札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    うに丼3,600円
     おたる栄六 (小樽市花園町1丁目)で食べた。

    栄六にぎり2,100円
     寿司も美味い。

     イカの沖漬もお気に入り。土産に買い求めた。

    高級宿が「超破格プラン」

     「あー、あのニシン御殿ね」
     「めったやたらに宿泊料が高いでしょう」
     「高級すぎて落ちつかない感じ」
     「金持ち御用達の宿だろう」
     「そんなところに泊まるって、いいご身分ですな」

     JR札幌駅から快速電車に揺られ30分、観光都市・小樽の高台に佇む銀鱗荘の印象を周囲に問えば、こんな答えが返ってくる。本館和室1人40,000円超だけに、未曾有の経済不況と言われる昨今、「だれがそんな高級宿へ泊まるか」と嫉妬めいた気持ちも芽生えがち。
     いわゆる「高嶺の花」な温泉宿と言えよう。

    手入れの行き届いた中庭
     当方は昨夏、清水の舞台からバンジージャンプする覚悟で初めて泊まった。温泉宿への宿泊を生きがいとする札幌市民にとって、まずは近場の高級宿で何かしら学びたいと思ったからだ。そして、感動した。大枚はたいて悔いなし、と。
     しかし、宿泊料がネックとなり、もう足を運ぶことはないな。そう思っていたら、つれが突然言う。「銀鱗荘、今年も予約したよ」。話を聞けば、銀鱗荘は今年から「隠し部屋 超破格プラン」(1日限定1室)を企画。1人25,000円って、通常の40%オフとなるみたい。
     このプラン、「客室に難あり」のようだが、食事やもてなしは、普通の料金と変わらないと謳う。



    客室に「難なし」

    テラス
     これが隠し部屋だ。和室15畳にテラスもあり、客室から「日本海が見えない」「トイレと洗面所がない」という点は、気にならない。40,000円で泊まった本館和室と、そん色ない造りと思う。「大浴場に近いので湿度が高いですよ。宜しければ、寝るときは唯一空いている本館洋室を自由に使ってもらっても構いませんから」(スタッフ談)。
     わざわざ、本館洋室まで連れて行ってもらい、その客室を拝見したが、ビジネスホテルプラスアルファな広さをみて、やんわり辞退。隠し部屋には除湿機のほか、クーラーまであって、空調は快適だったと言っておく。客室に「難なし」。




    フレンチも美味し

    レストランを望む
     グリル銀鱗荘で食すフレンチな夕食、2時間余かけて、1品ずつ運ばれてくる。ああ、これはスバラシイ。今宵泊まった17組くらいの客のうち、フレンチを食したのは、当方1組のみ。他の2組は夕食のみ食べに来た外来客だった。
     客室または別室個室で食す和食も、いい感じだったりする。




    実は混浴

    0であい
     男女別に露天風呂があるが、男性露天風呂は、「混浴」の仕掛けがある。夫婦やカップルで泊まるのであれば、これは嬉しい。
     ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、泉温51.3度、pH7.3という湯は、内風呂は循環&塩素殺菌、露天は塩素殺菌のみだったりする。事前に塩素投入の情報を仕入れたため、強く信じることで肌がむず痒くなってくるケースもあるのかも知れない(これもプラセボ効果と言って良いのかな)。ただし、内風呂の湯をすくって匂いを嗅いでも塩素臭は感じないだけに、そんなに通ぶらず、気にしなくても良いかな、と私感。
     銀鱗荘に「ホンモノの湯」が注がれていれば、これはスバラシイことながら、湯宿を人間に置き換えれば、家柄、人柄、経歴、職業、収入、そしてイケメンかどうか・・・ すべて揃う人間は滅多にいないから、湯宿に対してもパーフェクトを求めるのはキツイかな、なんて思ったりする今日この頃だ。
     ちなみに、新館の客室には温泉風呂が併設されているため、大浴場は空いている。貸し切り気分を味わえた。




