札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     人口34,000人の熊本県人吉市は、城下町の名残を感じる風情や、日本3大急流とされる球磨(くま)川での川下りに加え、くま川鉄道(私鉄)もあったりして、じっくり滞在して深く味わいたくなる土地と思う。

     何よりもJR人吉駅前には、商店や住宅に混じって温泉宿と温泉公衆浴場が18施設あり、市内全域で計31施設というから、ホントに温泉天国なのだ。湯上がりに地元産の焼酎をぐびり飲めば、極楽浄土はここにあり。

    風情
     市街地の温泉宿を物色したところ、歴史ある街だけに国登録有形文化財の宿が2ヵ所(旅館 芳野&人吉旅館)もある。ゴールデンウィーク期間の宿泊料金は双方ともあまり差はない(2食15,000円前後)。そんな中、旅館 芳野には「訳あり割安プラン」があり、客室にトイレと洗面台が無いという理由で2食12,000円だったので3月中旬にチョイスした。




    これがニッポン 和の情緒

    落ち着く
     「訳あり割安プラン」というから、どんなにヒドイ客室なのかと思えば、通された「5番客室」は往時を感じる豪華な造り。窓だけサッシになっていたが、あとは宮大工が建てた昭和6年(1931年)のままだ。中庭に生い茂る新緑を眺めつつ、「これがニッポンの和の情緒というものだなあ」としみじみ。司馬遼太郎(歴史作家)、野口雨情(童話作詞家)、久留島武彦(童話作家)といった文人がこの客室で長逗留した歴史に思いを馳せれば、なんだかワクワクしてくる。

    オトコ風呂
     内風呂と露天風呂ともにこじんまり。改装しているので、ハード面に歴史は感じないものの清潔感がある。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉の湯は、うっすら茶褐色で若干つるつるし、湯口からほんのり玉子の臭いがする。手を加えていない湯(夏のみ地下水を加える)が浴槽からあふれるという、ベストな湯づかいにとっても満足だ。個人的には家族風呂が狭くて落ち着く。湯もぬるめで長湯できるし。胎内回帰で安堵感に包まれたのかも知れない。

    夕食風景
     和の情緒とイイ湯を味わって、いよいよ宴の時。地産地消の食材を用いた手作り会席は、品があってどれをとっても美味い。生ビールを1杯頼み、あとは持参した缶サワーやワインで楽しむ。客室に冷蔵庫がないので、チェックイン時に預かってもらった。
     そうそう、ベテランの女性給仕が後出しのお吸いものを持ってきた際、誤ってひっくり返してしまったのだが、申し訳ないと思ったのか、「あす、ひょっとしたら女将が(登録有形文化財の)館内を案内してくれるかも知れません」とリップサービスした。

     翌朝、朝食を食べて、そろそろ帰ろうかと身支度していた9時30分頃、客室の電話が鳴った。「ぜひ、女将が館内をご案内したいと」。ロビーへ行くと、品の良い洋装の女将がニコニコ笑顔で迎えてくれた。
     「さあ、こちらへ」。客室や風呂がある本館とは別に、大正前期に建てられた従業員棟に招かれる。登録有形文化財の「本丸」のようだ。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・しゃけ焼、昆布巻き
    ・玉子焼、ゆべし
    ・野菜サラダ
    ・フキ味噌
    ・焼き海苔
    ・漬物
    ・こんにゃく酢味噌
    ・湯豆腐(固形燃料)
    ・ヨーグルト
    ・白米
    ・味噌汁

    朝食会場
     7時30分から夕食と同じ1階食事処で。

    コーヒー
     おとしたコーヒー350円。ロビーで飲む。

    乾杯
     指定した19時00分から、1階食事処(テーブル席)で。われわれの他にもう1組いた。
     生ビール500円+消費税で乾杯。

    飲み物
    焼酎
    食事処


    湯口(コップあり)
    温泉分析書 (平成21年5月1日)
    ・湧出地 熊本県人吉市上青井町180-1
    ・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (低張性 弱アルカリ性 高温泉)
    ・泉温54.6度
    ・成分総計1,692mg/kg
    ・溶存物質2,302mg/kg
    ・総成分量2,356mg/kg

     100%源泉かけながし温泉(加熱、循環なし)をアピール。夏のみ地下水を加える。
     うっすら茶褐色の湯は、つるつるする浴感。
     湯口からほんのり玉子の臭いがする。

     入浴時間16~0時、6~10時と脱衣所に掲示。
     
     人吉市観光パンフ「ひとよし・くま旬夏秋冬キャンペーン」(2015年4月データ)によると、日帰り入浴時間13時30分~20時00分、500円と明記。土曜や連休など混んでいる時はお断りするそう。

    芳野旅館
     人吉駅から徒歩5分。1909年(明治42年)創業で、国登録有形文化財の温泉宿だ。
     フロントでチェックイン手続きの上、2階客室へ通される。

    フロント
    ロビー
     喫煙所を兼ねるロビーに新聞や雑誌が置いてある。「熊本日日新聞」の4コマ漫画は「くまモン」で素直に驚く。タブロイドの「人吉新聞」は初めて知った。旅先で地方紙を読むと旅情が増す。

    熊本日日新聞4コマ漫画
    焼酎人吉新聞
     焼酎もたくさんあった。もちろん有料。

    廊下
    階段
     階段の踊り場に着物を飾っている。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。