 中野屋
    ・泉質 含芒硝―弱食塩泉
    ・泉温(使用位置・本館)48度
    ・溶存物質4.098g/kg
    ・成分総計4.155g/kg

    湯使い
    ・源泉温度が高いため加水しています

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。