札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    看板&手湯
    外観
     131室すべてが洞爺湖畔に面しているそう。

     日帰り13~21時、700円。当方は、日帰り時間を知らず、12時20分に受付で入浴できるかどうか尋ねると、掃除が終わったのでOKとのこと。恐縮です。

    男性脱衣所
     脱衣場は広々。どことなく、くたびれた印象は気にしない気にしない。

     脱衣所掲示の温泉分析書(平成17年10月)によれば、源泉名「洞爺6・9・12・13号、共同1・2・3・4・5・6・7号の混合泉」。
     ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉の湯は、泉温47.0度、pH6.7。成分総計1.982g/kg、蒸発残留物1.376g/kg。湧出量は毎分1,430リットル(動力揚湯)。

    男性風呂見取り図
     各浴槽の湯使いを、宿手製の表で掲示している姿勢に好感が持てます。

    スポンサーサイト
    もりそば680円
     もりそば680円(俵おにぎり付)。幌加内産そば粉を利用しているらしい。食後はそば湯を堪能しました。

    外観
     洞爺湖温泉街に佇む、こぎれいなそば屋。

     気になったメニューは、ざるそば690円(俵おにぎり付)。もりとざるの違いって、「刻みのり」があるかどうかの違いなのですが、一般的にざるの方が、50~100円高いですよね。なので、当方は、いつも「もり」を注文します(笑)
     しかし、この店の場合、もりとざるの価格差はたった10円でした。次の機会があれば、ざるをオーダーしたいです。

     かけそば690円、天ぷらそば(温・冷)880円、天ざるそば(温・冷)1,260円、ミニ天丼&そばセット(温・冷)1,260円などなど。大盛り各種200円増し。

     営業時間11~17時、不定休。

    洞爺OS劇場の「OS」って、「温泉」を意味するのかな? 「関西」のソレって、どんな流儀なのでしょうか。

     「関東」「甲信越」「北陸」などという流派もあるのかな。「北海道」の場合、しがらみもなく開けっぴろげな「土地柄」が反映された、ダイナミックな舞いなのかしら。

     正直、さっぱり分かりません(苦笑)

     この看板、空き地に寝そべっていたのですが、サミット期間中もそのままなのか、それとも片付けられたのか、気になるところです。

     うーん、看板1つで悩ましげな雰囲気を醸しだすのですから、さすがプロ!(笑)

     閑話休題。

    客層
     警備、ボランティア関係者が宿に泊まっているのでしょうか。

    歓迎!
     二度と来ないこんな機会、地元は大歓迎。

    日帰り休み
     お目当ての大和旅館は、日帰り休みでした。

     街中はもっと賑わっていると想像していましたが、当方が訪れた際は、以前の日曜日のように、閑散としていました。

    これがホンモノ!
     洞爺湖畔で発見しました(笑) 時速80キロで湖面を疾走します。
     
    地元の子どもたちが「エコ」を訴えた文章や絵を提灯に表現
     北海道洞爺湖サミット開催まで、残り8日に迫った洞爺湖温泉の湖畔を歩きました。日帰り観光です。

    脱力感でいっぱいの表現
     オヤジギャグ満載の看板。チミット=ちょこっと、オミット=省略・・・

    望遠鏡は100円で90秒使用できる昭和な風情
     なぜかしら、「昭和」な観光地の印象を受けるのは私だけでしょうか。

    中山峠から望む
     札幌ターミナル8時発、洞爺湖行きの道南バスは、ルスツの遊園地へ行く若者で混んでいました。

    あげいも280円
     中山峠のドライブインで10分間の小休憩。名物のあげいもを買い求め、食します。

    引き波が良い感じ
     いとう温泉を出発したモーターボートは、対岸の支笏湖温泉街を目指します。

    天気には恵まれず
     舳先のはるか向こうに、温泉街があるはず。
     風が頬を撫ぜ、ちょっぴり寒いです。

    風不死岳は標高1,103メートル
     霧に包まれた風不死岳。

    到着
     乗船時間25分ほどで到着しました。

    モーターボート
     これが乗ってきたモーターボート。運営会社「ブルーノート」は、スキューバダイビング体験、釣りセットレンタル、そしてモーターボートによる支笏湖周遊を行っています。

     ちなみに、「支笏湖観光運輸」という会社が湖畔で、いとう温泉まで15分・1,300円と同社ホームページ&船着場で謳っています。最初はこれで宿へ行こうと、船着場のスタッフに頼むと、「いとう温泉の桟橋はぼろくて、高速艇が近寄れない。去年も1回も行っていない。丸駒温泉ならば行ける」と、乗船拒否でした。

