札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     この宿、何で知ったかと言えば、平成14年(2002年)2月号の「旅」(JTB)。
     特集「温泉逗留の愉しみ」の中で、ライターの小林しのぶ氏が、三浦屋旅館に2泊3日した記事を今でも覚えていて、久しぶりに読み返した私は、「肘折の渋い湯治宿に連泊し、昼間は共同湯めぐりでしゃれこもう」と、12月上旬に電話予約した次第。
     ちなみに、この雑誌はいつの間にか発刊元が新潮社となり、編集内容も変わってしまったので目を通す機会がめっきり減りました。

    街並み渋い看板が目にしみる玄関前
     肘折に着いて、細すぎる道に沿って佇むたくさんの宿をみて、この温泉街の雰囲気に「ああ、良いな」と、ぽつり。
     三浦屋旅館の玄関前に立ち、歴史を感じる建物のオーラは、北海道の温泉宿ではなかなか味わえないな、と感じました。

     この宿、1泊料金設定は3段階。自炊(4泊以上)4,000円~、湯治6,700円~、旅籠7,000円~で、たとえ自炊といっても白米、味噌汁、魚、おひたしといった基本料理がつくそう。私は電話予約時に旅籠を申し出ました。連泊するに当たり、障子・ふすま1枚で隔てた湯治部屋はなんだか落ち着かないと思ったので。現にことし5月に、落ち着かない経験してますし。

    家族風呂湯口
     狭い風呂ながら、湯使いの良い湯に浸かると、やっぱり気持ちの良いもの。宿の下駄を履き、宿泊客特権の無料共同湯めぐりをすれば、日本人の脳に刷り込まれた由緒正しき温泉街を楽しめそう。ただ、冬は寒いので、あれですが。
     食事は山の幸と控えめな量で、健康によろしいのかな。

     宿泊客は少なかったみたい。風呂で誰かと一緒になることもなく、宿スタッフに聞けば、「年末も満室ではないし、冬期間は空いていますね」。4月末~10月末にこの宿の前では、有名な「朝市」が毎朝5時30分頃から2時間余開かれ、この期間に客入りが多いそう。

     「今度は春に来てね」。女将さんや宿スタッフに笑顔で見送られ、他の客(2人)とともに、10時30分にワゴン車で新庄駅まで送迎してくれました。

     宿泊料金は2泊で17,283円。内訳は宿泊料は7,800円×2、暖房料1,000円、瓶ビール683円。

    スポンサーサイト
     8時15分ころ、客室で。一気だし。

    朝食全景
    ・わらびおひたし
    ・しゃけ焼、ふき甘露煮
    ・しそ巻き、にしんこぶ巻き
    ・味付のり
    ・青菜漬
    ・生卵
    ・白米
    ・味噌汁(とうふ、わかめ)

     朝起きて、三浦屋旅館から一番近い共同湯「下の湯(疝気湯)」に足を運びました。徒歩1分以内。普通に入るならば200円で、この時間帯は開いていないはずですが、私は宿からカードキーを借り、無料で入れました。宿泊者の特権ですね。

    外観玄関前
     こじんまりとした、哀愁漂う佇まい。
     
    女性風呂
     誰もいない、と写真を撮ると、どうも違うな、と感じました。これ女性風呂でした・・・
     隣の男性風呂は地元の方らしき人がおり、「おはようございます」と共に入浴を楽しみました。男性風呂の方が女性風呂より1.5倍くらい大きいです。

