札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     「きょうはお客さんたちだけだから。(日帰り終了後の)夕方から、大きい方の男性風呂に一緒に入って、ゆっくりして下さい」。宿へ着くなり、シニアなご主人がニッコリ。

     今夜は館内貸切ですね。

    早朝、うっすらと雪が積もり、鹿が散歩していた
     ホロカ温泉旅館は、4年前に日帰り入浴で訪れた際、洋館の佇まいと温泉成分でデコボコした浴室の床が印象的でした。今回はじめての宿泊です。


    ◆白亜の洋館、時代止まった館内

    幌加龍神スルメを炙れそう
     築年数を重ねた白亜の洋館は、札幌の時計台をなんとなく思わせる造り。館内は洋風チックではなく、昭和の時代が止まったままの様相。客室の窓枠は「木」で、ねじしめ鍵のままですし、客室の煙突式石油ストーブも、年代を感じます。
     言い方を変えれば、そこかしこ「ガタ」がきています。


    ◆見事な析出物、源泉は4本

    男性風呂
     見事な析出物は、自然のアートと言えましょう。見ていて飽きません。「析出物眺めながら、軽くごはん3杯はいけるわ」という析出物ファン垂涎の湯宿です。函館の料理旅館池の端を思い出しました。

    硫黄泉の湯口女性風呂では、余ったお湯を捨てている
     味わいある湯口から、ほのかに香る硫黄臭。夜中もこんこん湧き出ており、入浴三昧でした。

     でこぼこした床に胡坐をかき、食塩泉の湯船からケロヨン桶で湯をすくい、髪を洗いました。シャワーも洗い場もない点が、湯治場風情かしら。

     ちなみに、硫黄泉、食塩泉の湯船は独自源泉なのは言うまでもありませんが、打たせ湯と1階洗面台の蛇口の湯も、それぞれ異なる源泉の湯を利用しており、宿全体で4つの源泉を用いていると、ご主人談。贅沢ですね。


    ◆ご主人手製の家庭料理に舌鼓

    白老スタイル
     夕食も朝食も部屋食。ご主人が作る食事は、本当の家庭料理プラスアルファですよ。グルメな湯宿ではないので、念のため。当方は、美味しくいただきました。

    スポンサーサイト
    朝食
    ・焼魚(しゃけ)
    ・わらび
    ・生卵
    ・タクワン
    ・梅干
    ・味付のり
    ・白米(おひつで)
    ・みそ汁

     8時から客室で。ご主人が、ポットに入った熱々のほうじ茶を持ってきてくれました。

    500マイル、富士の湯温泉旅館、虎杖荘・・・白老の湯宿も、こんな感じ
     ちなみに、朝食も夕食も、ご主人がトレーで持ってきてくれます。配膳は自分で行い、食べ終わったら皿をトレーに入れ、廊下へ出しておくと、後でご主人が下げてくれるシステム。

     当方は、1階の管理人室までトレーを持っていき、「ごちそうさまでした」とあいさつしました。

    夕食全景
     18時から客室で。2食6,500円の夕食はこんな感じ。
     瓶ビール(中)550円。館内自販機にジュースあり。

    昭和31年7月27日の温泉分析書。ホロカ温泉旅館の外観が見事。味わい深い
     昭和31年の温泉分析書をみると、含硼酸含重曹食塩泉の湯は、泉温55.4度、pH6.75、蒸発残留物2.485g/kg。自然湧出です。

     この湯宿の湯船には、食塩泉と硫黄泉があり、男性風呂は両方楽しめる一方、女性風呂は食塩泉のみ。

     道立保健所シールによると、湯に細工はしていません。

     日帰り可能時間は8時半~16時、300円。シャンプーや石鹸は置いておらず、シャワーも洗い場もありません。

    金田一少年の事件簿「雪夜叉伝説殺人事件」のロケ地らしい(よみうりテレビ、1998年)
     木造2階建ての洋館は、50年余の歴史があるそう。客室数9室。

    玄関前
     玄関のガラス戸をガラガラ音を立てながら開け、「ごめんください」。

    玄関内
     ご主人の歓待を受け、通された客室で個人情報を記帳の上、夕食・朝食時間の確認を受けました。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。