     いずれにしても、支笏湖畔⇔いとう温泉のモーターボート移動は、「ブルーノート」という会社が対応しています。いとう温泉に頼めば手配してくれますよ。

     支笏湖畔に佇む客室11室の1軒宿。冬期間は営業していません。道道730号から宿へ下る坂道の除雪が困難なのが、その理由だそう。

     宿の美点を挙げれば、「レイクビューな客室」「開放的な露天風呂」「湖上レストランでのジンギスカン」ですね。3回目の宿泊でした。


    ◆眺めの良い客室は2階のみ

    支笏湖と風不死岳を望む
     2階客室からの眺めは、いい感じ。しかし、1階の客室だったら、支笏湖は拝めません。こだわるならば、予約時に確認したほうが良いでしょう。ちなみに、夕食を部屋食(1人1,000円アップ、会席膳です)にすると、配膳しやすい1階になることを、前回宿泊時に身を持って体験しました。


    ◆支笏湖望む露天風呂

    ボートで接岸し、勝手に入浴してはいけない
     無色透明のさっぱりした湯は、細工なしの源泉そのまま。
     支笏湖は入浴しながら直に望むことは出来ませんが、湯船を出ると一望できます。いい感じだなあ。


    ◆湖上で食すジンギスカン

    湖上のレストラン
     湖上のレストラン「鉄板処ベアーヘッド」は、スタッフが造った小屋で、ジンギスカン専用の食事処。

    ジンギスカン
     窓外に広がる支笏湖を眺め、湖畔に打ち寄せる波の音を聞きつつ、ジンギスカンを食すと、いかにも「北海道」な気分になります。


    ◆チップ釣りの船が30隻以上

    チップ釣り漁船がたくさん
     早朝4時に目が覚めて、窓外を見やると、支笏湖にチップ釣り漁船がたくさん浮かんでいます。数えると30隻以上。写真では、ごみのように小さく見えますが、実際に光景を目の当たりにすると、すごいなあ、と感じた次第。昔はもっと多かったそう。


    ◆総括

    道道730号から宿へ下る道のところにある看板
     札幌、そして新千歳空港から近いこの湯宿は、手軽に「北海道気分」を味わえる感じ。事実、本州からの団体客が日帰りで訪れ、「夜は大倉山ジャンプ台(札幌)を見に行くぞ」と、わいわい。車をみると、「堺」「宮城」も拝見しました。
     
     そんな喧騒も日帰り受け入れが終わった夕方以降、静かになります。客室テレビもろくに映りませんし(1階レストランのテレビは映ります)、何もすることがないという自由を得られますね。ケータイはOKでした。
     客室は掃除が行き届いているものの、かなりくたびれています。木造こじんまり湯宿ゆえ、壁の薄さもご愛嬌。そんな点を念頭に置きつつ、「また来たい」と思わせる底力がある湯宿だと私感です。

     
    支配人、奥さん&赤ちゃん、見送りありがとう!
     帰りはモーターボート(宿に手配してもらった、1人1,500円)で支笏湖温泉街へ帰りました。

    会場
     朝食は1階レストランが会場。

    バイキング
     バイキング! 7~9時の間、自由に食します。

    朝食
     飲物は冷水、コーヒー、ほうじ茶、牛乳。

    露天風呂出入り口
     早朝の露天風呂へ、足を運びました。

    通路
     細い階段を下りた先に、男女別露天風呂。

    看板
     6~8時に限り、男女を入れ替えます。

    出入り口。手前左に自販機あり
     宿の外に出て、100メートル以上歩いた先にある男女別露天風呂。22時以降は入浴禁止、翌朝6~8時に男女を入れ替えて入浴できます。男女別に脱衣所あり。

     館内レストランで夕食コース(宿泊料13,800円、10,650円)があるほか、湖上レストラン「鉄板処ベアーヘッド」で、夕食ジンギスカンというプラン(10,650円・ワンドリンク無料サービス)もあります。当方は後者を選んだ次第。
     宿泊料は休前日価格。平日はこれより安いです。

    「鉄板処ベアーヘッド」外観
     「鉄板処ベアーヘッド」は湖上に佇む、ハンドメイドな小屋。

    レストラン
     窓外に、支笏湖が広がります。

    夕食
    ジンギスカン鍋は、北海道の地形を模している
     清く正しく美しいジンギスカンをいただきましょう。野菜の上に、羊肉をのせるのが基本。

    のれん
     この宿、内風呂は1階にありますが露天風呂は宿の外に出て100メートルちょっと歩いた先に鎮座しています。

    湯口(男性内風呂)
     客室に置いてある平成13年7月の温泉分析書を読むと、源泉名「いとう温泉」は、泉温45.4度の自然湧出(スタッフに聞けば毎分100リットル前後らしい)、pH6.7、成分総計1.556g/kg、蒸発残留物1.336g/kg、ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(含土類・石膏-食塩泉)。申請者は株式会社ティーアールエス。

     源泉は宿の真下。何も細工していない湯が、湯船に注がれています。

     日帰り入浴可能時間10~16時。700円。

    道道730号沿いの看板
     支笏湖畔から宿の送迎車に乗り、今宵の宿へ。

    この先、急カーブあり
     道道730号を走り、丸駒温泉旅館の手前で左折。細い道を下ります。

    外観
     湖畔に佇む1軒宿が見えました。客室11室。


     カルデラ湖の支笏湖は、100年以上前に阿寒湖からチップ(ヒメマス)が移植されました。例年6~8月末のチップ釣り解禁期間は、釣り人で賑わうそう。
     全長20~30センチのサケ科ゆえに、サケと同じような赤身で、刺身、塩焼き、フライ、天ぷら・・・ いろいろな楽しみ方があります。