    夕食全景
     2日目の夕食。18時から客室で一気だし。

    こんにゃくなめこ
    (左)糸こんにゃく、さつまあげ、大根、ねぎ炒め
    (右)なめこ、長いも千切り

    カレイ天ぷら
    (左)カレイ焼
    (右)天ぷら→えび、なす、まいたけ、春菊

    あんこもち漬物
    (左)宿でついたあんこもち
    (右)たくわん漬

    白米&おすまし
    白米、雑煮

     小雪交じりの中、昼食を買いに、肘折温泉街をふらふらしながら歩きました。

    旧郵便局上の湯前
    薬師神社前
     共同湯「上の湯」も徒歩2分くらいでありました。春夏秋ならば、浴衣姿でぶらり入浴に来るのも苦にはならない感じ。

     8時から客室で。一気だし。

    朝食全景
    ・赤魚焼
    ・納豆、大根おろし
    ・菊の酢の物
    ・にしん昆布巻き、らっきょう
    ・たくわん
    ・味付のり
    ・白米
    ・味噌汁(山菜、豆腐)

    夕食全景
     18時から客室で。一気だし。連泊客に限り、1泊目夕食にドリンク1杯無料提供。日本酒、ウーロン茶、ジュースの中から、日本酒をチョイスしました。

    あんかけさしみ
    (左)肉そぼろ入りいも団子、まいたけ、ゆり根あんかけ
    (右)刺身→まぐろ、たい、ほたて

    あゆ焼煮物
    (左)あゆ焼、寒天、紅しょうが
    (右)わらび煮付

    酢の物漬物
    (左)大根酢の物、ゆず
    (右)青菜漬

    夕食&おすまし
    白米&おすまし(とうふ、まいたけ、三つ葉)

     夕食後にスタッフが布団を敷いてくれました。

     宿内に風呂は1階に2ヵ所。男女別内風呂&家族風呂。夜中入浴OKです。


    ◆男性浴室

    男性浴室
    男性浴室入り口男性脱衣所
     浴室・湯船とも1人用な感じ。洗い場1つ、リンスインシャンプー、せっけんあり。温泉分析書によると湯は組合2号で、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。加水のみ。


    ◆家族風呂

    家族風呂
    家族風呂入り口家族風呂脱衣所
     脱衣所に鍵をかけて入浴できる家族風呂は、男性浴室と遜色ない広さ。リンスインシャンプー、せっけんあり。
     平成15年の温泉分析書をみると、「組合3号源泉」で泉温73.5度、pH6.7のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、蒸発残留物3,132mg/kg。加水のみ。
     ただ、脱衣所に掲示されていた山形県温泉協会の「当館の温泉表示」には、源泉名が「温泉組合第4号」と記載。これ、帰宅後に気づいたので、源泉名の違いについて詳細は分からないです。

     日帰り入浴OK。営業時間は分からないです。常識の範囲内で。

    共同湯について
     肘折温泉には、「上の湯」「下の湯(疝気湯)」「河原湯」の共同浴場があり、この宿の宿泊者は無料で入浴できる上、時間外でも宿からカードキーを借りて入浴できます。

    歴史を感じる外観玄関です
     第一停留所の目と鼻の先に佇む、明治時代に開業した宿。3階建て20室。

    客室1客室2
    縁側1縁側2
    アメニティー茶菓子は、「ほていや」のまんじゅう
     通された客室は、3階「牡丹」。角部屋で廊下のふすまを開けると、すぐ6畳和室が。窓際は縁側で洗面台あり。
     テレビ、ファンヒーター、ポット、お茶葉。アメニティーは一通りあり。

    3階廊下。突き当たり右に私が泊まった客室「牡丹」がある3階共同洗面所
    共同トイレ3階館内図
     共同の洗面台、冷蔵庫、トイレあり。

    2階湯治棟の廊下コイン式ガス
     3階の「旅籠棟」に対し、2階は「湯治棟」。廊下に沿って客室が並び、ドアは障子1枚です。コイン式ガスもあり、ここで自炊するよう。

     山形県大蔵村の肘折温泉は、新庄市から南西30㎞の山間に位置します。新庄駅前のバス停留所から、肘折行きバス(山交バス)が平日は1日5本出ており(始発は県立病院)、13時00分に乗車。
     地元の方々が乗車し、立ち客が出ましたが、途中の集落でぱらぱら降りていきました。

