札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     登別温泉街で、ランチコーヒーを味わった。このまま今宵の温泉宿へ直行したい。登別温泉ターミナル始発の路線バス「苫小牧市立病院前」行きに乗る。13時51分発だ。
     「登別駅前」を経由し、「東虎杖浜」まで20分のちょい旅。乗客4人のうち、降りたのはワタシたちだけ。

    苫小牧行き
    東虎杖浜
    セイコーマート
     1月なのに雪が少ない。天気も良く、春めいた虎杖浜の風情に嬉しくなる。
     赤富士荘の隣にある「セイコーマートやはば店」(営業時間6~23時)で、アルコールや雑誌を買い込み、国道36号を挟んだ斜め向かいの民宿500マイルへ14時30分頃チェックインする。



    ハード
    外壁をきれいにした500マイル
     外装が一新。玄関で「こんにちは」と声を上げれば、女将さんがやってくる。
     「うち、初めて?」と聞かれ、「7~8回目ですね」と言えば、「あらそう、部屋は、潮、だから」。

    潮
    広々
     初めて通された2階はじっこの客室「潮」は、8畳+6畳の大きさ。これは広い。てっきり、いつもの6畳間と思っていただけに、テンションが上がる。コツコツ通っていれば、こんなチャンスに恵まれると言うことか。

    窓


    第一滝本館
     登別温泉・第一滝本館の館内に「いでゆそば」という蕎麦屋がある。営業時間11時30分~14時00分、20時30分~24時00分。
     宿泊客ではないものの、ランチタイムに突撃しよう。

    地下
    いでゆそば


     サル年の2016年1月土曜、「スーパー北斗8号」は札幌駅を10時22分に旅立ち、登別駅へ11時32分に着く。わずか70分の乗車時間だ。

    スーパー北斗
    のぼりべつ
     なんということでしょう。登別駅はお客さんで満ち溢れている。12時01分に到着する「すずらん5号」を待っていて、これから札幌へ行くのかしら。

    登別駅
    行列
     登別駅前のタクシー&バス乗り場は、どちらとも行列だったりする。みなさん、登別温泉を目指すのだろう。

     よくよく周囲を見渡すと、中華圏からの観光客が目立つ。日本人を探す方が難しい。大きなキャリーバッグを持ち、ダウンジャケット着用率が高い。

     11時55分に到着する道南バスで登別温泉へ行こうと思ったものの、混み過ぎるバスを避け、タクシーをチョイス。運転手さん曰く「海外からの観光客がここ数年多い」「登別温泉までの路線バスは、満員ならば増便する」とのこと。景気が良くて何より。登別温泉ターミナルまで1,840円だった。

    | ホーム |