札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    特上寿司2000円
    特上寿司2000円



    磯まき630円
    磯まき630円
     あわびの細切りを巻いている。


    あなご巻き350円
    あなご巻き350円


    清寿司
     岩内町の温泉宿に泊まった翌日、さぼーるでコーヒーを飲んだ後、清寿司支店の座敷で寿司をつまみ、生ビールをぐびり飲み干す。したたか酔っても目の前が岩内バスターミナルなので、そのまま札幌行き高速バスに乗れば2時間30分で到着しちゃう。
     札幌から岩内への1泊2日旅は、このパターンがお気に入り。新緑の頃にまた来たい。

     次は函館へ。

    スポンサーサイト
    さぼーる
     岩内町へやってくるたびに、さぼーるという名の喫茶店に足を運ぶ。ゆるい店名が好き。内装もコーヒー色していて、ほっと落ち着く。

    ブレンドコーヒー&アイスティー
     ブレンドコーヒー400円、アイスティー450円。

     ランチメニューが充実しているものの、まだ未食。次こそは、の思いが強まる。

    オリジナル商品
    ・いわないっ子150円
    ・特製アンドーナツ100円
    ・特製ホップドーナツ100円

     いずれも、岩内海洋深層水を使用して作ったという。

    外観
     屋号(商号)がかっこいい。

    【えび天ぷらラーメン】→衣がしょっぱいスープを吸って「ほろほろ」した食感になる。【にしんそば】→みがきにしんを8時間煮込み「やわやわ」した食感になる。
     札幌からバスに揺られて2時間半。到着した岩内町の「お食事処ささや」に足を運び、、えび天ぷらラーメン750円&にしんそば900円を注文した。必要以上に愛想を振り巻かない店員に供され、ぱくぱく食し身も心もあったまる。そう言えば、土曜12時台にのれんをくぐったが、夏に比べれば客は少なめだった。

     こういう食べ物は「ご当地グルメ」って言うのかな。個人的には、昔からその地方でしか味わえない「地元民が生み出した」ものと思うが、今は商業的に「コンサルティング」された企画商品だったりするので、ややこしい。

     「えび天ぷらラーメン」は岩内独自の発想かな、と思うし、「にしんそば」は京都が発祥らしいが、にしん漁で栄えた北海道でも名物とされており、身欠きにしん(にしんの干物)生産量が全国1位の岩内町なのだから、そこで食すにしんそばは、ありがたみが増す。

     岩内町のこれら2品は、外部が介入していない「ご当地グルメ」と言い切っても良いんじゃないかな。間違っていたらゴメンナサイ。

    おまかせ寿司2,800円

    おまかせ寿司2,800円
     11貫。味噌汁付。生ビール550円のジョッキはキンキンに冷えていた。


    タラコ巻き420円×2本

    タラコ巻き
     岩内産の釣りタラコを巻いている。1本420円で写真は2本分。この店に来たら、押さえておきたい1品。


    外観
     道の駅いわない至近。4~5回目の訪問となる。日曜の昼時は客で賑わっていた。

     ほろ酔いで札幌行き高速バスに乗り、ウトウト居眠りしていたら、2時間30分で札幌に到着。つつがなく、岩内1泊2日旅を味わった。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。