    敷居の低い湯宿

    ステンドグラス
     この湯宿に「女将」はいない。着物を着こなした仲居さんが大勢いるのと、受付担当な洋装の女性スタッフがいる。そして男性スタッフ、支配人の陣容だ。オーナーは東京の出版社社長という。
     通常であれば、1人40,000円超、温泉風呂付の新館だったら50,000円以上で、10万円という客室もあるというから、ホントに高級宿だ。
     これまで、この宿へ安く泊まる裏技として、本館洋室(ツイン)1泊朝食付21,150円+グリル銀鱗荘フレンチディナー3,675円=24,835円という手もあった。でも、これでは客室は狭く夕食の品数が少ない。
     今回、当方が泊まった「隠し部屋 超破格プラン」25,000円は、要するに「日本海が望めない」「トイレと洗面所がない」という15畳の広い和室に通されるだけであって、食事は40,000円の客室となんら変わらない。うん、これはお得だな。

     一見すると高級でセレブ御用達の湯宿のように感じるが、ニコニコ感じの良いもてなしから、実は敷居が低いと感じている。高級宿ほど「客を選ばない」「客の顔を見て対応を変えない」と思う次第だ。駐車場は「わ」ナンバーが目立ったし。定山渓や登別の同様な高額宿に泊まるより、130年を超える木造建築物、良質なもてなし、美味な食事を味わえるとあって、一度はチャレンジすると「勉強した」という気分が味わえよう。

     そして、銀鱗荘に泊まってみて思う。10,000円以下の湯宿が、いかに頑張っていて、リーズナブルに宿泊を楽しめるかを。

    朝食
     メニューはデジャヴ(仏・既視感)? 本当は昨夏に経験あり。

    朝食デザート
     ごちそうさまでした。

    レストラン
     この湯宿、客室または別室個室で、「和食」をいただけるのだが、昨年泊まった時と今年のメニューは、がらり変わった内容ではないらしいので、予約時に「フレンチ」を頼んだ。
     チェックイン前にお茶した「グリル銀鱗荘」にて。1品ずつ供され、アルコールを飲みながら、なんだかんだで2時間強、夕食を楽しんだ。お品書き付。

     グリル銀鱗荘でティータイムを味わった後、スタッフの誘導で廊下づたいに宿へ移動。勝手口から宿へ侵入した気分になった。表玄関で客をもてなす着物姿のスタッフによる歓待は受けなかったものの、廊下を歩く当方に、フロントスタッフが駆け寄ってきて、対応してもらう。

    銀鱗荘マーク
     銀鱗荘はお高い。本館和室で1人42,150円なのだ。昨夏、背伸びして投宿し、ゴージャス気分を味わったが、もう泊まることはないと思っていた。
     ところが、客室限定で40%引との宿企画を拝見。後先考えず飛びついたわけだ。

     今宵の湯宿へチェックインする前に、こじゃれたフレンチレストラン&カフェで、一服した。温泉旅館の銀鱗荘に併設しており、宿泊客でなくても、普通に楽しめる。

    ケーキセット1,050円
     本日のケーキセット(ガトーショコラ)1,050円は、もちろんコーヒー付。

    ・銀鱗荘オリジナルブレンドコーヒー 525円
    ・エスプレッソ 420円
    ・カプチーノ、アイスコーヒー(季節限定)、紅茶、仁木産無添加ジュース 各630円
    ・生ビール、グラスワイン(赤、白) 各525円

     などなど、飲物単品は思ったほど高くない印象だ。

    グリル銀鱗荘
     他のテーブルでは、明らかに品の良いマダムグループがナイフとフォークでフレンチを食していた。いかにも敷居が高そうなシチュエーションながら、親しみやすいスタッフが、こんな当方に対してもわけ隔てなく応対してくれるから、妙に落ち着く。
     「いろんなお客様が来ますよ。男性1人でランチを楽しまれる方もいらっしゃいます。お気軽にどうぞ」(スタッフ談)。



    ランチ 11~14時(平日は11時30分~)→ぶらり訪問OK
    ・Aコース 2,625円 前菜 肉or魚料理 デザート 飲物
    ・Bコース 3,675円 前菜 肉料理 魚料理 デザート 飲物
    ・特製ビーフカレー 1,680円(飲物orアイスクリーム)

    和食ランチメニュー
    ・季節膳 3,675円
    ・お造り膳 2,625円
    ・鰊鎌倉重 2,100円
    ・カニクリームコロッケ(豆乳入り) 1,890円
    ・煮麺 1,575円

    ディナー 17~18時30分→※要予約
    ・Aコース 3,675円 前菜 メイン料理 デザート 飲物
    ・Bコース 5,775円 前菜 魚料理 肉料理 デザート 飲物

     JR札幌駅ホームの立ち食いそば屋は、2社が参入しており、「駅そば」文化を守りつつ、互いにしのぎを削っている。
     そんな中、両社ともに夏メニューを登場させた。北海道と言えども暑い季節柄、あたたかいそばは客離れにつながるだけに、冷たいそばで客を繋ぎ止めようと、経営努力がうかがえよう。




    【北海道ジェイ・アール・フーズ】

    夏季限定メニュー
     えっ、もりそば? 立ち食いそば屋で?!




