札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     予約時に送迎を頼んでいた。登別温泉街でピックアップしてもらい、14時過ぎに到着する。翌朝10時までのおよそ20時間、カルルス温泉の山静館でまったりしよう。夕食が部屋食で1人11,150円なり。


    清潔と笑顔

    こぎれい
    スリッパずらり
     新築から10年ほど経った宿の玄関に入ると、スリッパがずらり並ぶ。「いらっしゃいませ」。ニコニコした若女将が出迎えてくれる。館内は全体的にシンプルな造りだ。清潔と笑顔。正統派なもてなしの宿って、ありそうでないから癒される。


    アツアツ透明湯

    ろてん
     カルルス温泉の湯は単純泉だから、無色澄明無味無臭で、物足りないイメージがある。でも、いざ浸かってみると、澄み切ったアツアツの湯は清潔感があり、湯船からあふれる姿に贅沢な気分になる。

    客室洗面台馬油
     客室の洗面台に「液体せっけん」「美肌ゲル」「かかとクリーム」「フェイスソープ」が並び、浴室に置いてあるシャンプー、リンス、ボディーソープは「馬油」だった。女性が喜びそうなラインアップと思う。


    名物「地鶏たたき鍋」

    夕食膳
    つくね
     夕食は正統派の旅館料理だった。地鶏のたたき鍋は、厚真産の鶏肉をつくねにしてあり、鍋に投入して食べる。素朴な味わいがする。部屋食をチョイスしたから、持ち込んだスパークリングワイン(セイコーマートで安いのをゲット)を飲みながら、ゆっくり味わえた。朝食は広間で食す。


    女性的な宿

     泊まった感想を一言で言えば、「女性的な宿」となる。艶っぽいという意味ではない。若女将と女将のプロデュースによる全体的に清潔で、さりげない気配り。だから安心して泊まれる。物静かなカルルス温泉にふさわしい宿だった。

    のれん


    スポンサーサイト
    朝食
    ・白米(おひつ)
    ・味噌汁
    ・焼しゃけ、タマゴ焼き、佃煮
    ・冷やっこ
    ・温泉卵
    ・野菜サラダ
    ・焼ナス
    ・フキ煮
    ・松前漬
    ・味付のり
    ・カップ納豆
    ・たらこ
    ・漬物

    朝食会場
     1階朝食会場へ8時00分に訪れる。ほうじ茶、冷水あり。

    インスタントコーヒー
     朝食時、1階ロビーでインスタントコーヒーのサービスあり。


    夕食全景
     指定した18時から客室で。一気出し。

    脱衣所前
    温泉分析書 平成16年9月24日
    ・申請者 有限会社 山静館
    ・利用施設名 カルルス温泉 山静館
    ・泉温53.5度
    ・無色 澄明 無味 無臭
    ・pH7.0
    ・蒸発残留物0.766g/kg
    ・溶存物質0.846g/kg
    ・成分総計0.855g/kg
    ・単純温泉(低張性中性高温泉)

     内風呂の2つの湯舟のうち、片方は加水。
     飲泉できる。

     日帰り入浴受付は12~19時00分。20時00分までに退館。600円。
     宿泊客は夜通し入浴OK。清掃時間9~11時。

    外観
     カルルス温泉で1975年(昭和50年)にオープン。18室。

    玄関
    ロビー
     チェックイン手続き後、スタッフに誘導されて2階客室へ。

    客室出入り口


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。