    肘折温泉に到着温泉街の真ん中にある停留所
     肘折トンネルを抜けると、やがて眼下に盆地が開け、銅山川に沿った集落が見えてきます。1時間ほどで到着しました。片道1,020円。
    時代を経て、新たなセンスを感じられる外観鳥もつラーメン600円
     山形県・新庄駅から徒歩1分、駅から一番近い大衆食堂です。壁に貼ってあるたくさんの手書きメニューの中から、新庄市のご当地ラーメン「鳥もつラーメン」を注文。600円。
     醤油ラーメンに鳥のもつが入っている1品。

     ここの店、納豆汁が有名。いい旅・夢気分(テレビ東京)のロケで来た、朝丘雪路・デヴィ夫人両氏と経営者家族の記念写真が飾ってありました。そういえば、新庄市は納豆も有名のよう。

    味わいのある但し書きたい焼も絶賛販売中
     こんな但し書きが想像をかき立てます。たい焼きも美味しそうでした。

    電車2人かけ
     鳴子温泉駅11時03分発の普通列車で山形県新庄市へ。950円。1時間3分で到着予定が、5分ばかり遅れて到着。

    新庄駅
     雨が降っています。さて昼食でも。

    おみやげの店 大沼を併設ブレンドコーヒー400円
     東川原湯旅館の帰り、鳴子温泉駅近くの喫茶店。平成14年(2002年)9月、つれと訪れたことがあります。ブレンドコーヒー400円を味わいました。
     自家製ケーキをはじめ、ランチは洋食メニュー、夜のレストランメニューも豊富でした。

     12月上旬にトクー!でネット予約。2食付6,357円(宿泊料金4,257円、夕食1,575円、朝食525円)+トクー会費840円の計7,197円。
     直前予約ならば宿泊料金はあと1,000円ほど安くなるみたい。「直前予約の素泊まり」だったら、私は4,000円くらいで泊まれたことになりますね。

    こたつ
     通された玄関に近い客室は、食事付の客専用だそう。こたつをみて、「ああ、冬の温泉宿だなあ」としみじみ嬉しく思いました。
     そういえば、北海道で客室にこたつを置いている温泉宿って、どこかあるのでしょうか。これまで冬に泊まった道内宿では見かけたことがないですね。宿に限らず、一般住宅でも、こたつを出している道内家庭って、少数と私感。

    こたつ&ふとん
     寒さ厳しい北海道の建物は2重窓な上、室内・館内ともに暖房もしっかり行き届いているためか、「暖房がんがん炊いて、薄着で過ごす」が、北海道の冬の文化(長く厳しい冬だけに、高度成長期を経て多少のお金をかけてでも快適に暮らしたい願望が膨らんだ結果)のような気がしています。
     これって、原油価格高騰の昨今、「広い家に住む方々」であれば、もうちょっと重ね着してこたつを活用すれば、ふところにも資源にも優しいかな、と、勝手に「社会派ぶって」みました。
     ちなみに我が家は狭いゆえに、ファンヒーター1つで十分暖かいですね。部屋着はユニクロのフリースなど。こたつを置くスペースはありません。

     一方、本州の宿も2重窓にするなど気密性を高めれば・・・とも。今回泊まった客室は、縁側と客室を隔てる障子を閉めっぱなしで過ごしました。障子を開けると寒いからです。縁側は外と同じように寒く、缶ビールを置いて冷蔵庫代わりに。廊下も寒くて風呂で暖まっても脱衣所で着替え、部屋へ戻ると「もう1回湯に浸かりたい」などと思う次第。

     要するに、冬は全国津々浦々寒いですね(笑)

     閑話休題。

    気持ち良い湯(混浴浴室)
     この宿は、なんといっても湯がいい感じ。浴室の窓や壁はちょっとぼろぼろで、女性の場合、大きめの混浴浴室が嫌であれば、入れる浴室は家族風呂&女性風呂で、ここは狭いのですが。
     食事は本当の意味で家庭料理。ここは湯治宿だけに、良し悪しを言うのは野暮かな。

