札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    これこそ温泉民宿

    外観
     片瀬白田駅から徒歩10分圏内、東伊豆町・片瀬温泉の温泉民宿は、看板がなければ、そこいらの民家と変わらぬ風情。住宅街のど真ん中で周辺に他の湯宿は見当たらない。

     紛うこと無き「This is the 温泉民宿」なのだ。

    客室
     民家の2階に4部屋あり、そこの1室を「間借り」する感じ。客室に「鍵」という概念が無い事実は、ジャパニーズな温泉民宿の証しに他ならない。ニッポン人の優れた民度を象徴するエピソードと言えよう。


    地味ながら感じる湯力

    風呂
     そもそもが民家なのだから、風呂はちっちゃい。家族風呂な風情の浴室を「貸し切り」で楽しめる点が嬉しく思うし、シャンプー、リンス、石鹸が置いてあるので、過不足ない。

     ナトリウム・カルシウム-塩化物泉の無色透明な湯は、成分総計8.799g/kgと濃い。口に含むと若干のしょっぱさを感じつつ、湯上がりはどことなくホカホカ。湯船のふち、排水溝が茶色く変色している点からも、湯力を感じる。家庭的すぎて地味な浴室だけど、湯質の良さに思いのほか満足するのだった。


    朝食
     指定した7時30分から、客室で。

    ・ひもの
    ・かまぼこ
    ・ハム&レタス
    ・温泉玉子
    ・ほうれんそうおひたし
    ・きんぴら
    ・酢の物
    ・味付のり
    ・漬物
    ・白米(おひつ)
    ・みそ汁

    朝食全景
     取り換えてくれたポットの湯でお茶をしばく。食べ終わったら皿を廊下に出しておく。

    夕食
     指定された18時過ぎ、客室で。一気出し。
     大瓶ビール630円。宿の玄関前にジュースの自販機あり。

     浴室は2つあるが、男女の区別はない。
     どちらも、ちっちゃいので、事実上の家族風呂スタイル。夜通し入浴OK。
     おそらく日帰り入浴は受け付けていない。シャンプー、リンス、固形せっけんあり。

    湯口
    温泉分析書 平成14年12月26日
    ・源泉名 片瀬温泉 片瀬25号
    ・湧出又は採水地 東伊豆町片瀬字浜田436-1
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(等張性・弱アルカリ性・高温泉)
    ・泉温99.9度
    ・成分総計8.799g/kg

    浴槽の温泉利用状況
    ・都度入換浴槽(温泉と水道水の蛇口があり、お客様が汲みいれるための加水の有無は不明)
    ・加水あり(源泉温度が高いため)
    ・加温なし
    ・添加物質なし
    ・再利用(循環)なし
    ・ろ過なし
    ・消毒なし

     分析機関 (財)静岡県生活科学検査センター
     掲示表作成者 静岡県温泉協会 賀茂支部

     片瀬白田駅から徒歩10分圏内の住宅地に佇む、片瀬温泉(東伊豆町)の温泉民宿。
     看板がないと、フツーの民家にしか見えない。

    いかにも民宿風情
    玄関
     引き戸を開けると、やっぱり民家すぎる風情だ。

    ロビー
    客室ドア
     女将さんの歓待を受け、2階の客室(4室)に通された。

     熱海駅から伊豆半島の東海岸に沿って、JR下田線(17km)と伊豆急行線(46km)が延びる。沿線のアチコチに温泉が湧き、椰子(やし)の木、みかんの木が南国ムードを大いに高めよう。

     東京から電車1本で足を運べる、ナイスな観光地を歩いた。



    伊東駅

     熱海駅11時34分発の鈍行電車に乗り、JR下田線を南下しつつ、伊東駅11時56分着で下車する。320円。

    ハトヤ
     伊東駅の改札を抜けると、温泉宿の名前入りの幟(のぼり)を持った宿スタッフが、客を出迎えてくれる。なんだかデジャヴュ(既視感)と思いつつ、ああそうか、熱海駅も同じ光景だったな、と。

    伊東駅
    駅そば
     伊東駅は観光客で賑わっている。駅そばに心ひかれた。




    伊東駅前を散策

     下調べせず、行き当たりばったり歩いた。

    14~21時30分。月曜定休。250円(家族風呂350円)
     駅前に「子持ち湯」という大衆浴場を発見。怪しい風情でちょっと気が引ける。

    湯の花通り
    手湯(恵比寿)
     駅前に商店街が広がり、手湯が点在している。

    みかん
     道端でさりげなく「みかん」がなっている。

    小川温泉(休業)
     共同浴場「小川布袋の湯」は「2月1日より休業中」のビラが貼ってあった(2012年2月11日時点)。




    昭和遺産の温泉ホテル

    大箱ホテル
     ああ、これが「ハトヤ」と「じゅらく」か。昭和のあの頃、ビッグな温泉ホテルとして全国に名を轟かせた。

    まぐろ丼500円

    まぐろ丼500円
     どんぶり、みそ汁、小鉢、漬物。

    外観
     熱海駅前第1ビル地下で、2012年(平成24年)2月にオープンしたばかり。
     このビルの地下は、「熱海まぐろや」「和風レストラン たしろ」など、安くて庶民的な飲食店が目立つ。


    メニュー

    ・釜揚しらす丼600円
    ・干物定食600円
    ・豚生姜焼定食600円
    ・三色丼800円
    ・豚ヒレカツ定食800円
    ・地元B級グルメ、イカメンチ定食900円
    ・さしみ定食1,200円

     メニューに載っていない「本日限定 さばのみそ煮定食600円」もあった

    ・ビール(生or中瓶)500円
    ・焼酎こく柴(グラス)500円
    ・日本酒(グラス)600円
    ・ウーロン茶150円
    ・オレンジジュース150円

     東京駅7時26分発の東海道新幹線こだま635号(名古屋行き)に乗り、
     熱海駅8時11分に着いた。片道(自由席)3,570円。

     2月中旬の熱海温泉(静岡県)は、あたみ桜が3分咲き、梅が5分咲き。これって例年より3~4週間くらい遅いそうだ。確かに2年前の今頃訪れた際、あたみ桜は既に散り始めていた。

    糸川沿いのアタミ桜
    八重寒紅(やえかんこう)
    日向ぼっこするネコたち
     肌寒くてコートとマフラーを付けたまま散策したが、日差しが柔らかい。アパートメントの前で、ネコたちが日向ぼっこしていた。

    かんきつ類
    俯瞰
     ちょうど同じ日に「さっぽろ雪まつり」が開かれている。やっぱり熱海は早春めいていて気分がイイ。

     熱海でランチした上で、今宵の湯宿がある伊豆方面へ。

    2010.02.13 熱海温泉とは
    2010.02.13 和風レストラン たしろ (熱海市
    2010.02.13 日帰り→福島屋旅館 (熱海温泉
    2010.02.13 アタミザクラ

    2007.04.01 鯛めし(熱海駅)
    2007.04.01 龍宮閣・雑感
    2007.03.31 囲炉茶屋 (熱海市田原本町2-6)
    2007.03.31 湯前神社まで歩く
    2007.03.31 龍宮閣・風呂
    2007.03.31 龍宮閣・ハード
    2007.03.31 お宮の松
    2007.03.31 熱海サンビーチ
    2007.03.31 裏路地経由、海岸行き
    2007.03.31 改めて、熱海駅前
    2007.03.31 熱海 まぐろや (熱海市田原本町9-1)
    2007.03.31 品川→熱海

    | ホーム |