札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    外観
    モール
    温泉分析書 平成21年10月22日
    ・申請者 株式会社 白老振興公社
    ・源泉名 ポロト温泉(天然ガス付随)
    ・湧出地 白老町若草町1丁目661-2
    ・泉温47.4度 動力揚湯
    ・知覚的試験 弱黄色澄明、無味、無臭
    ・pH8.8
    ・蒸発残留物0.591g/kg
    ・溶存物資0.767g/kg
    ・成分総計0.768g/kg
    ・アルカリ性単純温泉
    ・特色(腐植質4.0mg/kg、メタケイ酸212.9mg/kg)

     10時00分~19時30分(20時00分までに退館)。400円。日帰り営業のみ。

    湯使い
    案内


    スポンサーサイト
     消費税が8%にアップしたものの、山海荘は入浴料200円を維持ですって。その代わり、サービス券と回数券を休止した。工夫して値上げしない姿勢が美しい。

    透明な単純泉があふれる
    昭和風情のフロント
    安すぎ
     建物は古いが、掃除が行き届いている。昭和な風情のフロント周辺が、妙に落ち着く。割烹着姿の女将さんと真摯なご主人が、湯も建物も守っている。ここが宿泊もやっていた頃、どんな雰囲気だったのか。一度泊まってみたかった。

    2007.10.07 日帰り→山海荘
    2007.06.24 日帰り→山海荘

    外観
    アヨロ近く宣伝旗
    国道36号沿いの看板もリニューアル看板はすべて新品に
    アヨロマット アチコチで「アヨロ温泉」をアピールしており、独特のアクの強さは変わらないなあ、とニッコリする。



    温泉

    アヨロ源泉地
     温泉分析書 平成22年1月7日
    ・アヨロ温泉(白老町虎杖浜154番地の1)
    ・48.0度(動力揚湯)
    ・無色澄明、無味、無臭
    ・pH8.3
    ・成分総計1.579g/kg
    ・蒸発残留物1.467g/kg
    ・ナトリウム-塩化物温泉

    アヨロのれん
     日曜日の午前、つるり泡付きの黄色っぽい湯を楽しむ方々で賑わっている。露天風呂があったものの、狭い。

     入浴時間6時00分~21時00分(最終受付20時30分)。420円。休憩室利用(9時00分~19時00分)の場合、入浴+休憩=500円。券売機で購入する。

    若湯温泉、53.5度、無色透明、無味、無臭、pH8.2、成分総計2.276g/kg、ナトリウム-塩化物泉
     新登別温泉と登別温泉の濃い湯を味わった後、虎杖浜温泉界隈の透明な食塩泉は「仕上げ湯」にピッタリだ。
     草津における川原湯の関係と同じと思うものの、登別の仕上げ湯イコール虎杖浜って考え、聞いたことがない。とりあえず、個人的に主張しておく。

    源泉どぼどぼ
    こじんまり休憩室
     ごろ寝出来る休憩室で小1時間ばかり、うたた寝してしまった。気持ち良い。

    B級チックな外観
     入浴料は50円アップの250円に。営業時間はやや短縮し、6~19時30分(最終受付19時00分)。

     登別駅17時09分発のすずらん7号に乗り(北斗に比べ、すずらんは空いていて自由席に座りやすい)、札幌駅18時22分でフィニッシュ。その後、ススキノの「だるま」まで歩いて、少し並んでジンギスカンを食べた。

    年中泳げる温水プール 虎杖浜温泉ホテル娯楽センター
     日帰り専用施設。以前は宿泊もできた。

    紅茶色の湯
     ちょっぴりツルツルする肌触り、艶っぽい色合いが好き。湯上がり後、虎杖浜界隈で最も広い休憩室にてゴロリ横になると幸せになる。

    温泉分析書 平成20年3月7日
    ・源泉名「ぬくもりの湯虎杖浜72」
    ・湧出地 白老町虎杖浜72番地
    ・泉温47.1度
    ・毎分10リットル(動力揚湯)
    ・pH8.4
    ・微弱黄色澄明、弱カン味、無臭
    ・蒸発残留物1.383g/kg
    ・成分総計 1.537g/kg
    ・ナトリウム-塩化物泉

    温泉分析書 平成20年3月7日
    ・源泉名「ぬくもりの湯虎杖浜73」
    ・湧出地 白老町虎杖浜73番地
    ・泉温51.9度
    ・毎分118リットル (動力揚湯)
    ・無色澄明、弱カン味、無臭
    ・蒸発残留物2.306g/kg
    ・成分総計 2.455g/kg
    ・ナトリウム-塩化物泉

     以前入浴した様子。休憩室で食したラーメンちょっとした話題

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。