札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆「おしまい」の湯宿へ

     8月のお盆過ぎ、新聞広告で10月末閉館を知りました。

    庭
     
     当方は、2004年(平成16年)12月26日(日曜)、オープンから8ヵ月経った頃に1泊経験あり。

     その時、感じた印象は、気取らないフランス料理は素直に美味しいし、意外に湯使いが良いという点。子ども連れ&男性のみの宿泊はお断りという「紳士淑女のオトナ宿」という姿勢も悪くないなあと思い、これで2人で泊まって1人13,590円は「また行きたいな」。
     しかし、あくまでこの値段は日曜・平日価格であり、土曜・休前日は2人泊で1人16,740円・・・ 「その値段だと、微妙だな」。夕食時にレストランでアルコールを頼めば、なんだかんだで宿泊代の合計は1人20,000円にはなりますし。

     土曜・休前日に安く泊まる方法はあったのです。宿ホームページを通じ「早割プラン」で申し込めば、日曜・平日価格でOKでした。予約しようかどうか、時々思うこともありました。
     ただ、当方の場合、土曜日曜に休めるかどうか、見えてくるのがいつもぎりぎりなため、なかなか早割プランを活用できず。

     そうこうしているうちに閉館が決まってしまったのですから、「いつまでも、あると思うな、親と湯宿」を痛感した次第。

     電話予約し、2回目の宿泊となりました。

    露天風呂の湯面に浮かぶ紅葉
     紅葉を愛でながら、露天風呂でくつろぎました。

    レストラン入り口
     夕食と同じレストランで。入口でスタッフに部屋番号を告げると、席へ案内してもらえます。朝食時は浴衣OK。

    レストラン
     チェックイン時に希望を告げた7時30分から。


    【ジュース】
    ジュース
    ・フレッシュオレンジジュース
    ・豊富産牛乳
    ・生パイナップルジュースとそのシャーベット


    【おかゆ】【サラダ】【ゆふらん卵】
    おかゆ
    ・炊き立て7分粥~7種の薬味
    ・白金豚の自家製ボイルハムと水菜のサラダ
    ・温泉玉子にパセリソースとキノコのクリームソース

     おかゆ&薬味のおかわりOK。


    【カフェオレ】
    カフェオレ
    ・カフェオレ(苦手の場合は、スタッフに言えばコーヒーに変えてもらえる)

    看板
     登別温泉の地獄谷は、「鬼火の路」と称し、このようなライトアップを今年(2008年)は、6月1日~11月30日(19時半~22時)まで開催。要するに、夜でも散策できるよう照明がある、ということですね。

    写真スポット
    第一滝本館が見える
     なんだか、昔々のテレビ番組「ウルトラQ」を観ているような感じ。怪獣と戦う場所にぴったりな風景に感じました。

    いい
     夜の登別観光も、素敵です。

     夜の登別温泉街へ繰り出しました。

    パブ ボニータ
     絶賛営業中ですね。

    パチンコ
     ネオンがまぶしい次第。

    貴泉堂
     いい風情です。

     それにしても、エンマ大王からくりの前には、黒山の人だかり。みんなわいわい言いながら、エンマ大王が動く様子を写真に収めていました。

    夕食
     当方指定の18時30分から、1階レストランにて。夕食時は浴衣禁止、普通の服で。
     食事の進み具合に応じて、料理を提供してくれます。お品書き付。

     瓶ビール800円、セットワイン(2杯)1,995円、シャンパン(ヴーヴクリコ)1杯1,210円、フルボトル7,875円、ワイン(2006年シャルドネ・ミシェルラロッシュ)1杯840円、フルボトル4,515円。

     上記飲物は、当方がオーダーしたもの。すべて「グラス」で頼んでおり、フルボトル値段は参考までに記載。このほか、飲物はいろいろありましたが、メニュー表はすぐ下げられたので、イマイチ覚えていません。

    看板
     2004年(平成16年)4月オープン。

    温泉&フランス料理
     「フランス料理を箸でいただく」をアピールする、全32室の湯宿です。

    売り地
     定山渓温泉・王子製紙の保養所が取り壊されて更地になり、売りに出されていました。「温泉権利付」が魅力ながら、1,800坪の土地はおいくらかしら。
     これは個人というよりも、どこかの企業が買い、温泉宿を建てて経営するのが合っている感じです。