    【札幌駅立売商会】

    夏メニュー
     冷やしメニュー3連発に、思わず頬がゆるむ。地味に、あたたかい山菜そばが復活していた。

    札幌まで4時間。飲むしかない(笑)
     鶴居村の「喫茶 支雪裡」で1時間以上くつろぎ、時計を見ると14時過ぎ。店を後にして「日帰り入浴しようかな」と、ホテルTAITOの駐車場に車を停めるも、お腹一杯&少し疲れたため、釧路方面へゆっくり車を走らせ、駅レンタカーを返した。

     釧路駅16時17分発のスーパーおおぞら12号に乗り、札幌駅20時13分着。道東1泊2日弾丸ツアーは無事終了した。

     今回入浴した、野付湯元うたせ屋オーロラファームヴィレッジの湯は、ともに個性があって素晴らしいと感じた次第。
     旅のアドバイスをいただいたみなさんに、改めて感謝申し上げます。道東が好きになりそうです(笑顔)

    支雪裡=しせつり
     店がどこにあるか分からず、さんざん迷ってしまった。腹ペコの当方は先に発見した「ハートン・ツリー」の方角へハンドルを切りたくなったが、つれが「とても気になる、行きたいな」と呟くので、よし! そこまで言うならば、行きましょう、と探し出した次第。
     国道274号沿いの案内板を見落とさなければ、次回はスムーズに訪問できるだろう。

    喫茶店
     営業日は、金、土、日、祝日に限定。10時半~18時。

    湯面はツヤツヤした色合い
     1,000メートル余りボーリングしたら、湧き出てきた湯だそう。

     2008年(平成20年)2月の温泉分析書を拝見すると、

    ・源泉名「オーロラ」
    ・アルカリ性単純温泉
    ・泉温43.6度
    ・ph9.4
    ・成分総計0.260g/kg
    ・毎分94リットル、自噴

     いわゆるモール泉で、色艶の良い紅茶色の湯は、見ているだけでウットリ。肌触りは非常にツルツルして、湯力を強く感じる。

     日帰り10~21時。500円。定休は第1、3火曜だが、冬期間は天候や道路状況によりこの限りにあらず。

     2011.04.29 宿泊しました。

    牧場と空
     別海町は酪農が盛ん。

     野付半島を観光した後、車で国道244号に出た。左折して10分ほど南下したら、あっという間に別海町尾岱沼地区へ到着。漁港(第2種)を持つ漁師町だ。釧路からまっすぐ走れば、中標津、標津経由で120分程度で到着するそう。


    真新しい湯宿

    看板
     もともと戸田旅館として、創業60年の歴史を持つ。2008年(平成20年)2月リニューアルオープンした。
     外観も中身も、とにかく真新しく、館内は素足で歩ける。ロビー周りは囲炉裏があったりして民芸調。本館12室(禁煙)は分からぬが、泊まった別館6室(喫煙)の客室は、ちゃんとリフォームしてあるが、ところどころに昔の名残を感じ、それがまた落ち着く。ちなみに、港町に佇む湯宿であるが、どの客室からも海は拝めないので、悪しからず。





    石油臭感じる自家源泉

    湯口
     正直いって、湯は期待していなかった。ところが、地下1,200メートルから湧く自家源泉の湯は、加水しているが、ほんのり石油臭を感じ、病み付きになりそうな予感がする。いわゆる食塩泉とあって、湯上り後もポカポカで、なかなか侮れない。
     木のぬくもりを感じる浴室は、小ぎれい。「うちの風呂は狭いので、日帰りは受け付けていないんですよ」という経営姿勢も、宿泊客の視点で言えば好印象だ。18室ある割には、確かに浴室は狭いなあ。




