札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆雄大な眺め 圧倒的存在感な巨大風呂

     個人で「静か」に泊まるのであれば、客室数は少ない方が良いよ、上限20~30室くらいかな。どでかい湯宿は旅行会社を通じてツアー客を呼んでいるしね、団体客と一緒の宿泊だったら、うるさくて嫌でしょう。

     これまでずっと、そう信じて疑いませんでした。個人客にとって、小さい湯宿=善、大きい湯宿=悪って。

    巨大ホテル
     そんな考えの下、客室399室の第一滝本館については「家族連れがバイキングに舌鼓を打ったり、グループでわいわいはしゃぐ湯宿かな」。1度も泊まったことがない当方が勝手に思うイメージでした。

     初めて宿へ足を踏み入れたのは、2004年(平成16年)。自遊人の無料パスポートで2回日帰りを体験したほか、ことし1月、滝本イン宿泊で第一滝本館の風呂を味わった次第。

    良い眺め
     巨大な浴室に圧倒されつつ、男性風呂の大きなガラス越しに眺める地獄谷は、雄大ですね。「ああっ」と感嘆のうなり声を上げてしまいそう。

     男女合わせて1,500坪(5,000平方メートル)、湯船35種類、泉質(源泉)7つ、毎分2,921リットル(6源泉の合計、1源泉は未記載にて不明)という巨大風呂。日ごろ泊まっている「こじんまり湯宿」では決して味わえない「圧倒的な存在感」「開放感」、もしくは「怒涛の勢い」を感じる風呂に心奪われました。白濁した湯、硫黄の香りが温泉気分を高めてくれます。

     そんな巨大風呂を目当てに、初めて第一滝本館へ宿泊しました。
     和食会席ダイニングを謳う食事処「湯の里」が半年前にオープン。個人客への対応充実の姿勢を感じるとともに、食事内容も気になりましたし。


    ◆賑やかな館内 高まる「わくわく」気分

     この湯宿、とにもかくにも大きいんです。改めて感じました。

     客室数399室は、仮に1室定員4人としておよそ1,600人収容可能。北海道の市町村人口(住民基本台帳3月末現在)で言えば、

     ①初山別村(留萌)1,460人 ②占冠村(上川)1,308人 ③赤井川村(後志)1,256人 ④西興部村(網走)1,180人 ⑤神恵内村(後志)1,090人 ⑥音威子府村(上川)927人

     の人口を上回り、上記の村は村民全員で泊まることができますね。

     投宿したゴールデンウィーク明けの土曜日は、音威子府村とほぼ同数の900人が宿泊したそう。

     ちなみに、従業員数は300~400人(パート含む)と聞きました。

    バブル遺産な大金棒は、B級チック
     館内には、ラーメン屋やスナックが軒を連ね、幅広い廊下では手相鑑定する人もいれば、屋台で虎杖浜産たらこの販売も。品揃え豊富な土産処は宿オリジナル商品も目立ち、購買意欲をかき立てます。
     からくりモニュメント「大金棒」(おおかなぼう)は、20年前のバブル期に設置。30~60分おきの演奏時は、たくさんのお客が集まり、記念写真を撮っています。

     家族連れ、ツアー客、アジア圏在住グループが闊歩している、そんな賑やかな光景をぶらぶら歩きつつ眺めていたら、「イオン」館内でウィンドーショッピングしている時のような高揚感を覚えました。「わくわく」な気分が高まる、という意味で。

     「大きい、ことはいいことだ~♪」という、高度経済成長の勢いを表現した名作CM「森永エールチョコレート」(昭和42~43年放映)のキャッチコピーが頭をかすめ、第一滝本館に当てはまるような気がするのは私だけかしら。

    昭和20年代の風呂 (絵はがき)
     ちなみに、第一滝本館は、1939年(昭和14年)の時点で、250室、1,500人収容を誇り、大浴場は男女合わせて700坪(2,300平方メートル)、浴槽30種で「東洋一の規模」をアピール。
     小さな旅館が高度経済成長に後押しされ、巨大ホテルへ変身したわけではなく、少なくとも70年前から巨大な湯宿のよう。

     一方、「客を宿内に囲い、温泉街は廃れゆく」旨の指摘が頭をよぎりましたが、登別の温泉街は北海道の中では活気ある部類と感じていますね。



    ◆ノンビリ食せた食事処「湯の里」

    当方が利用した仕切りありカウンター仕切りなしカウンターは、中庭に面している
    奥に仕切りありカウンターテーブル席(一例)
     食事処「湯の里」での食事は、静かにノンビリ食せました。こんなにいい雰囲気で、食事内容も総論で言えば「また食べたい」と思っただけに、あえて個人的に「大したことではなく、宿へクレームするレベルでは到底ないけれど、ちょっぴり心残り」だった私感を記します。

