札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    札幌から1時間

     「開拓 ふくろふ乃湯」という日帰り温泉施設が、札幌市の北部、当別町にある。車ならば、気軽にさくっと行けちゃう距離感ながら、ローカル列車に揺られて行くと、旅情が増して面白い。たまの休日、「ローカル線で行く日帰り温泉」なんて、いかにも雑誌やテレビの企画っぽいけれど、ちょっとやってみた。

     タイトルは「札幌から1時間! ローカル線&モール泉のちょい旅」

    札沼線
    湯口
    モールモールモール!
    温泉分析書 平成19年3月20日
    ・源泉名 樹林温泉
    ・湧出地 当別町字金沢157-7
    ・泉温24.6度 毎分42リットル(動力揚湯)
    ・黄褐色 澄明 無味 無臭
    ・pH8.6
    ・蒸発残留物0.980g/kg
    ・溶存物質1.633g/kg
    ・成分総計1.635g/kg
    ・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)

     加温のみ実施。

     日帰り入浴料600円
     平日12~21時(土日祝日11~21時)
     火曜定休
     営業期間5~11月末まで

    スポンサーサイト
     平屋で2戸連結の長屋風情だった。敷金礼金なし。賃料は月30,000円で、温泉使用料が月1,000円となっている。呉竹荘の界隈なので、おそらく湯は無色透明の食塩泉かと。

    竹浦にて
     洋室10帖+リビングキッチン9.75帖+洋室3.75帖。
     浴室はユニットバス。簡易水洗トイレ、外部に専用物置、駐車は2台OK。
     内装のクロスと床は張り替え、流し台も新品に交換済み。
     即入居可能。

    間取り
     もしも借りたとして、年間にかかる費用を試算してみると、およそ50万円か。
    ・賃料+温泉使用料31,000円×12=372,000円
    ・水道光熱費10,000円×12=120,000円

     太平洋を間近に感じられる白老町の民宿500マイル(9室)は、なんだかんだ言って、非常に満足度の高い温泉民宿と思う。ナイスなポイントを書きだした。


    風呂

    露天風呂
    ・太平洋を望む露天風呂(貸し切り)
    ・内風呂2ヵ所も貸し切り
    ・湯に一切手を加えていない (含硫黄-ナトリウム-塩化物泉)
    ・湯がツルツル&身体中に泡付き(内風呂の方がより感じる)、湯口はタマゴの匂い
    ・シャワーの湯、宿泊棟の洗面所の湯も温泉

    北吉原にて
    北吉原の物件
     庭に「藤の花」が生い茂っていたりして、なかなかイイかも。

     消費税が8%にアップしたものの、山海荘は入浴料200円を維持ですって。その代わり、サービス券と回数券を休止した。工夫して値上げしない姿勢が美しい。

    透明な単純泉があふれる
    昭和風情のフロント
    安すぎ
     建物は古いが、掃除が行き届いている。昭和な風情のフロント周辺が、妙に落ち着く。割烹着姿の女将さんと真摯なご主人が、湯も建物も守っている。ここが宿泊もやっていた頃、どんな雰囲気だったのか。一度泊まってみたかった。

    2007.10.07 日帰り→山海荘
    2007.06.24 日帰り→山海荘

     何も変わらない。風情、味、値段。ほっとする。

    変わらぬ味
    メニュー
     建物の老朽化と片付け下手なせいか、廃墟な感じが否めないものの、やっぱり味はバツグンだ。「きたな美味い店」として紹介される日が来るかも知れない。ご主人との対話も嬉しかった。

    2009.04.04 かに太郎 虎杖浜
    2007.07.28 かに太郎 (白老町竹浦116)
    2007.05.12 かに太郎 (白老町竹浦116)

    石山にて
    石山の物件
     石山だけに、こちらもモール泉っぽい。
     家庭菜園をいじりながら、晴耕雨読の隠居生活。とっても憧れるものの、実際にそういう境遇になったら、退屈になるのかも知れない。

    岩倉団地
     萩の里自然公園の東側に広がる石山地区の温泉別荘地。この辺りはモール泉らしい。石山萩の里町内会の足湯に注がれる湯は、確かにそうだ。ほのかに灯油の香りを感じる紅茶色の湯は、道東のオーロラファームヴィレッジを彷彿させる。

    白老川にて
     温泉付別荘の場合、基本的に「源泉かけ流し」と思う。まあ、宣伝文句ということで。
     吹き抜けのリビングが34帖。いかにも別荘なデザインとお見受けする。とっても魅力的だ。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。