札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    チラシ
     何年か前に宿泊予約の電話を入れたら、宿泊は休止中で、日帰り入浴のみの営業だった。残念。

    スポンサーサイト
    「ピンチヒッター」の湯宿へ

     正直に告白すると、湯元 白金温泉ホテルへ泊まるはずではなかった。その日、予約していた別の湯宿は、早朝4時くらいに源泉小屋が落雷にあって湯を汲み上げるポンプが急に壊れちゃったので、温泉へ入れない状態に。宿側は「うちに泊まってくれればサービスする。そうでなければ、他の温泉宿を紹介する」と、極めてていねいな物腰で二者択一を迫ってきた。

     旅の道中にトラブルはつきもの。香辛料くらいに受け止めた方が客も宿も幸せだ。うんうん考え抜いた末、「温泉を味わえなければ、温泉宿にあらず」と主張するつれの言葉に共感。「そうだよね、温泉を楽しみに遠路はるばる足を運んだのだから」と、ピンチヒッターに湯元 白金温泉ホテルを指名(電話予約)したところ、運よく空いていたので15時にチェックインしたというわけ。

    看板
     この湯宿を指名した理由は、夏季限定の混浴露天風呂に魅かれたからだ。宿から混浴露天風呂までの高低差は50メートル。急な坂道をえっちらおっちら下った先に、それはあった。


    夏季限定の混浴露天

    混浴男側
     15年ほど前に泊まっており、この混浴露天風呂に入ったことがあるものの、風景はまったく覚えておらず、記憶というものの曖昧さを再認識。ああ、こんな感じか。湯船はちょいと狭くて、見知らぬ女性と一緒になったら照れくさい印象を受ける。細工していないという湯は、鉄さびのような苦味を感じた。

     のんびり湯浴みした後、客室まで帰るため、急な坂道を上っていかねばならない。15年前も「行きは良い良い 帰りは恐い」と感じたことを、ふと思い出した。

    男性大浴場
     大浴場の浴槽に、沸かし湯(真湯)があったりするので、それって必要なのかしら、ひょっとして湯量が足りないのかな、などと邪推してみたりする。

    男性露天



    夕食部屋食 後出しあり

    部屋食
     食事については、夕食が部屋食だった。いわゆる旅館料理で、膝を打つような感じではないのだが、複数回の後出しによる「温かいものは温かく」という、簡単なようでなかなか提供できないことを、ちゃんとやっていた点が好ましい。あと「豚肉のしゃぶしゃぶ」は、豚肉が柔らかくて美味だった。産地とかこだわっているかどうか、仲居さんに聞けばよかったな。

    宿のバックに十勝岳連峰を拝む
     当日の突然予約だったが、気さくに受け入れてくれた。玄関前ではスーツ姿の男性スタッフが「いらっしゃいませ」と出迎えてくれ、客室まで案内してくれた若手イケメンスタッフも感じ良かった。それだけに帰り際のフロントの女性スタッフの仏頂面に面食らった。事務的に金だけ受け取って、はい、サヨナラの態度にちょっぴりハートブレイク。
     宿泊中にいろいろ不満があったとしても「終わりよければすべて良し」なのだから、口角をきゅっと上げて、ニッコリ笑顔で見送る接客に期待したい。ひるがえって考えれば、そんな彼女に対し「とってもくつろげました。いい宿ですね。また来ます」なんて笑顔で話しかければ、彼女の笑顔を引き出せて、お互いがハッピーになれたかもしれない。

     これで12,500円。混浴露天風呂は温泉ファンを満足させる一方、客室数55室でこぎれいな客室をはじめハード面が充実しているので、家族連れやグループでやって来て、わいわい楽しむのにも適しているだろう。

    朝食
     バイキング。

    バイキング会場
     1階にて。

    畳に低いイス&テーブル
     畳に低いイス&テーブルは、オロフレ荘別館おかえりなさいで経験あり。座りやすくて疲れないのが良い。

    夕食全景
    部屋食
     指定した18時から客室で。後出しメニューあり。お品書き付。

    露天風呂(男)

    宿オリジナル温泉分析書
    ・源泉名 白金温泉15号井・18号井・19号井の混合泉
    ・源泉地 美瑛町字白金10520番地先
    ・申請者 美瑛町長
    ・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉(旧 含塩化土類-芒硝泉)

     道立保健所シールをみると、湯に手を加えていない。

     日帰り入浴11~17時00分まで。800円。

    外観
     白金温泉の中央に位置する、全55室の湯宿。

    羽生名人がこのホテルで対局した記念らしい
    ロビー
     フロントで立ったまま手続きし、スタッフに客室まで連れて行ってもらう。

    客室ドアを開ける


    駅前弁当
     上富良野駅から徒歩1分。

    著作権は大丈夫?
    メニューの一部
     ミートショップ多田のドアを開け、おばさまに注文する。作り置きしておらず、きちんと手作りしてくれる。

     メニューがいっぱいあるので、どれにしようか迷っちゃう。
     「安さ」を追求すれば、「焼きそば」「焼きうどん」各280円、「エビピラフ」300円、「シャケ弁当」「のり弁当」「オムレツ弁当」「コロッケ弁当」「すし詰め合わせ」各350円だ。

     でも、売れ筋はもうちょっと高めの価格帯だったりする。

    駅前弁当 年間販売ランキング←店内に掲示している。
     1位 からあげ弁当450円
     2位 ソーセージ弁当500円
     3位 カツ弁当480円
     4位 のりから弁当450円
     5位 豚さがり弁当500円
     6位 ジンギスカン弁当450円
     7位 かみふらの丼550円
     8位 焼肉弁当480円
     9位 豚角煮丼500円
    10位 カツカレー600円


    かみふらの丼550円(7位)
    かみふらの丼550円
     焼いた豚さがりが白米の上で踊る。温泉卵がアクセント。

     上富良野駅舎内で食した。

    外観
     ひょんなことから、旭川で1泊することに。旭川駅前で「天然温泉大浴場」をアピールするビジネスホテルへ。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。