    鳥居
     国道230号沿いの鳥居から坂道を歩き、ちょっと奥へ入ります。

    狛犬
     本殿が見えてきました。

    木造神明式本殿 定山渓神社は1905年(明治38年)建立。

     守護神は天照皇大神、祭神は大巳貴神ほか5柱。

     1950年(昭和25年)に、定山渓温泉の生みの親、実泉定山命を合祀しました。

     2年前の9月に行われた祭典の様子はこちら

    看板
     賽銭泥棒対策のよう。本当にカメラありました。


    ミリオーね
     国道230号沿いに佇む、定山渓万世閣 ホテルミリオーネ(312室)の3階にある「居酒屋 北の国」。宿泊者以外でもぶらり立ち寄って食事できます。

     営業時間は、昼の部12~14時半(オーダーストップ14時)、夜の部16時半~1時(同0時半)。

     今回、昼食をとりました。初めてのれんをくぐります。

    翠山亭倶楽部定山渓は、朝だ!生です旅サラダ(朝日放送・土曜朝8時)で紹介されていた
     翠山亭倶楽部定山渓の宿スタッフが総出で、庭園内の枯葉拾いをしていました。

    自然の中に売り看板
     2LDK370万円。マンション住民共同の大浴場に加え、室内の風呂も温泉なのが魅力。

     過去に思ったことは、こちら

    白糸の滝
     水量が多めでした。

    看板
     この看板は以前からありました。

    新しい看板
     こっちは新作ですね。

    二見吊橋
     なんとなく、秋っぽい印象。

    つた
     つたも色づいていました。

     日帰りで紅葉を拝見しようと定山渓へ。小金湯温泉を過ぎた辺りから渋滞になりました。3連休の初日だからでしょうね。

     定山渓をあちこち散策しましたが、9日(木曜)の雨のせいか、既に枯葉が舞い散っており、見ごろのピークは過ぎた感じ。

     昨年、定山渓の紅葉は、錦橋かっぱ淵で、いい感じでした。

    外観
     日帰り11~17時まで可能。1,000円でバスタオル&タオル付。当方はJR白老駅で8月ゲットした「2008しらおいイベントクーポン券」を活用(有効期間ことし11月末)、半額の500円で入浴しました。

    露天
     内風呂、露天ともに循環塩素殺菌。内風呂は塩素臭が気になるかも。

     平成6年3月の温泉分析書によれば、源泉名「住友8号井」は、ナトリウム-塩化物泉。泉温48.8度、毎分250リットル(動力揚湯)、pH8.1、成分総計2.265g/kg、蒸発残留物2.070g/kg。

    太平洋を望めるロビー
     太平洋を望むロビー。その横のレストラン望洋で、土日限定ワンコインランチ(500円)をいただきます。受付11~14時まで。

    海鮮丼
     海鮮丼500円は、いくら、いか、錦糸玉子、のり、そして生卵。みそ汁、漬物付。

    ビーフカレー
     ビーフカレー500円は、福神漬、ラッキョウ漬、柴漬が食べ放題。

     日帰り入浴はそこそこ繁盛しているようですが、レストランは空いてました。こちらの席からも太平洋が拝め、穴場な食事処でした。女性スタッフの応対もいい感じ。

    売家
     あの温泉民宿は、売りに出されていました。

     「10月11~13日と続く3連休の前週だから、土曜でも空いているかも」。そう思い、宿泊希望日の2日前、電話したところ、予約できました。この湯宿で一番安い12,750円での宿泊です。
     予約時に「(一番安い宿泊代なので)6畳の部屋ですが宜しいですか」と訊ねられ、どうぞどうぞと了解していたのですが、当日は8畳間に通され、嬉しいサプライズ。この日、満館ではなさそうだったため、配慮してくれたのでしょう。

     2006年(平成18年)2月以来、2回目の宿泊です。



    ◆灰皿、急須・・・こまめに換える、仲居の気配り

    漬物
     チェックイン後、仲居さんに通された客室のテーブル上に、二段重ねの箱があり、蓋を開けると、漬物とゆべしがありました。
     「漬物は自家製ですか」と聞けば、「いやいや、(市内の専門店から)買ってるんですよ。(登別の)他の宿では、(自家製漬物が)あるみたいですね」。屈託のない仲居さんの笑顔な回答です。ちなみに漬物、美味しいなあ。

