札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     函館駅からJRで札幌へ帰る前、小1時間ほど時間があったので、函館朝市のどんぶり横町市場を覗く。15時30分くらいだと、閉店ガラガラの店が少なくない中、茶夢(営業時間7~15時)が営業時間を過ぎても開いていたのでのれんをくぐる。

    ちゃむ
    メニュー



    スポンサーサイト
    ケーキセット830円 アイスブレンド(20g)550円

    飲み物
    水花月茶寮
     自家焙煎を味わえる。禁煙。駐車場完備。

    外観
     石川啄木の妻が通いつめた質屋が喫茶店に。1905年(明治38年)に建てられたそう。

    2階は座敷スペースワッフルセット890円(珈琲or紅茶付)、冷紅茶580円、
     ワッフルが美味い。作り立てのアツアツを提供してくれるから、のんびり待とう。

    アイデア
     函館へ来るたびについつい寄ってしまう、お気に入りの喫茶店で2泊3日の函館旅行をしめくくった。

     次は白老・虎杖浜へ。

    のれん
    阿佐利
     1901年(明治34年)創業。実に110年の歴史を刻む老舗すき焼き店。

    2階廊下階段下は玄関
     事前に電話予約していた。仲居さんに誘導され、2階の個室に導かれる。

    コーヒー、パウンドケーキ
     この店のコーヒーは、注文方法が珍しい。

    ・豆30gに対し、水150mlまたは180ml=600円
    ・豆25gに対し、水120mlまたは150ml=500円

    店内
     こんなふうに好みの濃さや味わいを設定でき、深煎珈琲などもある。「そういうの、よくわけわからないので・・・」と、注文を取りに来たスタッフに聞くと、ノーマルな味をオススメしてくれる。

     つれは、6年前に訪れた時と同じように「おかわり」した。よっぽど気に入っているようだ。

    路地裏に佇む
     1981年(昭和56年)オープンのコーヒー専門店。幹線道路から外れた路地裏にあるので、ちょっと分かりにくい。

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。