札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    登別温泉の高級宿へ

     大正時代に開業した滝乃家は、60室の中規模な宿だったが、2年前のリニューアルオープンに伴い30室に半減。そして、1万円台後半から設定されていた休前日の宿泊料は、1人3万円以上にアップした。登別温泉の老舗宿が「個人客向け高級宿」へシフトし、価格設定をグレードアップしたよう。いやはや、この宿泊料って、とってもラグジュアリー(豪華、贅沢)だな。

    「家乃瀧」
     30室の客室は、広さやデザインによって7タイプに分けられる。このうち、6タイプ・27室に浴室があると謳うが、温泉が注ぐタイプの客室は「DW」(2室)、「D」(10室)の2タイプ・計12室に過ぎない。残りの浴室付客室は「敷地内で湧き出た伏流水」を沸かした湯を注いでいるという。

     Dタイプ(温泉が注ぐ客室露天風呂、夕食朝食部屋食)休前日1人42,000円で宿泊した。リニューアル前を含めて泊まったことはなく、過去と対比できない中、純粋に泊まった思いを綴ろう。




    別荘感覚

    ロビー暖炉
     仲居さんのパート化・シフト勤務化が進み、チェックイン&夕食時に対応してくれた仲居さんが、翌日は勤務しておらず、違う仲居さんが朝食を配膳してくれるという宿が目立つ。しかし、滝乃家は同じ仲居さんがチェックインから翌日のアウトまで専属対応してくれた。ああ、これが日本旅館というものか。

    客室リビング
     3DKの客室(厳密にはキッチンがない)は、新築マンションのモデルルームのような空間。別荘といっても良い風情かも知れない。

    専用ドアを出入りし、客室ダイニングに仲居さんが配膳する
     Dタイプの客室にダイニングがあり、夕食・朝食を味わう。で、面白いのは、客室ドアとは別に、配膳専用のドアがあり、仲居さんはその扉を通じ、客室ダイニングに直接入って来れる。動線を考慮したアイデアだ。

     手の込んだ食事を、仲居さんがころ合いを見て配膳してくれる。「この食材はなんですか」などと、会話も弾む。

     この客室を楽しむ視点は、別荘に泊まり、お手伝いさんに食事を持ってきてもらう感覚でのんびりすることかな。



    風呂がいい

    地縁の湯 男性露天
     品がある。

    沈殿物
     客室に引かれた湯は、いわゆる鉄泉。泥のような沈殿物が湯力を感じさせる。つれは泥パックを楽しみ、飽きることなく湯浴み三昧した。同じ湯は、5階「雲井の湯」の女性風呂のみだが、つれによると「客室風呂のような沈殿物はなかった」とコメント。

    スポンサーサイト
     当方指定の8時から、夕食と同じ客室ダイニングで。

    朝食
    ・とろろ芋
    ・たらこ
    ・青菜
    ・温泉玉子
    ・山菜
    ・煮物→大根 練り物 糸こんにゃく
    ・焼き魚
    ・サラダ
    ・ヨーグルト
    ・梅干
    ・白米
    ・蛤味噌汁

    ごはん
     釜で炊いた白米は、おこげ付。

     仲居さんが食後にコーヒーを持ってきてくれる。

    ダイニング
     当方指定の18時から、客室ダイニングにて。お品書き付。

    食卓
     仲居さんが複数回に分けて配膳してくれた。

     大浴場は、2ヵ所ある。それぞれ脱衣所にタオルとバスタオルが置いているため、客室から手ぶらでOK。


    地下2階「地緑の湯」

    地緑の湯 女性露天風呂
     男女浴室とも2種類の源泉を注ぐ。

     →地獄谷で湧き、登別温泉の多くの宿が引湯している硫黄泉の「1号乙泉
     →ラジウム泉と謳う「うまの湯」は自家源泉

     利用時間14~9時まで。夜通しOK。

    硫黄泉

    平成21年7月28日
    ・申請者 登別温泉株式会社
    ・源泉名 「1号乙泉
    ・酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
    ・泉温58.6度
    ・湧出量毎分2,720リットル(自然湧出)
    ・知覚的試験 乳白色濁、酸味、硫化水素臭
    ・pH2.3
    ・成分総計1.065g/kg
    ・蒸発残留物1.211g/kg

