札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    早朝6時 ケータイ鳴る

     十勝2泊3日の温泉旅。初日のふく井ホテルに泊まっていた早朝6時03分、ワタシのケータイ電話がプルプル鳴った。出ると男性の声で「あ~、グリーン糠平ですが、朝早くからスミマセンね」。聞けば「いやー、きょう(7月14日)泊まるってことですが、もしかしたら7月ではなく8月かも知れないかと・・・前にそれで失敗しちゃって」。予約の確認だった。「そうですよ、きょうですよ、伺っても大丈夫ですか」「はい、大丈夫です。いやいや、朝からスミマセンでした」。

     なんだか憎めない、微笑ましい電話だったが、それにしても朝6時にかけてくるとは、やっぱり早い。すっかり起きていたから(旅に出ると目覚めが早い)良いけれど、日頃はまだまだ熟睡タイム。ちょっと感覚が異なっているな、と思いつつ、なんだか面白そうな宿の匂いがしてきた。

    御宿
     「こんにちは、こんにちは」。14時半過ぎ、玄関先で何度か叫んだら、シニアなご主人が出てきた。「いやいや、ごめん、寝てたわ」。ああ、この方が電話の主だ。朝っぱらから予約確認の電話をくれたし、ずっと働きづくめだったのだろう。とぼけたしゃべりに思わず笑ってしまう。

     館内に客の気配はない。「団体さんが山登りに行っててね。夕方帰ってきますよ」。
     客室は6室。一番良さそうな角部屋に通してくれたのが嬉しい。すでに布団が敷いてあり、廊下に共同冷蔵庫がある。イイ感じの正統派な民宿だ。



    貸し切り対応の浴場

    美しい
     男性浴場はライオンの湯口からまっさらな湯が注がれ、何も手を加えていない。夏場とあってアツアツ過ぎるので、やむなく水をドバドバ入れる。扇形の湯船に美しさを感じた。
     対する女性風呂はまるで家庭風呂のようで狭すぎる。女将さんに聞いたら「(男性浴場の)脱衣所ドアは内側からカギかけられますから、仲良く入ってください」。貸し切りで楽しんだ。


    スポンサーサイト
    朝飯
    ・白米
    ・みそ汁
    ・ワカサギ煮付
    ・切干大根
    ・山葵漬
    ・カップ納豆
    ・生卵

    朝コーヒー
    ・落としたコーヒー

    食事処
     朝食は5時からOK。ワタシは7時30分から。

    ゆうしょく
     指定した18時から、1階食堂で。一気出し。白米、みそ汁はセルフで。

    食堂


    ライオン湯口
     温泉分析書は見当たらなかったが、ご主人の話と資料を総合すると下記の通り。

    ・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
    ・泉温56.1度 毎分28リットル(自噴) pH7.2
    ・溶存物質0.883g/kg

     湯に何も手を加えていない。アツアツ過ぎるので水で薄める。

     夜通し入浴OK。日帰り入浴は受け付けていない。

    外観
     糠平温泉のメインストリート(国道273号)から奥まった立地。6室。

    看板
    玄関
    フロント回り
    2階階段回り
    客室ドアを開ける


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。