     夕食朝食ともに部屋食ゆえ、仲居さんが客室を出入りするのですが、灰皿、急須、ポット、冷水・・・ こまめに取り換えてくれます。ありそうで、なかなかない対応ですね。部屋食を実施している「それなりな値段」の湯宿は、見習ってほしいなあと私感。
     ちなみに仲居さんは担当制ではないので、配膳してくれる仲居さんは複数体制ですし、朝食時は昨日とは違う仲居さんが応対してくれました。

     夕食中、ベージュ色の着物が似合う女将さんが挨拶にきました。「食事はいかがですか」というので、当方は「1品1品味付けが見事に異なり、食べ飽きずに食が進む」旨を伝えました。「なにかご不自由がございましたら、いつでも女将まで申し伝えてください」。女将さんはポンっとお腹を叩きながら、言います。挨拶の時間は1分程度でした。

     うん、やっぱり花鐘亭はなやは、女将さんも仲居さんも、飾らないなあ。



    ◆湯使いこだわる姿勢

    内風呂
     客室21室に対し、浴室はいささか狭いですね。内風呂、露天ともに小ぶりの浴槽1つで、洗い場4つ。夕方は6~7人入浴していましたが、ぎっしりな印象です。

     しかし、宿泊客全員が何度も何度も入浴するわけではありません。夕方のラッシュ時以外、湯客はせいぜい1~2人、夜中は貸切状態でした。

    シュールな絵
     地獄谷から引き湯している温泉はバルブ調節で、浴槽内の泉温を42度にキープ。そのため、男性風呂は男性スタッフ(女性風呂は女性スタッフ)が、1時間おきに泉温チェックしに来ます。「いやー、さすがに夜中はしませんので、熱かったらかき混ぜてください」(ある男性スタッフ)と言いつつ、夜中の3時半に1人入浴していたら、別の男性スタッフがしっかり泉温チェックに。「お早いですね」「いやいや」。

     「検温中」という看板は、夜中に男性スタッフが(誰も入浴していない)女性風呂をチェックする際に立て掛けているみたい。 



    ◆美味美食な料理に舌鼓

    酢の物
     夕食のお品書きに沿い、何品かは後出ししてくれます。宿泊代がアップするにつれ、お品書きにないメニューが提供。当方は一番安い12,750円でしたので、お品書きに記された内容通り。アルコールを飲みながら食し、量的にはちょうど良かったと、あくまで私感です。

     内容、質は写真の通り。決して派手ではなく、1品1品手が込んだ料理を、この宿泊代でいただけるのですから、ありがたい限りです。



    ◆総括

     当方は「美点」と思っていても、ある方は「欠点」と感じるケースだって日常茶飯事。その逆もあるのは言うに及ばず。
     宿の良し悪しを語るって、「他人様の良し悪しをアレコレいう」くらい、評価基準という名のモノサシは十人十色であり、「ボクは好きだよ」「ワタクシは嫌い」とさまざまな意見があるでしょう。モノサシすらなく、感情や直感で物申すことも珍しくありません。

    庭
     ですから、当方は「こじんまりした浴室が落ち着き、何より湯使いが良い」と感じていますが、「風呂は大きい方がいいなあ」というのであれば、他の宿をチョイスした方が良さそう。

     「客室にやってくる仲居さんや布団敷きスタッフ、そして女将さんと、いろいろ会話できて楽しかった」は、視点を変えれば「食事の配膳やふとん上げ下げで仲居さんが客室を出入りするニッポンの正統派宿は、どうも落ち着かない。誰にも邪魔されず、しっぽり過ごしたい」の人もいるでしょう。

     当方は、また来たい、と感じています。ただ、それだけです(笑顔) 


    ゲストカード
     宿泊代を「現金」で支払うと、ゲストカード(発効日から2年間有効)という名のスタンプカードを1人1枚くれました。1泊するとスタンプ1個押してくれ、次回以降の宿泊で1個=1,000円引き。何個か貯めてから、どーんと使うこともできます。
     ただ、土曜日や祝日の前日、年末年始、GW、盆は割引しない・・・ 当方はあまり活用できないですね。

     前回の雑感は、あちらこちら

    ほうじ茶&梅干
     朝食前に男性スタッフが布団を片付け、入れ替わりに仲居さんがほうじ茶と梅干を用意してくれます。梅干に砂糖をつけて食すと意外に美味しいという真実を、この湯宿で知りました。

