札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     本物(ホンモノ)という言葉の意味を辞書で引くと、こう記してある。

    ・偽物(ニセモノ)や作りものでない、本当のもの。また、本当のこと。
    ・見せかけでなく実質を備えていること。本格的であること。


     ならば思う。スパ・イン メープルロッジはホンモノだ、と。「カナダ産ログハウス」「シェフ自慢の洋食コース料理」「源泉風呂」に、それを見た。



    ホンモノのログハウス

     カナダ産の丸太をふんだんに組んだログハウス。高さ10メートルの天井を見上げると、開放感に酔いしれた。
     雪深い季節は暖炉に火が灯る。ログハウスに暖炉というシチュエーションに、身もココロも暖まりそう。やっぱり木のぬくもりってイイ。和洋問わず。

    暖炉
    客室
     ことしの北海道は暑かった。客室に冷房がついていたので、かなり快適に過ごせた。北海道の宿も冷房がデフォルトになりつつある昨今だ。

     バイキングだった。

    朝食
    朝食デザート&コーヒー
    朝のレストラン
     朝食タイム7時30分~9時00分まで(宿泊者のみ)。

    レストランBIG LOG
     1階レストラン「BIG LOG」で。指定した18時から。
     日帰り客にも開放している(11時30分~20時30分オーダーストップ、21時00分閉店)。

    夕食スタート
     窓際のテーブル席(禁煙)に通され、「シェフコース」(4,200円相当)を食す。1品づつ提供された。お品書き付。

    ・生ビール(中)550円
    ・グラスワイン 600円(銘柄によって価格が異なる)

    温泉分析書 平成19年6月5日

    ・申請者 岩見沢市長
    ・湧出地 北海道岩見沢市毛陽町187-1
    ・泉温13.3度
    ・湧出量 不明(動力揚湯)
    ・知覚試験(湧出地) 微淡黄色 澄明 無味 微硫化水素臭
    ・知覚試験(試験室) 微淡黄色 澄明 無味 無臭
    ・pH8.2
    ・蒸発残留物1.456g/kg
    ・溶存物質2.028g/kg
    ・成分総計2.040g/kg
    ・泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧・重曹泉) 低張性アルカリ性冷鉱泉

    男女脱衣所前の休憩処
     日帰り入浴は11~19時00分まで受付。20時00分で終了。800円。
     宿泊客の入浴時間は夜中0時まで。朝は6~9時30分まで(内風呂のみ、露天とサウナはNG)。

     湯使いは次の通り(宿側の記載による)。

    【内風呂】「加温」「循環」「塩素&ホタテ貝殻による殺菌」
    【露天風呂】「ホタテ貝殻による殺菌」

     循環と新湯注入を併用し、オーバーフロー(湯船から湯をあふれさせている)。
     投入している塩素は、水道水レベル。

    メープルロッジ
     岩見沢市の山奥に、ログハウス造りのホテルがある。16室。

    暖炉
    ロビー
     天井の高いロビー&暖炉。

    土産コーナー
    宿泊棟廊下


    | ホーム |