札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    林道7.5キロ先に

    林道入口
    林道
     最寄駅の手ノ子駅(山形県飯豊町)から29キロ走った標高800メートルのどんづまりに、一軒宿の「湯の華」がある。5~11月の期間限定で営業しており、渓流に沿うラスト7.5キロの林道が険しい。ゴールデンウィーク時はデコボコ&水たまりも多々。木の枝にレンタカーをこすってしまい、修理費を払うおまけもつく。とほほ。

    ロッジ風
    看板
     この地は明治から大正にかけて湯治宿が繁盛したものの、いつの間にか廃業。昭和の後半にボーリングして掘り当てた間欠泉が放置され、広河原温泉という野湯が好事家に評判だったと聞く。それを地元有志が所有者(飯豊町)から借り、新しい宿を建てて2005年から営業スタート。日本秘湯を守る会加盟宿で、同会ホームページから予約できるイマドキの温泉宿なのだ。宿泊料は1万2,030円。

    温泉分析書
     「ごめんください」。玄関を開けると、朴訥な地元スタッフが歓待してくれた。築10年弱の建物は「鄙び」「風情」「趣き」「歴史」をさほど感じず、「こぎれい」が身上だ。

    こぎれい




    間欠泉の混浴露天

    どばどば
     男女別に内風呂があり、湯舟はそれぞれ1つ。2~3人用の小ぶりな風情だ。自慢の「間欠泉」は、内風呂ドアを開けた先、混浴の露天風呂である。いやはやぬるい。内湯は加温しているので、まあまあ温まる。土臭くて苦い薬湯と言えそう。10~40分間隔で間欠泉が湧くので、泊まり客はかなりの割合で遭遇する。

     拝見した限り、噴出する高さは1~2メートルか。スタッフ曰く「気温が低い朝の方が、高く噴出する」という。気温が低い、というのであれば、夕食後の夜、噴出の勢いが凄かった。湯舟に浸かりながら、ブシューと噴き出す湯を愛でるって、ここでしか味わえない魅力。山形県飯豊町の山奥までやって来る価値は大いにあるだろう。

    いわな
     畳の広間で食す夕食は「THE 山の宿」なイメージ。だって、山菜だらけだし、ヤマメは「刺身」と「焼き」のダブルだし。とっても満足だった。朝食もイイ感じ。

     ロビーにさまざまな芸能人のサイン色紙が張ってあり、テレビロケで訪れたよう。山奥過ぎて自家発電なのだが、突然「ぷつん」と灯が消える。1泊の間、少なくとも2回遭遇。同時に客室と廊下の非常灯がつく。この間、トイレの水や蛇口の水が出なかったりする。客室のテレビはBSのみ、冷蔵庫は共同。この不便さが「秘湯」という名のブランドにふさわしいと思う。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・シャケ焼き、梅干し
    ・目玉焼き、キャベツ千切り、オレンジ
    ・ワラビと菜の花おひたし
    ・切干大根
    ・納豆
    ・味付のり
    ・漬物
    ・白米(木のおひつ)
    ・味噌汁

    食事会場
     朝食タイム8~9時。夕食と同じ大広間で。

    夕食
     指定した18時30分から、1階大広間で。

    大広間
    ドリンクメニュー


    噴水
    温泉分析書 平成21年12月24日
    ・広河原温泉
    ・山形県飯豊町大字広河原字湯ノ沢448
    ・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉 (旧・塩化土類-重曹泉)
    ・源泉温度33.1度
    ・蒸発残留物2.412g/kg
    ・溶存物質3.064g/kg
    ・ph6.8

     加温している。

     日帰り入浴600円。9~16時00分終了。

     23~5時まで入浴NG。
     20~21時の混浴露天は「女性専用」となる。



    外観
     山形県飯豊町、JR手ノ子駅から車で1時間の山奥にある。実際行って知ったのが、砂利道の細い林道をクネクネ曲がったどん詰まりに宿があったこと。エライ遠い。
     

    玄関前
    玄関&ロビー
     「いらっしゃいませ」。シニアなスタッフに歓待され、今宵の客室へ。

    客室ドア


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。