    花咲ガニほお張る せかせかと

     北海道の湯宿で「毛ガニ」が出ると、「またまたカニですか」とトーンダウンするのだが、「花咲ガニ」となれば話は別。あまり食したことがないから、単純に物珍しい気持ちに加え、「ご当地の特産物」というありがたさも感じる。宿ホームページによれば、花咲ガニは6~10月末までの提供らしいが、実際のところを聞き忘れた。
     ほお張ってみると、独特の甘味というかコクというか、オトナの味わいがするなあ。もっとも、堅い殻をはさみで切って身を取り出す作業は、面倒くささともどかしさを感じてしまうのは性格のせいかしら。

    現地では1,000円以下で購入可能(大きさは分からないが)
     で、他の夕食メニューも、旬の北海しまえび&地元産ほたてが供され好ましい。ただし、「一気出し」だけに、あたたかい天ぷらは冷める前に食べようとあせったし、席に座ってすぐにスタッフが「もう点けちゃいますね」と固形燃料に火を入れたため、こちらも冷める前に食べなければ、とあたふたする始末。
     せかせかした気分で食を進めてしまった上、花咲がにに手間取っていらいらする・・・ ああ、こんなに美味しそうな料理なのに、当方の気の持ちようがイケナカッタ。花咲がにの足を2~3本残し、小1時間で客室へ帰った。
     せめて固形燃料の火は「自分で点けますから」とスタッフへ伝えれば良かった。そして思った。メニューを少しずつ後出ししてくれる湯宿の素晴らしさを。




    野付半島観光のベースに

    トドワラ
     これで、1人13,800円。小ぎれいな建物、良質の湯、新鮮な海の幸を味わえる上、野付半島観光のベースキャンプ地と考えれば、過不足ない湯宿と思う。

    朝食
    ・鮭焼、昆布煮
    ・煮物
    ・野菜サラダ
    ・たらこ
    ・卵焼
    ・もずく酢
    ・イカ塩辛
    ・焼き海苔
    ・漬物
    ・白米
    ・みそ汁
    ・パック牛乳

     あたたかいお茶もいただいた。

     当方指定の7時30分から、夕食と同じ食事処で。

    珈琲
     コーヒーは別料金(確か300円)。落としたてを客室に持ってきてもらった。

    日の出は3時47分
     分厚い雲が空を覆ったため、日本で最も早い部類と思われる日の出は拝めなかった。

    夕食
     当方指定の18時から。一気出し。

    食事処
     1階食事処にて。掘りごたつ形式の個室っぽいところ。

     生ビール600円。

     宿泊している野付湯元 うたせ屋を飛び出し、夕食までのつかの間、近辺を散策した。

    色使いが目にまぶしい看板
    聞き込みの結果、「当分の間休業」はかなり長引くもよう。事実上の廃業か?
     尾岱沼地区に、こんな温泉公衆浴場(しかも露天風呂付)があったよう。
     いつから休業しているのだろうか。

     ここの温泉の個性は、どんな感じなのか。

    湯面にアワアワ
     情報源は、男性脱衣所に貼ってあった温泉分析書別表(昭和59年・1984年)しかない。

    ・源泉名「尾岱沼温泉」
    ・ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性高温泉)

     道立保健所銀色シールでは「該当あり」。

     源泉はこの湯宿が所有しており、庭に源泉を溜めておくタンクらしきものを発見。湯口横の蛇口から加水している。

     湯面に舞うアワアワは、メタンガスが混じっている証か。腕や足にびっしり絡みつく炭酸系の細かい気泡ではない。ほんのり石油臭も感じる上、肌を撫ぜると軽くツルツルする。

     そんな湯が、湯船から惜しげもなくあふれ出て、捨てられていく。

     入浴は23時まで。朝は6時から。日帰り受付はやっていない。
     ちなみに、夜中4時過ぎ、男性脱衣所のドアを開けようとしたが、鍵がかかっていた。

    外観
     漁港を有する別海町尾岱沼地区の一角に、今宵の湯宿が佇んでいた。
     本館12室(禁煙)、別館6室(喫煙)の湯宿へ、いざ投宿。

    玄関周りの囲炉裏
     玄関ロビーに囲炉裏があった。

    客室前廊下
     フロントで立ったまま住所氏名を記し、予約時に喫煙室を希望した当方は、別館の客室へ案内された。

     ランチした中標津町から国道272号で標津町を経由し、野付半島へ。別海町に属する。

    野付半島ネイチャーセンター
     野付半島ネイチャーセンター前の駐車場に車を停める。センター内は、海の幸を用意している食事処、土産屋があった。
     徒歩または花馬車で、原生花園を横断し、トドワラというものを見に行こうか。