    歴史を感じるのれん
     現宿主で9代目という歴史ある宿で、40年前は湯船の底が砂で、足元湧出だったとのこと。それが目の前の国道47号整備により湯脈が荒れ、だめになったそう。
     私が泊まった日、毎年やってくる男性グループがおりました。碁の大会を開いて楽しんでいるそう。宿スタッフに聞けば、年末にかけては常連さんが数組湯治にやってくると言いますが、「昔に比べれば、とんと少ないよ」。
     ネット予約でき、素泊まりで湯を楽しめる格安の宿、と思えば、なかなかどうして良い宿だな、と感じました。

     蛇足ながら、浴室に置いてあったシャンプーは、宿が置いたのか客のものなのか、よく分からないものと思い、シャンプーは持参し、女性はシャンプードレッサーで洗髪した方が落ち着くと私感です。

     風呂は計3ヵ所、いずれも内風呂。硫黄泉と芒硝泉の2種類を味わえます。

    ◆混浴浴室

    混浴1混浴2
    混浴3混浴浴室脱衣所も男女の分け隔てがない造り
     浴槽は1つで、4~5人がゆったり入浴できる広さ。硫黄泉。泉温63.5度、pH7.1、蒸発残留物1,200mg/kg。


    ◆家族風呂

    家族風呂家族風呂脱衣所
     混浴浴室の隣にあり、泉質は同じ。浴槽は家庭並の大きさ。シャンプーが置いてありました。


    ◆男子浴室

    男子浴室1男子浴室2
    男子浴室脱衣所内湯にシャワーはなくても、シャンプードレッサーはあり
     浴室の広さを考えれば、他の客と一緒はちょっと照れる感じ。シャンプーあり。芒硝泉。泉温60.0度、pH7.6、蒸発残留物1,100mg/kg。廊下にシャンプードレッサーあり。

     8時から部屋で。

    朝食全景
    ・白米
    ・白菜味噌汁
    ・もずく酢
    ・切干大根
    ・笹かまぼこ、キャベツ千切り
    ・温泉玉子
    ・味付のり
    ・乳酸飲料

    全景
     夕食は18時から部屋で。一気出し。

    ロールキャベツ刺身
    (左)ロールキャベツ
    (右)刺身→まぐろ、甘えび、ほたて

    いろいろエビフライ
    (左)チキン、燻製玉子、キャベツ千切り、いちご
    (右)エビフライ

    そばおひつ
    (左)なめこそば
    (右)白米→おひつで

    漬物
     白菜漬

    外観玄関から望む
     鳴子温泉駅から徒歩5分くらい。姥の湯旅館の道を挟んだ向かいにあり、国道47号そば。20室。

    客室10畳+次の間?+縁側廊下から次の間があって客室に入る
    縁側茶菓子は、玉子屋の「わらび餅」
    アメニティーかわいらしい鍵
     通された部屋は1階やなぎ。廊下のふすまを開けると次の間があり、流し(ガスなし)と冷蔵庫完備。もう1つふすまを開くと10畳の和室が。暖房はこたつ、ファンヒーター。テレビ、ポットあり。窓際の縁側に洗面台。
     置いていないのは、バスタオル、ティッシュ。

    1階客室前の廊下(朝撮影)1階共同トイレ
     客室「やなぎ」から玄関は近く、共同トイレもそばにありました。

    石狩鮨880円
     新千歳空港の名物空弁。佐藤水産(佐藤食品)製造で880円。
     酢飯の上に、ずわいがに&銀鮭を敷き詰めています。袋に入ったがり、醤油、割り箸付。私は醤油をかけずに食すことが多いです。

     年末は3泊4日で宮城&山形の温泉旅。初日は鳴子温泉泊なので、ことし8月と同様の交通ルートで向かいました。

    JEX2904便からの景色
     仙台空港→仙台駅の市営バス12時50分が満席のため、5分後の便に乗り込みました。
     13時35分過ぎ仙台駅バスターミナルに着き、駅へ歩き、切符を購入し新幹線乗り場へ行くと、13時42分発やまびこ51号にはタッチの差で間に合わず。のんびり歩いてしまったようで、走ればOKだったかも、と反省。

