札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     2005年(平成17年)4月に1人で泊まって以来、2回目の投宿。2人泊で1人10,560円。和室11、洋室5の全16室だそう。
     館内はきれいだし、私が選んだ宿泊プランは夕食部屋食だし、大浴場が日帰りで混むけれど、それはそれで想定内&家族風呂は24時間入浴OK、とあって、前回も今回も、気軽に足を運べる札幌市内の温泉宿としては、まあまあな宿なのでは・・・偽らざる気持ちです。
     だからこそ、再びチョイスした次第。

    レストラン「桂の木」からの景色
     レストラン「桂の木」の窓から、黄金湯温泉旅館&小金湯桂不動が見えます。両方とも、まだまだ現役で頑張っているようでした(笑顔)

     朝食は1階玄関前のレストラン「桂の木」で、7~9時。7時に行くと、たくさんの客の朝食が既にセットされており、当方が行くと、スタッフがおひつと熱々の味噌汁を持ってきてくれました。

    朝食無料でコーヒー(1杯のみ。2杯目から有料)
    ・白米
    ・岩のり味噌汁
    ・焼鮭、昆布巻、味付のり
    ・ひじき
    ・きんぴら
    ・ふき煮
    ・冷奴
    ・漬物
    ・にんじんジュース
    ・食後に無料ホットコーヒー

    レストラン「桂の木」
     レストラン「桂の木」。夕食部屋食以外は、こちらで食します。

    ◆男女浴室まで行く道のり

    階段を降り、地下1階の風呂ゾーンへ到着しゃれたテーブル
    喫煙コーナー日帰り休憩室
    男女風呂へ向かう廊下男女脱衣所前
     地下1階にお風呂ゾーンがあります。日帰りの際は、基本的にここで楽しみます。休憩室での食事、以前食したことありですが、結構まあまあな感じでした。


    ◆男性の脱衣所&内風呂

    脱衣所1脱衣所2
    出入り口から望む男性内風呂出入り口の近くにある副浴槽
    男性主浴槽男性主浴槽の湯口
     男性内風呂は洗い場13、リンスインシャンプー、ボディーシャンプーあり。浴槽は主浴槽、副浴槽のほか、かけ湯コーナーも。
     温泉分析書は、家族風呂と同じ。内風呂の湯使いは、循環ろ過、塩素殺菌、加温あり。個人的に塩素の臭いは感じませんでした。


    ◆男性の露天風呂&水風呂&サウナ小屋

    男性露天&水風呂男性露天の湯口
    男性露天にサウナ小屋サウナ内
     露天の湯口の湯を口に含むと、ああ、それとなく硫黄だな、と思う味わい。こちらの湯使いは、家族風呂と同じ加温のみで放流式。

     日帰り9~22時、500円。

     宿泊客の入浴時間は、大浴場6~23時、露天風呂7~22時、繰り返しますが、家族風呂は24時間。

    こんな感じで部屋食夕食全景
     電話予約の際、応対してくれたスタッフから薦められた「四季会席」は、夕食部屋食で、当方指定の18時から。お品書き付。

    食前酒前菜
    ・食前酒→梅酒
    ・前菜→小いも梅煮、合鴨スモーク、チーズ林檎

    造り焼物
    ・造り→鮪、鱸の昆布〆、活つぶ、ぼたん海老
    ・焼物→帆立みぞれ焼、かれいの黄金焼

    煮物中皿
    ・煮物→若竹饅頭、桜ちぎり麩
    ・中皿→づわい蟹皿

    揚物蒸物
    ・揚物→たらの芽湯葉揚げ、ししとう
    ・蒸物→茶碗蒸し

    鍋しのぎ
    ・鍋→豆乳鍋
    ・しのぎ→花ちらし

    水菓子
    ・水菓子→苺


    ◆後出しメニュー

    吸物
    ・吸物→魚素麺、じゅんさい、桜の花


    ◆別注メニュー

    別注の抹茶アイス300円
    ・抹茶アイス300円

    夕食終了後、フロントに電話して片付けてもらい、引き続き布団を敷いてもらった
     夕食後に布団敷いてもらいました。

     2階客室前に家族風呂が2ヵ所あり、広さや造りはほぼ同じ。日帰り(9~22時)は1人1,200円(90分)に対し、宿泊客は無料です。

    「家族風呂は24時間OK」と掲示2階家族風呂2ヵ所の出入り口
     ただ、宿泊客が入浴する際、日帰り時間帯は客室からフロントに電話し「家族風呂入りたいけど宜しいか」と確認した上で、OKをもらえば入れます。
     宿側は宿泊客の家族風呂使用状況を把握しなければ、家族風呂希望の日帰り客を受け入れられないでしょうから。
     日帰り終了後の22時以降は、自由に入浴できます。

    1~2人用の大きさ(だから、家族風呂笑)家族風呂からみた脱衣所
     小ぶりながら貸し切れるだけに、夜中&早朝は誰に遠慮する必要もなく良い感じ。

    脱衣所のインターホン
     そうそう、日帰り時間帯は、入浴終了後、脱衣所に設置されたインターホンで、フロントに「入浴終わりました」と報告する義務あり。