札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    析出物だらけ

     浴室の扉を開けて開口一番、「すげえ」って。なんなんでしょう、この大量の析出物は。湯舟と床にびっしりだ。

    析出物だらけ
     ドバドバ注ぐ湯は「マグネシウム・ナトリウム―炭酸水素塩泉」(旧泉質 含土類-重曹泉)。析出物の要因は、成分総計5.573mgという湯の濃さもさることながら、「カルシウムイオン」197mgと「炭酸水素イオン」2.760mgが結びついて織りなす自然のゲージツか。
     「遊離炭酸」792mgなものの、泉温が51度と高温のため炭酸が抜けてしまい、長湯温泉が謳う「ラムネ湯」は期待できない。緑色したにごり湯は「鉄(Ⅱ)イオン」3.7mgが影響しているのだな、きっと。

     温泉分析書とにらめっこしながら思いを馳せた・・・などとツウぶる時間がモッタイナイ。「うはあ、いいねいいね」って、スバヤク身体を清めてから無邪気にざぶん。ちょっぴり熱めの湯も次第に慣れてくる。炭酸特有のエグ味、どことなく土っぽい匂い。炭酸のせいか湯上がり後に清涼感があるって、気のせいかしら。

    余った湯が川へ流れ、析出物をたっぷり形成
     湯舟に付着した析出物は、強めに触るとボロボロ崩れる。入浴しているこの瞬間、リアルタイムに析出物が築かれているのだなあ、と感動しきりだ。
     早朝の湯舟には、温泉成分が固まって薄氷のように膜を張っている、というウワサを聞いたが、お目にかかれず。寒暖の激しい季節は天井から水滴が落ちて、膜ができないケースもままあるそう。

    朝食
    ・白米(おひつで)
    ・味噌汁
    ・漬物
    ・冷奴
    ・焼魚
    ・生野菜サラダ

    朝食処
     夕食時と同じ食事処で。

    食事処
    夕食
     1階玄関近くの食事処で。ワインを提供していなかったので「ならばワイン持ち込みいいですか」と交渉したが、「持ち込みすべて厳禁」とけんもほろろ。

    ・ビンビール(大瓶)750円
    ・梅酒(15年物・グラス)500円

    湯船

    温泉分析書 平成22年2月23日

    ・源泉名 有限会社郷の湯旅館
    ・湧出地 大分県竹田市直入町長湯3538-2
    ・泉温51.0度
    ・湧出量 毎分127リットル(自噴 掘削200メートル)
    ・知覚試験 微弱 茶褐色,弱 混濁,酸味,殆ど無臭
    ・pH8.5
    ・蒸発残留物3.460g/kg
    ・溶存物質4.781g/kg
    ・成分総計5.573g/kg
    ・マグネシウム・ナトリウム―炭酸水素塩泉(アルカリ性低張性高温泉)
    ・旧泉質 含土類-重曹泉

     加水、加温、循環・ろ過、入浴剤の添加、消毒処理・・・一切なし。
     何も手を加えていない湯が注ぐ。
     夜通し入浴OK。

     日帰り入浴は、10:00~17:00まで受け付けし、18:00で退館。男女別内風呂500円。
     貸切風呂は日帰り・宿泊客ともに別料金(内湯2,000円、露天風呂2,500円)
     ぶらり訪れることは推奨しておらず、要事前連絡という。

    浴室棟へ
    下駄
     男女別内風呂は「宿泊棟」とは別の棟にあるので、下駄を履いて敷地内を移動する。

     今宵の宿はどこだろう。県道30号(庄内久住線)をレンタカーで走っていたら、看板を発見。

    県道沿い
    入口
     長湯温泉の温泉街から「歩いたらちょっぴり大変」な感じに離れた1軒宿。
     芦川の上流に位置し、県道30号から細い道に入って少々くねくね走る。

    杖忘橋を渡る
    外観
     広い敷地に建物が複数ある。
     「宿泊棟」「家族風呂棟」「休憩処」「おそらく浴室棟(閉鎖中)」などなど。

    玄関内
     スタッフが歓待してくれ、客室へ。

    湯治棟の廊下
    客室出入り口
     客室は5室で「旅館」「湯治棟・民宿」に大別される。後者は3室だった。