    仙台駅
     仕方がないので駅前をぶらり散歩。仙台駅14時42分の、やまびこ53号に乗車し、古川駅14時56分着。1,580円。

    鳴子温泉駅
     陸羽東線普通列車15時11分で、鳴子温泉駅15時56分着。予定より1時間遅く着きました。
     同じ温泉宿に連泊・・・ 普段は土曜に1泊ばかりの私は、非常に魅力的な行為だな、と感じています。
     朝起きて朝食をとり、再びごろごろして、気がついたらもうお昼。ちょっぴりお腹も空いてきた、さて昼食はどうしよう、そして午後は何をして過ごそうか、などと考える瞬間が、後から振り返ると、非常に贅沢な時間の使い方だな、と思う次第。

     これまで、同じ温泉宿へ2連泊したことはあるんです。旅館大沼(東鳴子温泉・宮城 14年12月末18,000円)、瀧の湯(湯野浜温泉・山形 15年12月末31,000円)。
     いずれも年末に宿泊しています。私の場合、1年のうちでもっとも確実に休みをとれる時期なのです。

    2連泊した経験がある旅館大沼(東鳴子温泉)
     さて、ことしも年の瀬が迫っていますが、年末は湯治宿へ1泊、もう1つの湯治宿に2泊の計3泊を予定。どちらも初めて足を運ぶ宿とあって、冒険心がくすぐられっぱなしの昨今ですね。

    定山坊まんじゅう(8個入り)704円
     定山渓万世閣ホテルミリオーネ1階の「定山坊まんじゅう売店」で買い求めた1品。
     同ホテルの子会社(有限会社美泉)が製造しており、売店横で製造しているシーンを見ることができます。8個入り704円。
     あんこを包む皮がもちもちした食感。防腐剤を使わない生菓子で、12月23日製造の消費期限は同26日でした。

    今時珍しいカセットテープ
     夏目のり子さんという演歌歌手が歌う「定山渓みれん」と「北の港は女の涙」の2曲が収録されたミュージックテープ。カラオケ付で1,100円+消費税。キングレコードが販売しており、平成14年(2002年)発売。
     歌詞カードをみると、定山渓を舞台に、女性の悲恋を綴ってあります。「♪抱いて下さい この部屋で 湯の香みれんの 定山渓」。

     さて、聴いてみようと、久しぶりにコンポの電源を入れて、カセットテープを挿入、スイッチを押しましたが、ウンともスンとも言わない・・・コンポが壊れていました(苦笑)
     これを聴くためには、ラジカセを買わなければいけませんね。うーん。

    定山渓物産館にて
     定山渓物産館で購入。「カラオケアクセス30,000回突破」「全国で人気急上昇中のご当地ソング」と紹介してありました。


    ロッジ風の外観クリスマスリースを飾ってある
     11月下旬に電話予約。前回この宿に泊まったのは平成17年12月。1年振り10回目の投宿となります。定山渓の温泉街から歩いて15~20分の山の中に佇む1軒宿です。

     2人で宿泊しビール2本頼み、計14,905円。1人7,500円足らず。この宿泊料に対し、食事の美味しさ、館内全体の静寂な雰囲気、とても熱い湯、そしてご主人と女将さんのもてなし、どれをとっても満足。夕食をクリスマスバージョンを提供してくれるなんて、気が利いていますよね。
     本当はクリスマスだから、もっと高級な宿にしようと思っていましたが、やっぱりここにして良かった、と私感です。

    男性浴場で温泉談義に花を咲かせた
     22時過ぎ、男性風呂ではからずも温泉好きの人生の先輩方と温泉談義に花を咲かせました。湯船に腰を下ろし、時折おけで湯をすくって体にかけ、そんなこんなで2時間余り。これも「定山渓ランデブー」と言えましょう。