     温物(つみれ汁)と焼物(ステーキ)がほぼ同時に出されたため、先にステーキを食べながら、「つみれ汁」が冷めたら嫌だなあ、とハラハラしてしまいました。もっとも、つみれ汁はフタ付き陶器に入っていたため、冷めずにいただけましたが。
     あと、ステーキのタレが甘かったのですが、次に出てきた煮物(鯛兜つや煮)も甘い味付けだったため、「味がかぶっているなあ」と私感。それならば、ステーキの味付けはシンプルに塩コショウ、ガーリックだけで良かったなあ。などと、瑣末な極私的感想で恐縮です。

     食事内容は春夏秋冬で変えるみたい。期待します。


    ◆モノサシは1つだけではない

    中庭は散歩できる
     「湯の里プラン」は、休前日宿泊で2人泊1人20,625円(夏シーズン2,000円増し)。巨大風呂に関心がなければ、高いと思うかも知れません。グループや平日に泊まれば、安くなりますので、それであれば値ごろ感があるかな。その辺は、個々人の価値観や考え方次第で、見解が分かれるでしょう。

     湯の里プランの場合、きれいな本館に宿泊できますし、「滝本のひのき玉」という商品が1人1品ずつプレゼントされた上、つれの誕生日祝いとして、写真たて&手書きメッセージカードが客室テーブルに置いてありました。

     当方は「静かに食すメシ」「巨大風呂を堪能」と、宿泊前に思い描いたイメージ通り、つつがなく泊まり湯を堪能しました。

     なんだ、第一滝本館は2人で泊まっても、ゆったり楽しめるではないですか。

     数多くの湯客を目の当たりにし、「家族連れがバイキングに舌鼓を打ったり、グループでわいわいはしゃぐ湯宿かな」の印象に変わりはありませんが、「しみじみ湯と食事を楽しみたい個人客」も、プラン次第で大いに満足できる、との体感を付け加えます。

     個人客にとって、小さい湯宿=善、大きい湯宿=悪という考え方、宿選びの際、分かりやすいモノサシだけれども、世の中には、もっとたくさんのモノサシがあるのだなあ。どれを使うかは、あなた次第。
    スポンサーサイト
    ◆和食膳

    和食
    ・焼き鮭、かまぼこ、みょうが、大根おろし
    ・煮物→ふき、高野豆腐、きのこ
    ・うめ、こんぶ、焼たらこ
    ・ほうれん草おひたし
    ・温泉たまご
    ・漬物
    ・白米(おひつで)
    ・みそ汁
    ・グレープフルーツ


    ◆洋食膳

    洋食
    ・ベーコン焼、目玉焼2つ
    ・サラダ
    ・ヨーグルト
    ・グレープフルーツ
    ・アップルジュース
    ・パン→トースト、ロールパン、クロワッサン
    ・コーヒー

    眺望よし 夕食と同じ食事処「湯の里」で、当方指定の7時30分から。

     和食膳or洋食膳のチョイスは、宿泊予約時に行いました。

     卓上に冷水ポットあり


    ◆食事処「湯の里」

    エレベータを降りると、出入り口
     2007年(平成19年)秋、本館5階に食事処「湯の里」がオープン。

    出入り口から中を望むと、オープンキッチンが見える
     個人、小グループで、ゆっくり食事を楽しめる上、キッチンが併設されていますので、「あたたかいものは、冷めないうちに提供する」というのがセールスポイントみたい。1~2品ずつ、提供してくれます。

    壁で仕切られたカウンタースペース
     スタッフに通され、2人で食すスペースはここ。別の場所には、仕切りのないカウンター席もあり。
     ちなみに、4~6人テーブル席も個室チックに完備されているほか、10人以上の大テーブルも用意されています。仕切りでプライバシーは配慮している感じ。座席はすべて禁煙で、喫煙スペースが別途用意されてました。
     カウンター席32席、テーブル席22卓、大テーブル席2卓。

    最初にセッティングされた夕食たち
     出された前菜、いただきます。

     赤い折鶴と箸袋の「寿」は、つれの「誕生日」を祝してのサプライズでした。

     生ビール(プレミアムモルツ) ジョッキor中瓶735円、滝本オリジナルワイン(赤・白)フルボトル2,310円、ハーフボトル1,260円。他に飲物メニューあり。

    大浴場へ
     エスカレーターを2本乗り継ぎ、歩いた先に「大浴場専用エレベーターホール」が見えてきます。

    風呂前
    男湯脱衣所玄関
     上昇したエレベーターを降りると、そこは男女別の「温泉天国」です。本館7階2782号室から徒歩5分弱でした。脱衣所カウンター奥に女性スタッフが複数おり、夜半まで常駐しています。
     男女合わせて1,500坪(およそ5,000平方メートル)の湯処は、泉質7つ、湯船35種類だそう。