    外観
     チップ料理を楽しめる食事処は、支笏湖畔の商店街に複数ある中、女性スタッフの呼び込みにつられ、「寿」ののれんをくぐりました。
     営業時期は4~11月。冬期間はお休みの食事処ですが、1月下旬の支笏湖氷濤まつり期間中は営業しているそう。営業時間10時30分~22時。

     主要8ヶ国(日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、ロシア)の首脳が集い、「環境」をテーマに話し合う「北海道洞爺湖サミット」開催(7月7~9日)まで、2週間余り。

    警察車両
     阿寒湖畔で「あかん遊久の里 鶴雅」を運営している鶴雅グループが今春買収した支笏湖観光ホテルに、内地(本州)からサミット警備の応援に来た警察官御一行が貸切で宿泊しているそう。

     ここは洞爺湖ではなく、支笏湖です。しかし、支笏湖のある千歳市は新千歳空港を擁するためか、市内幹線道路沿いで警備にあたる警察官がたくさん。きっと、その方たちが宿泊しているのでしょう。

    いっぱい!
     そのため、支笏湖観光ホテルは日帰り入浴を7月中旬まで受け付けていません。このホテルは今冬に改修工事を行い、来春リニューアルオープンの予定。露天風呂付客室を設けたりして、高級路線で売り出すもよう。


    ジュニアサミット
     洞爺湖で開かれる本家のサミットに合わせ、日本政府(外務省)、ユニセフは、「J8サミット2008千歳支笏湖」を、7月1日から10日間、支笏湖畔で開催します。大人たちが国際問題を論議するのに対抗し、同じテーマを世界の子どもたちが「子どもの視点」でディスカッションするこの企画、2005年からスタートしたみたい。

     警察官、世界の子どもたち、そして観光客が闊歩する今夏の支笏湖畔は、いつにも増して賑やかになりそうですね。

    工事中
     2000年から休業していたホテル翠明閣は、対岸に佇む日本秘湯を守る会(朝日旅行会主催)加盟宿の「丸駒温泉旅館」が経営権を取得、現在改修工事中です。
     支笏湖畔に面し、客室8室、全室温泉風呂付。宿泊料1人30,000円以上という高級路線で、今夏オープンだそう。

     この宿、寅さん映画の舞台になっています。

    みずこ950円
     羅臼産のスケソウ卵を、虎杖浜の工場で加工した1品。
     「みずこ」とは、抱卵間近な卵の状態を示しており、要するに熟成が進んでやわらかいので、「水っぽい=みずこ」と呼ぶらしい。300g、950円。大漁番屋 虎杖浜で購入しました。

     お土産を買う前、虎杖浜温泉ホテルで日帰り湯(600円)を堪能しましたが、看板を含め以前と何も変化なしでした。ただし、温泉分析書は新会社届出による最新版に変更されていました。

    駅看板
     虎杖浜駅13時36分発の普通電車に乗り、苫小牧駅14時15分着。
     道南バス札幌行き14時30分で帰りました。

    国道36号沿いの看板 国道36号沿いに、「札幌みそラーメン」と記された大きな看板があります。インパクトのあるオレンジ色ですし、店舗の隣接地に、日帰りをやっていない旅館花翔苑も佇んでいるだけに、印象に残っている方も多いかも。

     いつかは食べてみようと思いつつ、なかなか足を運ぶ機会がありませんでした。
     今回、初トライです。

    外観
    みそラーメン700円
     みそラーメン700円。

     カウンター、小上がりあり。水はセルフ。みそカレーラーメン850円が気になりました。

    赤富士荘前の電信柱。ちなみに赤富士荘の閉館を知らせるビラ内容は、以前のものとは異なり、電話連絡先を明記していた
     例の物件(4LDK、170万円)だと思うのですが。でも、こちらは6LDKですね。新しい物件かしら。

    北吉原
     こういう書きなぐりのビラって、信じて良いのか、どうなのか、素朴な疑問です。まあ、あとは電話して商談次第でしょうか。

    さっきとは違う物件
     土地100坪、2LDK。いっぱい温泉付物件ありますね。

    ユニークな印象を受ける
     看板の背後に、虎杖浜から望む太平洋がドーンと見えます。

    味わいある筆跡
     白老町です。4LDK、400万円。

    温泉マークが怪しげ
     ホントに、ホワイトハウスな風情でした。

    白老って、なんでもあり?
     「温泉岩盤浴付」というのですが、普通の温泉浴槽はないのかな。

    男風呂出入り口
     前回、足を運んだ時は混んでいましたが、今回は当方1人だけで静かに湯浴みできました。

     湯上り後、入れ違いに湯客が続々やってきました。300円でリンスインシャンプー、ボディーソープ設置は良心的すぎますね。

    ダメ。ゼッタイ。
     味わいある看板が目白押しの街にやって来ました。日帰りで散策した次第。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。