    ◆男性風呂

    窓が大きく景色が望める男性風呂どーんと湯船が1つ
     浴槽は1つ。3~4人くらい入れる大きさ。天井が高く、窓も大きいため、外の景色を拝めます。
     洗い場3つ。リンスインシャンプー、固形せっけんあり。

    男性脱衣所1男性脱衣所2
     脱衣所もシンプルです。


    ◆女性風呂

    小ぶりの女性風呂浴槽女性脱衣所
     女性風呂は浴室も浴槽も、他宿の家族風呂並みの大きさ。


    ◆休憩処

    休憩処1休憩処2
     男女脱衣所前に、休憩処があります。

     前回はこちら

     8時から食堂(テーブル席)で。

    朝食
    ・麦入り白米
    ・わかめ味噌汁
    ・肉なし肉じゃが
    ・こんにゃく和え
    ・湯豆腐
    ・にしん焼、かまぼこ、梅干
    ・とろろ&なめたけ
    ・味付のり
    ・漬物

     前回はこちら

    夕食基本膳
     18時から大広間で。

    海鮮サラダローストチキン&ローストビーフ
    (左)海鮮サラダ→えび、ほたて、つぶ、たこ、いか、レタス、ゆり根
    (右)焼き物→ローストチキン、ローストビーフ、三つ葉、ポテトパイ、エリンギ

    酢の物鍋物
    (左)酢の物→春菊、しめじ
    (右)ちゃんこ鍋→かも肉、赤魚、ほたて、しいたけ、まいたけ、えのき、豆腐、白菜、にら

    漬物
     漬物→なす、白菜、きゅうり


    ◆後出しメニュー

    洋皿おすまし
    (左)牡蠣のブルゴーニュ風→火を通した牡蠣、ブロッコリー、大根。牡蠣の器は細切りした揚ポテト
    (右)おすまし→ホッケすり身、白髪ねぎ、しいたけ

    デザート
     チーズケーキ、かぼちゃプリン、チョコレート

     きょうは「クリスマスイブイブ」を意識したメニュー、と女将さん談。

     前回はこちら

     コーヒーを飲んだ定山渓グランドホテルを出ました。

    いこい橋豊林荘外観
     国道230号から山道に突入し、豊平川にかかる「いこい橋」を渡って坂を登り切ったところに、きょう泊まる豊林荘があります。

    2階から玄関ホールを眺める2階ロビー
     北海道森林管理局保養所で、開業は昭和48年(1973年)。

    烏帽子岳10畳+縁側既に布団が敷いてある
    烏帽子岳からの眺め豊平川がみえる
    アメニティーは、バスタオルなし。宿ネーム入りタオルが姿を消していた・・・
     部屋は2階「烏帽子岳」。10畳+緑側。テレビ、暖房、ポットあり。トイレ、洗面所共同。冷蔵庫なし。
     窓外に豊平川や山々が見えます。

     前回はこちら

     紅葉亭を後にし、コーヒーを飲もうと、喫茶&軽食 フランセへ足を運べば「本日休業」の掛札が。定休日は日曜のはず・・・

    定山渓グランドホテル入り口
     ホテルの中に、喫茶ルームがあると思い、近くの定山渓グランドホテルに飛び込めば、予想通り1階に「Coffee エメラルド」がありました。

    席からの眺め
     広々とした店内でお客はゼロ。窓際の席に座り、景色を眺めながら貸し切り状態で、ブレンドコーヒー530円、コカ・コーラ480円をオーダー。コーヒーは煮詰まっていませんでした。

    紅葉亭玄関カウンター6~7人分、テーブル席(2人×4つ、4人×4つ)、小上がり3つ。
     定山渓ビューホテル向かいにある、昭和2年創業の蕎麦屋。味処おざわと棟続きの建物です。
     店内は予想以上に広くてきれいでした。

    もりそば(大盛)520円天ぷらそば750円
    (左)もりそば(大盛)520円。
    (右)天ぷらそば750円は、天ぷら(えび、なす、ししとう)が揚げたてでサクッとしていました。

     そばは自家製だそう。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。