札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     温泉宿に泊まって楽しむという視点で見れば、旭川以北は豊富温泉と朝倉温泉を除いてあまり興味が湧かない。いわゆる公共の宿が目立ち、建物や湯殿に風情を感じないからだ。
     とは言え、日本海側に湯が面白い宿が散見される。食わず嫌いは世界が広がらないので、札幌からオロロンラインで220キロ先、遠別町の旭温泉へ突っ走った。

     旭温泉を選んだポイントは「客室9室とこじんまり」「オレンジとブラックの湯」。そして、2食付6,460円という点。しかし、こんなに安いと、安かろう悪かろうの疑念が生じてしまう。

     はてさて、真相はいかに。




    外観イイ風情 中身は公共チック

     「昔の学校みたい」。山奥のずんどまりに佇む宿の外観をみて、そう思う。赤いトタン屋根と木板の外壁がイイ風情を醸し出す。玄関をくぐると、昭和の匂いを感じる公共チックな造りに、外観とのギャップを感じた。

    学校っぽい
     2階の客室もその流れを汲んでいるものの、決して小汚いわけではない。ただし、客室に置いた芳香剤の香りがキツくて、すぐに廊下へ出した。また、窓にクーラーを嵌めているので、窓はちょっとしか開けられない上、二重窓が曇りガラスなので結果として外の景色をあまり拝めず、開放感がない。

    窓
     まあ、2食6,460円だから「ご愛敬」と受け止めていたら、すぐ慣れちゃった。



    オレンジ&ブラック 色彩を愛でる

     新築された温泉棟は、垢ぬけた雰囲気で小ぎれい。一方、湯使いは、加水加温循環塩素殺菌のオンパレードである。湯に対し「おまえはもう死んでいる」(@ケンシロウ・北斗の拳)と思わず呟きたくなるが、ちょっと待ってほしい。

    湯口
     オレンジ色の湯は食塩泉で、舐めるとショッパイ。ダーク過ぎるブラックな湯は、誰も入浴していないと湯面にアワアワが現れ、静かに身を沈め、手で肌を撫ぜるとツルンツルンする。これぞ重曹泉だ。

    アワアワ
     湯はフレッシュとは言えないけれど、健気に生き延びているではないか。そして思う。源泉そのものは、これ以上にとてつもなく力強いはずだ、と。オレンジ色の湯は敷地内から湧いており、ブラックな湯は遠別町内からの運び湯と聞く。鮮やかな2種類の色彩を愛でながら、見果てぬ源泉を夢想すると味わいが増す。縁あって入浴するのだから、楽しみ上手になりたいものだ。

    スポンサーサイト
    朝食だ
    休憩室
     朝食時間は7~9時。日帰り入浴客の休憩室で食べる。

    バイキング
    飯盒味噌汁
     夕食をとった食堂に、食事がいろいろ置いてある。いわゆるバイキング。

    夕食全景
    食堂前
     指定した18時から、1階食堂で。食事、デザートは後出し。

    2種類の湯
    【オレンジ色の湯(旭の湯)】
    ・ナトリウム-塩化物泉
    ・43.9度(浴槽内) 源泉温度はもっと低いらしい
    ・ph7.3(浴槽内)
    ・弱黄色 澄明 ほとんど無味 無臭(浴槽内)
    ・微淡黄色 澄明微量の沈殿物有り 無味 無臭(試験室内)
    ・蒸発残留物4.070g/kg
    ・溶存物質4.081g/kg
    ・成分総計4.085g/kg

    ・温泉分析書 平成17年4月14日
    ・申請者 遠別町長 川島 茂之
    ・源泉所在地 遠別町字旭294-1(掘削井、天然ガス付随)

    【ブラックの湯(富士見の湯)】※運び湯
    ・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
    ・17.2度(毎分92リットル)
    ・ph8.0
    ・黄褐色澄明 微弱塩味 無臭
    ・蒸発残留物2.624g/kg
    ・溶存物質3.560g/kg
    ・成分総計3.581g/kg

    ・温泉分析書 平成18年4月21日
    ・申請者 株式会社東洋実業(札幌市中央区)
    ・源泉名 遠別温泉「もち肌の湯」(掘削井、天然ガス付随)
    ・湧出地 遠別町字富士見46番1

    お湯使い
     いろいろ湯を加工している。

     日帰り入浴8~22時00分で終了。500円。
     宿泊客の入浴時間は22時00分まで。翌朝は6時30分から。
     浴場は「洋風」と「和風」の2つ。朝に男女入れ替えしたので、両方入浴出来た。

    風呂の前
     家族風呂の使用料1,000円(1時間)。オレンジ色の湯が注ぐ。湯使いは同上。

    宿の外観
     留萌管内遠別町の山の中にある1軒宿。客室9室。

    フロント周り
    2階客室前廊下
     フロントで立ったままチェックイン手続き。鍵をもらって自力で2階客室へ。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。