札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     道産子のソウルフードと言えば「ジンギスカン」。ヒツジの肉を焼いて食べるという食文化である。それ、北海道の温泉宿でも味わいたいな。ただひたすら、ジンギスカン専門店のようにジュージュー焼いて大いに食らう。
     今は無き、いとう温泉で味わったことがあるけれど、最近の札幌近郊でどこかないかしら。



    温泉宿でジンギスカン

    夕食
     ありました。札幌からレンタカーで2時間。蟠渓(ばんけい)温泉の湯人家(ゆのとや)がそれ。夕食は和食orジンギスカンorすき焼きからチョイスできた。宿ホームページを見れば、ジンギスカンの場合、中庭に佇む東屋で食せるというので、当日チェックイン時に「(中庭の真ん中の)東屋で食べたい」と言えば、「(レストラン側の)テラスでもイイですか」と。
     8月の蟠渓温泉は、19時前に日没しちゃうから、照明のない東屋での食事は、明るいうちに済ませてほしいとのこと。この日、東屋で食事した宿泊客は17時00分スタートだった。

    レストランテラス
     ワタシ達は、レストランの外の屋根付テラスで、18時00分から地元精肉店の味付ジンギスカンを食らう。1人500gも提供され、2人なので1kgだった。これはお腹一杯。新鮮なサラダとミニおかずを供され、満足至極。キャンプ気分な夕食を味わえた。朝食の手作り和食も、これまた美味い。

    蚊取り線香
     夏の日の夕刻に、アウトドアで食事するって、虫さされに気を付けなければならない。宿側はちゃんと蚊取り線香を配置してくれた。だからこそ、安心して浴衣姿で楽しめるというわけだ。
     いま思うと、「屋外で食べたい」と申し出なければ、和食膳のお客さんと一緒のレストラン内で、ジンギスカンを食べることになる。それって、周囲の方々に羊肉特有の脂っこい臭いを振り撒くことになってしまい、恐縮する。少なくとも真夏にジンギスカンを頼んだならば、アウトドアで食べてみよう。夏休みって感じで楽しいよ。
    朝食
     7時30分スタート。自由に訪れて食べる。

    朝食ドリンク


    テラスでジンギスカン♪
     ジンギスカンコースを選択。当方指定の18時から、1階レストランのテラスにて。

    ドリンク


    脱衣所前
     温泉分析書 平成21年5月26日
    ・申請者 壮瞥町長
    ・源泉名 H2泉源、組合泉源の混合泉
    ・81.2度
    ・無色澄明、無味、無臭
    ・pH7.9
    ・蒸発残留物1.142g/kg
    ・溶存物質1.189g/kg
    ・成分総計1.204g/kg
    ・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉 (旧 含石膏-食塩泉)
    ・弱アルカリ性低張性高温泉

     日帰り入浴11~21時00分で終了。500円。
     宿泊客は翌朝9時00分まで入浴OK。

    適応症
    休憩室
     日帰り客向けの休憩室あり。

    食事
     レストランメニュー。
     営業時間11時30分~14時00分、17時30分~20時30分。土日休日は通し営業。

    外観
     蟠渓温泉(壮瞥町)の温泉宿。客室10室。

    フロント周り
    2階廊下
    客室ドアを開ける


     喜茂別町の国道230号沿いに、郷の駅「きもべつ」&商業施設「アスペーラ」がある。2010年(平成22年)に同町がオープンさせた。

    郷の駅
    麺屋 誠
     ぶらり訪れたラーメン屋「麺屋 誠」が美味かった。まったく下調べせず、先入観を持たないで食したから、サプライズの度合いが高まったと思う。もしも、美味しいと評判を聞きつけて、期待度マックスで食べたら、「言うほどでもない」なんて、ツウぶっていたかも知れない。

    | ホーム |