札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     札幌から福岡へ飛行機でビューン。わずか3時間足らずで着いちゃう。1,400キロの距離をあっという間にワープした感じだ。でも、福岡空港への到着時間は16時30分。そんな夕方から、九州の著名温泉地へ移動すれば、着く頃には温泉街が寝静まっているかも知れない。

     福岡の街を味わったことがないから、市内のビジネスホテルに泊まって、名物の屋台を堪能するのも面白い。しかし、1人で街へ繰り出すのは、ちと寂しい。今回の九州5泊6日旅は、とにかく温泉宿を泊まり倒そうと思い、福岡空港から短時間でアクセスの良い温泉宿はないかしら。ドーミーインとかじゃなくて。
     で、じゃらんnetを通じ、さくっと予約。福岡県筑紫野市の二日市温泉・大観荘は「お得なシングル1泊朝食付宿泊プラン」で、6,975円だった。夕食はつかないものの、これから始まる旅に当たって、心身ともに準備するため「前の日入り」する感覚で投宿した。



    地元に愛され

    ホテル
     鉄筋造りな宿は69室の中規模宿。北海道から遠路はるばる足を運んだ者にとって、取り立てて「胸キュン」する風情ではない。だから「ダメ」って感想は、よっぽどの慌てん坊だ。

     夏休み中の当日、玄関に「サマーバイキング2012会場」の立て看板が鎮座し、近隣在住とおぼしめきファミリーで賑わった。普段も日帰り宴会プランが充実しており、地元に愛される経営姿勢が伺える。お盆、正月、法事、同窓会、忘年会、新年会などなど、集まった親族や仲間が「大観荘で宴会しようか」というニーズが多いのかと。市街地に佇む温泉宿は、シーズンによって変動が大き過ぎる観光客を受け入れつつ、定期的に利用してくれる地元客は、太い顧客なのだな、と夢想した。

    日本庭園
    いい
     館内のパブリックスペースから日本庭園を眺め、ニッポンの温泉宿らしい和室に通されると、値段の割にイイ仕事してますね、な気分になる。経年劣化がプラスに働いている、と勝手に思う。

    朝食
    ・白米(おひつで)
    ・味噌汁
    ・しゃけ焼、明太子、佃煮
    ・玉子焼、がり
    ・きんぴらごぼう
    ・野菜サラダ
    ・豆乳鍋(具は豆腐)
    ・味付のり
    ・筑前煮(バイキング)

    おひつ&急須
    こだわりバイキング
     自由に選べるメニューが3品あった。

    ・筑前煮
    ・いけだ屋の梅ひじき
    ・原田(はるだ)のこだわり卵

    1人は寂しい?
     朝食はレストランで。7時00分~9時00分の間に自由に訪れる。

    かけ流し
     宿ホームページでは加温、加水なしのかけ流しを謳う。
     脱衣所に湯使いの掲示は見当たらなかった。

    温泉分析書
    温泉分析書 平成16年12月16日
    ・温泉名及び源泉名 二日市温泉(大観荘)
    ・湧出地 福岡県筑紫野市大字塔原139-2、137-18
    ・45.1度
    ・無色澄明、微硫黄臭、無味(湧出地にて)
    ・pH8.7
    ・蒸発残留物0.71g/kg
    ・溶存物質0.79g/kg
    ・成分総計0.79g/kg
    ・アルカリ性単純泉

     日帰り入浴は、宴会プラン客に限りOK。大浴場に入浴できる。
     大浴場無料、家族風呂45分2,200円、岩盤浴45分1,500円(宿泊客も払う)

     夜中は入浴できない。
    ・展望大浴場(新館3階)6時00分~0時00分
    ・地下大浴場(本館地下1階)8時30分~0時00分

    大観荘
    玄関
     福岡県筑紫野市「二日市温泉」の宿。69室。

    ロビー
    喫茶コーナー


    | ホーム |