    ラジウム泉

    平成21年3月27日
    ・申請者 株式会社登別温泉観光ホテル滝乃家
    ・源泉名 「うまの湯
    ・含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(硫化水素泉)
                    (旧泉質名 含土類-食塩硫化水素泉)
    ・泉温50.2度(自然湧出)
    ・知覚的試験 無色澄明、無味、硫化水素臭
    ・pH6.4
    ・成分総計1.168g/kg
    ・蒸発残留物1.097g/kg




    地上5階「雲井の湯」

    男性脱衣所のガラス窓越しに浴室を望む
     男女浴室で使用している源泉が異なる。

     →男性浴室は、「たまの湯」という食塩泉(自家源泉)
     →女性浴室の場合、鉄泉の「奥の湯」(客室露天風呂に注ぐ湯がコレ)

     利用時間15~10時まで。

    食塩泉

    平成21年3月27日
    ・申請者 株式会社登別温泉観光ホテル滝乃家
    ・源泉名 「たまの湯
    ・含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
    ・泉温57.2度(自然湧出)
    ・知覚的試験 無色澄明、微弱カン味、弱硫化水素臭
    ・pH6.4
    ・成分総計5.682g/kg
    ・蒸発残留物5.645g/kg

    鉄泉

    平成19年7月26日
    ・申請者 登別市長
    ・源泉名 「奥の湯
    ・単純硫黄泉(硫化水素型)
    ・泉温68.1度(自然湧出)
    ・知覚的試験 灰白色微濁、ほとんど無味、硫化水素臭
    ・pH4.6
    ・成分総計1.123g/kg
    ・蒸発残留物0.966g/kg


     日帰り入浴は受け付けていない。改装前は、姉妹館「玉乃湯」宿泊客に限り、無料でこちらも入浴できたが、今はやっていない。

    後ろは、まほろば
     2008年(平成20年)8月リニューアルオープン。30室。

    エントランス玄関は自動ドア
     エントランスを歩くと玄関に。

    玄関前
    玄関
     番頭さんらが出迎えてくれた。

     カウンター前に座り、チェックイン手続き。仲居さんにいざなわれ、まずは1階談話室でウェルカムドリンク。




    談話室

    談話室
     新聞・雑誌・本・CDが置いてあるほか、コーヒー(機械でおとす)や紅茶も飲み放題。利用時間7~22時。

    茶&羊羹
     茶&羊羹。




    廊下→客室へ

    廊下
     仲居さんに誘導されつつ、今宵の客室へ。廊下は畳が敷いてあり、館内は素足で歩く。

    客室前
     客室の引き戸を開けた。

     札幌駅で売っている駅弁の中で、いちばん安くてシンプル。

    おすし中身
     小腹が空いた時に、ちょうど良いボリュームかな。

    おすしパッケージ
     札幌駅立売商会、460円。

    春らんまんパッケージ
     「四季のこだわり駅弁シリーズ」と題し、札幌駅立売商会が期間限定(3~5月末)で販売している駅弁。お品書き付き、880円。

    春らんまん中身
    ・紅白俵ご飯 (道産米)
    ・海鮮小春巻き
    ・帆立いなり寿し (道産ほたて)
    ・桜ますの白酒焼き (道産サクラマス)
    ・富良野牛煮凝り (富良野和牛)
    ・菜の花桜鯛巻き
    ・験担ぎ七運煮
    ・昆布入り厚焼き玉子
    ・筍の木の芽田楽
    ・桜ぜんざい

     「お花見の賑わいと華やかさを詰めこんだこの駅弁で、旅の気分を満喫してください」とアピールしている。

     国道230号沿いの定山渓観光案内所で、「定山渓スイーツ」というものが売っていた。札幌のお菓子屋さんが作り、1月25日~3月22日までの期間限定という。湯宿をチェックアウトした帰りに寄った。

    定山渓スイーツ
    ・温たま塩プリン(パールモンドール)350円
    ・温泉ブッセ(ろまん亭)150円

    塩プリン
    塩プリンの構造
     ホントに塩味がする。「甘塩い」という感じ。

     はるばる定山渓まで買いに来てくれたついでに、ざぶり日帰り湯を楽しんでほしい、という考えが、定山渓スイーツ販売の狙いと勝手に思っているが、成果はいかがなのだろうか。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。