    花馬車
     トドワラ木道まで花馬車は片道500円、往復1,000円。

    原生花園
     歩くと片道1.2キロという。

    看板
    木道
    トドワラのはるか向こうに、野付半島ネイチャーセンターが見える。歩いて帰るのはだるい(苦笑)
     トドワラとは、立ち枯れたトドマツの様子を指す。

    エゾカンゾウ
     エゾカンゾウが咲き乱れていた。

     釧路駅から中標津町まで、車にて国道272号をひた走り90分。

    外観
     市街地に佇むそば屋でランチタイムを過ごした。

    伊とう店内
     こぎれいな店内である。

     中標津産のそば粉(無農薬栽培、石臼挽き)を使用しているそう。

    昭和な外観

    釧路駅

     札幌駅7時3分発、釧路駅10時51分着。駅レンタカーを借り、道東を巡ろう。
     札幌⇔釧路Rきっぷ1人16,200円。駅レンタカー6,000円×2日分=12,000円。

     ちなみに、札幌駅の某立ち食いそば屋で食した「きつねそば」400円を、こちらに追記した。

    国道272号

     国道272号(愛称・ミルクロード)をクルージングしつつ、まずは中標津町へ向かった。お日柄も良く、気分上々。

    ◆追記

     道東1泊2日の温泉旅、みなさまのあたたかいアドバイスのおかげで、宿泊地が決定しました。
     「尾岱沼」です。海の幸を提供してくれるある湯宿でのんびりしつつ、野付半島を眺めてこようと考えております。

     決定に当たりましては、みなさまのご意見と、つれが独自に調べた候補地リストを付け合せ、吟味しました。

     つれのリストには、尾岱沼の湯宿4つのほか、
     「中標津保養所温泉旅館」→お風呂が良さそう
     「ホテル峰の湯」「らうす第一ホテル」→露天風呂が良さそう
     「セセキ温泉」「熊の湯」「川北温泉」→きれいそうな野湯
     と書いてありました。

     野湯に行きたいなんて、初めて言うので、ちょっとびっくり。ただし「きれいそうな野湯」というのがポイントみたいで、確かに管理が行き届いているようですね。ですから本来であれば、野湯とは言わないのかな。

     そして「世界遺産を見たい」と言われましたが、さすがに1泊2日で知床・羅臼まで行くのはきつい(汗)、と思い、みなさんのアドバイスを参考に、尾岱沼で決着した次第です(笑顔)

     これから、行き帰りに足を運びたい「日帰り入浴」「カフェ」「昼食」などの候補地をいくつか選び、旅の当日の気分や天候次第で、臨機応変に攻めてみたいと思っています。移動距離が長いので、欲張らず、慌てず、のんびりとドライブを楽しみます(笑顔)
     
     今回、ご意見をいただいたところは、毎年のように道東を訪れ、順次味わう所存です。

     nobuさん、KOBAN2さん、のんさん、青さん、本当にありがとうございましたm(__)m
     みなさまのお心遣いが、何よりも嬉しいです。つれも深々と頭を下げております。


    2009年7月4日(土)15時 いっち




     実は、7月中旬に道東へ1泊2日旅を計画しています。で、どこに泊まろうかと考えているのですが、土地勘も宿泊経験も少ないため、まとまらないのです。
     以前泊まった、湯宿だいいち、ホテルTAITO以外で、知恵をお持ちの方がいらっしゃれば、アドバイスいただければ、目からウロコです。もし、ご回答がなくても、なんとかうまいことして、宿選びできればと思っていますから、強制的な問いかけではないです。

    ・ JRのスーパーおおぞら1号に乗り、札幌7時03分→釧路10時51分。

    ・釧路駅でレンタカーを借ります。

    ・湯宿へ移動します。

    ・翌朝、チェックアウトします。

    ・釧路駅へ戻ります。

    ・JRのスーパーおおぞら12号に乗り、釧路16時17分→札幌20時13分

     つれ意見として「せっかく交通費をかけて道東へ行くのだから、それなり(清潔&食事もまあまあ)な湯宿に泊まり、なおかつ行き帰り際にさりげなく観光もできる、そんな観光ルートってないのかしら」。運転レベルは若葉マークもしくは枯葉マークという実力ですが、宜しければ、ご指南のほど、宜しくお願い申し上げます。

    | ホーム |