     脱衣所にバスタオルが大量に置いてあります。小さいタオルだけ、客室に置いてあるものを持っていくのが基本です。

    ずらり並ぶ温泉分析書

    ①【癒しの湯】22号泉 平成10年
    ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(含塩化土類-食塩泉)
    泉温56.8度 自然湧出(湧出量無記入) pH6.7 成分総計2.594g/kg 蒸発残留物2.577g/kg

    ②【きずの湯】1号甲泉 平成6年
    酸性-含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型) (含芒硝・食塩-酸性硫化水素泉)
    泉温95.7度 毎分73リットル 自然湧出 pH2.2 成分総計2.996g/kg 蒸発残留物2.769g/kg

    ③【熱の湯】20号泉 平成6年
    ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(含塩化土類-食塩泉)
    泉温77.3度 毎分230リットル 自然湧出 pH7.5 成分総計4.132g/kg 蒸発残留物4.133g/kg(原文通り)

    ④【万病の湯】14号泉 平成6年
    酸性-含硫黄・鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉(硫化水素型) (含硫化水素-酸性緑ばん泉)
    泉温59.3度 毎分120リットル 自然湧出 pH2.7 成分総計1.009g/kg 蒸発残留物0.813g/kg

    ⑤【鬼の湯】19号泉 平成6年
    ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(含塩化土類-食塩泉)
    泉温55.0度 毎分130リットル 自然湧出 pH7.1 成分総計2.504g/kg 蒸発残留物2.494g/kg

    ⑥【美人の湯】7号泉 平成6年
    ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(含土類-食塩泉)
    泉温56.8度 毎分68リットル 自然湧出 pH7.1 成分総計1.464g/kg 蒸発残留物1.313g/kg

    ⑦【美肌の湯】1号乙泉 平成11年→滝本インもこの湯
    酸性・含硫黄-(ナトリウム)-硫酸塩泉(硫化水素型) (酸性硫化水素泉)
    泉温69.3度 毎分2,300リットル 自然湧出 pH2.5 成分総計0.973g/kg 蒸発残留物0.878g/kg

     道立保健所シールでは、加水、加温、循環、塩素殺菌のいずれかに「該当あり」。宿に聞けば、加水しているそう。
     内風呂は夜中も入浴OK、露天風呂、サウナ、蒸気風呂は0~6時が閉鎖。露天ジャグジー(水着着用で混浴OK・・・温泉ではありませんが、地獄谷をドーンと望める穴場らしい)、プールは22~8時まで閉鎖。

     日帰り受付は9~17時、2,000円。大広間休憩は16時まで。

    撮影禁止
     内風呂、露天風呂ともに撮影禁止です。今回は特別に許可をもらってスタッフ同行の上で撮影しました。通常はスタッフへお願いしても撮影許可はおりない点をご承知おきください。

    出入り口
     さて、入浴です。

    外観
     客室数399室の温泉ホテルへ投宿です。当方が体験した宿泊プランは「湯の里プラン」といい、2007年(平成19年)秋、本館5階にオープンした食事処「湯の里」で、夕食朝食ともにゆったり食事を楽しめるのが特色。
     休前日宿泊で2人泊1人20,625円。夏シーズンは2,000円増し。平日泊、3~4人泊はもっと安くなりますよ。


    ◆本館7階「2782号室」

    本館7階廊下客室玄関
    きれい
     客室は10畳+縁側。

    広々
     こぎれいでした。

    まんじゅうようかん
    茶ポット
     充実した茶菓子サービスでした。

    鍵は2つ冷蔵庫
    浴衣、丹前、宿名入りタオル歯ブラシなど
     手ぶらでOKなアメニティー。

    脱衣所の左にウォシュレットトイレ脱衣所の右にバス
     客室に洗面台、ウォシュレットトイレ、バス付。

    中庭を望む
     客室からの景色も上々です。

    間に合う?
     8月オープンへ向け、ただいま予約受付中。

    健在
     ちゃんとありましたね。ことし1月、北海道洞爺湖サミットの影響を受け、撤去されるのでは、と心配していました。今後の動向にも注視していきます。

     登別温泉へ向かうスーパー北斗10号車内で食しました。

    カップ3つに、ごはん&具材
    980円
    ・サラダポークカップ→サラダポークカツ(赤井川産)、昆布佃煮(日高産)、白米(道産米)
    ・海鮮カップ→帆立貝柱炙り焼き(噴火湾産)、いくら醤油漬(網走産)、かにむき身酢漬、酢飯(道産米)
    ・黒牛カップ→牛煮込み(道産)、ホド芋(道産)、南瓜素揚げ(道産)、白米(道産)

     北海道産の素材にこだわっています。

     2007年(平成19年)に期間限定販売された駅弁。好評ゆえに、再び売り出されたそう。

    カード&お品書き付
     DMVのカードがもれなくついています。札幌駅立売商会、980円。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。