札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     紅葉が終わった2015年11月上旬の土曜に、どこか泊まりたい。じゃらんnetを眺めていたら、十勝岳温泉の凌雲閣に気付く。2人で泊まって1人7,500円(和室10畳)。同じ条件で7~8月の夏休みシーズンだったら12,500円する。5,000円引きのバーゲン価格だ。10月下旬から4月下旬までの半年間はシーズンオフの料金設定だけに、宿をお得に味わえるチャンスだろう。すぐに予約した。


    意外にアクセス良好

     十勝岳の中腹、標高1,280メートルの宿は、北海道で最も高い立地にある。札幌から車で寄り道せず行くならば、およそ3時間(150キロ)かかる。公共交通利用のワタシの場合、富良野まで高速バス移動の上、JR、町営バスを乗り継ぎ、待ち時間を含めて5時間半で着く。雪深い冬期間でも町営バスで楽々行けるのだから、山奥の宿ながらアクセスは意外に良好だ。

    バス停
    下界を望む
     下界とは打って変わり、雪が積もっている。
     1963年(昭和38年)に開業し、1994年(平成6年)に全面改築した鉄筋造りの凌雲閣は、公共の宿っぽい造り。客室を含む館内は暖かくて快適に滞在できる。外見より中身重視の設計とみた。

    建物


     日帰り入浴800円。
     8時00分~19時30分で受付終了(入浴は20時00分でおしまい)。
     男女別に「内風呂」「露天風呂」「サウナ」「水風呂」あり。
     浴室の広さやレイアウトは異なるが、男女入れ替え無し。
     日帰り客向け休憩室も完備する。
     源泉は2本。

    男性露天の湯口
    【凌雲閣1号井】 温泉分析書 平成17年6月14日
    ・源泉地 上川南部森林管理局 富良野森林管理センター423林班
    ・36.7度 毎分116リットル(自噴)
    ・pH2.4
    ・無色澄明、酸味、無臭
    ・蒸発残留物1.531g/kg
    ・溶存物質1.570g/kg
    ・蒸発残留物1.631g/kg
    ・酸性・含鉄(Ⅱ)-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉
      (旧泉質名・含石膏-酸性緑ばん泉)


    【凌雲閣2号井】 温泉分析書 平成17年6月14日
    ・源泉地 上川南部森林管理局 富良野森林管理センター423林班
    ・53.0度 毎分69リットル(動力揚湯)
    ・pH.6.2
    ・無色微濁、弱金気味、無臭
    ・蒸発残留物2.021/kg
    ・溶存物質2.084g/kg
    ・蒸発残留物2.222g/kg
    ・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
      (旧泉質名・含芒硝-石膏泉)

     道立保健所シールによれば、湯に手を加えていない。

     夕食と同じ1階レストランでバイキング。7時30分に訪れた。

    朝食
    レストラン
    バイキング
    パン
     パン類もあった。

    亀さん
    レストラン出入り口
     レストランの水槽に、亀さんがいた。

     夕食スタート時間は、17時30分、18時00分、18時30分の中からチェックイン時に選ぶ。18時00分をチョイスした。
     1階レストランで食す、1泊2食7,500円の夕食は次の通り。

    夕食
    ドリンクメニュー1
    ドリンクメニュー2
    夜のレストラン


     町営バスで訪れれば13時40分前後に着く。チェックインは15時00分以降だが、到着後すぐに客室へ通してもらえないかしら。電話予約の際、スタッフにその旨を伝えれば、「町営バスで来訪した客はOK」と了解を得た。
     当日フロントで1人7,500円×2人分を前払いする。

    凌雲閣
    ロビー周り