     続けて、当方指定の7時半から、客室で朝食。

    朝食
    ・さば焼、かまぼこ
    ・いか刺身
    ・おくらとビーンズの和え物
    ・わさびかずのこ
    ・すじこ、大根おろし
    ・白菜おひたし
    ・固形鍋→かに玉子スープ(沸騰したら溶いた卵を投入。白米を入れ、雑炊という手もある)
    ・白米(おひつで)
    ・わかめみそ汁
    ・のり
    ・漬物

    基本膳
     当方指定の18時から、客室で。

    部屋食
    秋の献立(9~11月)
     メニューは年4回ペースで変えるそう。9~11月は「秋」メニュー。女将さんは達筆ですね。

     まずは食前酒の巨峰ワインで乾杯。1泊12,750円の夕食を楽しみましょう。

    のれん
     男女浴室ともに、内風呂と露天が各1つ。夜中0時半~1時の間に清掃し、男女入れ替えします。朝は9時半まで入浴OK。

     日帰り11~16時、700円。

    天然温泉
     昭和63年の温泉分析書によると、源泉名「1号乙泉」は、泉温65.8度の酸性-含硫黄泉・(ナトリウム)-硫酸塩泉(硫化水素型)。pH2.4、成分総計0.989g/kg、蒸発残留物0.923g/kg。

     地獄谷に自然湧出している源泉を引き湯し、タンクに貯めてからバルブ調節で湯をかけ流し、夏の暑い時期を除き加水していないそう。もちろん、循環ろ過、塩素殺菌はしていません。

     源泉名「1号乙泉」は、第一滝本館では「美肌の湯」と呼ばれ、滝本インでも味わえます。
     滝本インの湯は透明ですが、花鐘亭はなやの湯は、細かい湯花が霧のように舞い、にごり湯状態ですね。引き湯している最中に空気に触れたからかな。

    玄関前
     4階建て21室の湯宿。

    玄関
     玄関で靴を脱ぎ、素足で館内を歩きます。

    フロント&ロビー
     フロント、ロビー、土産屋がコンパクトにまとまっている感じ。

    休憩&喫茶コーナー
     休憩コーナー。新聞、雑誌、書籍が少々。

    パブボニータ、いつかは行ってみたい 登別温泉街の名物看板(私感)は、健在でした。

     北海道洞爺湖サミット開催に伴い、「浄化作戦」の名の下に、取り外されてしまうのでは・・・ いらぬ妄想をたくましくしていました。


    滝乃家
     新装オープンした滝乃家の外観を拝見。いつかは宿泊チャレンジしたいと思いつつ、今宵の湯宿へ向かいました。

    奥に祠がある
     マナーは守りたいものです。

    公園というよりイベント会場な印象
     バス停「第一滝本館前」で降りると、目の前に泉源公園が広がります。2008年(平成20年)7月20日、登別パラダイスという湯宿の跡地に、オープンしました。

    広場
     3時間おきに活動を起こす、間欠泉が楽しめます。掲示によれば、活動時間50分、噴き出す高さ8メートル、温度80度、湯量2,000リットルだそう。ただし、何時頃に間欠泉が噴出するか、情報の記載はありません。まだ、把握し切れていないのかな。

    間欠泉
     当方が着いた時、活動の真っ最中でした。2~3分で活動を終えましたが。

     しかし、噴き出す高さ8メートルということは、写真のような、せいぜい1メートルの噴出は、活動最後の弱弱しい状態なのでしょうかね。気になった次第です。

    湯澤神社の紅葉
     5月の第一滝本館宿泊以来、5ヵ月振りの登別温泉。きょう泊まる湯宿にチェックインする前、ちょこっとだけ散策しました。

    1,130円
     谷口ファームの「ふらの和牛」を富良野ワインで煮込んだという味付牛ももが3枚。「秘伝のたれ」をかけて食します。
     付け合せに、チーズフライ、長芋揚げ、かぼちゃ揚げ、牛肉しぐれ煮、かぶ漬。798カロリー。

    黒光りしたパッケージ
     ゴージャスな印象のパッケージです。札幌駅立売商会、1,130円。2008年10月3日(金)販売スタート。当方は運良く、販売翌日にありつけたわけです。

    700円
     やまべ5貫、鮭3貫にガリ、醤油。パイン、チェリー付。小腹を軽く満たせるボリューム。ビールのつまみにもってこいかも知れません。

    細長いパッケージ
     細長いパッケージ。札幌駅立売商会、700円。

    | ホーム |