札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     観光色が一切ない白老町竹浦地区。「こんな場所に、なぜ宿が」と問えば、「そこに温泉があるから」に他ならない。


    時が止まった温泉宿

    ホテル
    玄関
     「ホテル」を名乗るものの、洋風の雰囲気は一切ない。創業42年の温泉宿は、失礼を承知で言えば、高度経済成長時代の安普請がそのまま経年劣化しており、歴史が醸し出す風格もへったくれもない。壊れたままの自販機や、日に焼けた土産物が無造作に放置された館内は、時間が止まったまま。ハイライト230円(現在420円)に時代の流れを感じる。

    なつかしい自販機
    ガラスケース
    土産みやげもの


    スポンサーサイト
    朝食
    ・つぼだい焼、昆布巻き
    ・ほうれん草おひたし
    ・温泉玉子
    ・納豆(器に盛られている)
    ・長芋
    ・漬物(たくわん、梅干)
    ・味付のり
    ・ヤクルト
    ・白米(おひつ)
    ・なめこ味噌汁(熱々)


    食堂
    食堂室
     1階食堂室で8時00分から。

    夕食
     18時00分から客室で。一気出し。

    お膳
    あったかい
     発泡スチロールの箱の中に、おひつ、味噌汁、茶碗蒸し。

    湯口
    モール泉
    温泉分析書 昭和44年12月24日
    ・湧出地 白老町字竹浦297
    ・49.3度
    ・毎分350リットル(ボーリング630メートルによる自噴)
    ・無色透明異臭味なし
    ・pH8.4
    ・蒸発残留物0.663g/kg
    ・成分総計0.715g/kg
    ・単純泉

     浴槽によって「源泉そのまま」「加水」「循環ろ過」「循環ろ過&塩素殺菌」と、湯づかいが異なる。
     露天風呂の浴槽1つに、琥珀色のモール泉(未分析)が注ぐ。
     冷たいので熱い温泉を足している。
     宿泊客の入浴時間は7時00分~23時00分まで。

     日帰り時間8時00分~22時00分で終了。
     350円。

    温泉分析書


    外観
     白老町の竹浦地区にある全17室の温泉宿。
     1974年(昭和49年)オープンだから、創業40年超だ。

    玄関内
    ロビー
    館内
    階段


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。