札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    たまたまやっていなかったみたい
     旅館鯉川へ名称変更されていた。「日帰り入浴」をアピールする旗があるものの、門は閉じられている。管理している隣の旅館で聞き込みしようと思ったが、放し飼いしている複数の番犬に恫喝され、撤収した。閉鎖したわけではなく、たまたまやっていなかった模様。以上。

     この湯宿を取り巻く詳細はこちらのコメント欄を参照。

     「もしもし、鯉の里なかむらさんですか」
     「あっ、いえ、名前が変わりまして、『ゆの里 みよし』と言うんですよ」

     昔々のガイドブックを見ると、鯉の里なかむらは、ある病院の保養所ながら、一般客の宿泊&日帰りを受け付けていました。しかし、当方が3年前に宿泊予約の電話を入れたら、病院関係者のみの受け入れで、一般客お断りでした。

     そうかそうか、と、当方の泊まりたい湯宿リストから外したものの、ことし2月、北湯沢温泉・竜松庵に泊まった時、そこの女将さんが「お隣さん(鯉の里なかむら)は、今度から一般客を受け入れるから、ぜひ泊まってあげて」と聞き、うーむ、これはいつの日か泊まらねば、と密やかに思い、今回、予約の電話を入れた次第。そしたら、屋号が変わっていて、びっくり仰天です。


    ◆「鯉」にこだわる和の風情

     改めて、この宿の歴史を記せば、ある病院の保養所として平成元年オープン。鯉好きの病院創始者が、「鯉」にこだわった風流な造りが特色ですね。玄関を開けると、ほんのり硫化水素の香りがしました。

    玄関前で温泉たまご作りが可能
     玄関前の祠から、熱々の湯が湧き出ており、温泉たまご作りが可能。

    鯉の噴水
     池の噴水が鯉なんですね。

    女性内風呂の鯉の湯口
     「B級スレスレ?」な湯口に脱帽しきり。


    手入れの行き届いた庭園
     池で鯉がうようよ泳いでいます。水温が16度以下になる冬は、池の底で仮死状態となり、春になると元気に復活するそう。

     北海道らしからぬ雰囲気の湯宿ですね。

    朝食
    ・しゃけ焼、大根おろし
    ・温泉たまご
    ・タラコ
    ・冷奴
    ・煮物→豚角煮、高野豆腐、にんじん、ふき、さやえんどう
    ・固形鍋→きのこ陶板焼
    ・漬物
    ・白米(おひつで)
    ・落葉みそ汁

     飲物は、ポットに入ったほうじ茶、冷水。落としたてコーヒーは400円。

    食堂
     夕食も朝食も、こんな感じの食堂で食します。

    夕食
     当方指定の18時から、食堂で。中瓶ビール504円、出されたコップは冷えています。

    ナイスなデザイン
     湯口の「鯉」を目指し、湯船タイル画の「鯉」が泳いでいます。