札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     すっかり日が落ちた広島市の繁華街を歩く。地元名物の「お好み焼き」と「ウニホーレン」と「牡蠣」を食せる居酒屋みたいなところを探し回り、それっぽい店に突撃するも、どこもかしこも満員御礼。ゴールデンウィークで大いに賑わう。

    繁華街
    店構え
     1時間以上も見知らぬ街をさまよい続け、いささか疲れてきた頃、ピンとくる店を発見。のれんをくぐれば、カウンターの端っこが2人分空いていた。ラッキー。「鉄板焼き 熊屋」へ突入する。おしゃれな店内だ。


    生ビール、赤ワイン各500円
    乾杯
    おすすめ
     カウンターの目の前に鉄板があり、シェフの手際の良い調理を眺めながら注文した品を待つ。



    牡蠣のネギまみれポン酢
    牡蠣のネギまみれポン酢
    牡蠣
     粒が大きく、プリプリした食感だ。



    大粒!牡蠣の鉄板焼き
    大粒!牡蠣の鉄板焼き
     焼いた牡蠣は香ばしく、ビールが進む。




    ウニホーレン 熊屋流1,800円
    うにほーれん
    うまし
     広島と言えば、ウニホーレン。一般的には、ソテーしたほうれん草の上にウニを乗せる。
     しかし、こちらのお店は、ウニ1折とほうれん草を濃厚なソースで絡めたオリジナル品を提供していた。美味い。
     


    お好み焼き750円
    広島焼き
     人口117万人の広島市内に、お好み焼き屋は900軒あると聞く。
     広島のお好み焼きは「乗せ焼き」と言われ、生地の上にキャベツや焼きそばなどの具材を重ねながら焼く。関西のお好み焼きは「混ぜ焼き」の名の通り、生地と具材を最初から混ぜた上で焼く。
     そう言えば、大阪に住む方から「広島のは、あれはお好み焼きではなく広島焼き」と聞いたことがある。お好み焼き1つとっても、いろいろ文化やこだわりがあることを知った。

     2人で飲み食いして7,938円だった。ごちそうさま。

    スポンサーサイト
    広島インテリジェントホテルアネックス
    ホテル前を市電が走る
     広島駅南口から徒歩8分(1キロ弱)の距離にあるホテル。土地勘がない&疲れた&荷物が多い&雨が降っていたため、駅前で客待ちしているタクシーに乗ったら、運転手が不機嫌なオーラを発しまくり、恐縮してしまった。近距離でタクシーを利用する際は、走行中のタクシーを拾うべきと痛感する。

    ホテル
    ロビー
    洋室
    ユニットバス
     広島インテリジェントホテルアネックスは、客室数225室。13平方メートルの客室はダブルベッド。5,130円×2人=10,260円。

     島根県大田市の温泉津温泉からトヨタレンタカーを走らせ、同じ県内の浜田市へ。小1時間かけて到着し、JR浜田駅近くの浜田店で返却した。松江駅南店で借りてから、およそ73時間(3日間+1時間)で22,800円。ガソリン代は失念したが、3日間で343キロ走った計算だ。

    切符
    高速バス
     JR浜田駅前から広島行高速バスが発着している。ゴールデンウィークのせいか、駅の外に乗車券の特設販売所を設けており、予約していないが買えた。乗車整理券を渡される。片道1,520円×2人=3,040円。

     浜田駅11時00分発。高速バス内はWifiありなのが嬉しい。山の中の高速道路を走り、広島市街地へ突入すると、近代的な都市という印象を受ける。広島駅新幹線口13時25分着。およそ2時間半のドライブだった。


    広島駅で「広島つけ麺」
    生ビール
     13時30分を過ぎた。もう車を運転しない。そんな解放感と空腹感から、広島駅内で、なにか美味いものを食いたいと。ただし、下調べはしていない。行き当たりばったりを楽しむスタンスだ。

     今日はゴールデンウィーク。広島駅構内の老舗お好み屋は行列だらけ。どうしようと彷徨っていたら、「ばくだん屋 広島駅新幹線口店」を見かける。ここも行列だったが、見たところ3~4組だから、並んでも時間がかからないだろう。案の定、ものの5分で通される。ラッキー。テーブル席に促され、つれに「1杯だけよ」と叱られながら、さっそく生ビール463円を頼む。

    木造3階建ての老舗宿

     旅館ますやの前身は、廻船問屋(海運業者)。1910年(明治43年)に木造3階建ての温泉宿として開業しており、100年以上の歴史を有する。全11室のこじんまりな温泉宿だ。

    看板
    フロント階段
    ユニオンビール扇風機
     増築や改修を重ねているものの、廊下や客室に往時がしのばれる造りが散見される。ワタシが通された「あげしお」という客室は、床の間が広くて立派な造り。「今ははめ込み式の、ユニット式の床の間が一般的ですが、当時は、間取りの段階から、しっかり一畳分のスペースを確保し、床柱の太さまで計算に入れて部屋を作り、当時の人が、いかに床の間を重要視していたかがわかります」(宿の説明文)。イイ感じにリフォームされ、ウォシュレットトイレやエアコンも付き、清潔で快適だ。

    こじんまり


    朝食
    ・湯豆腐
    ・干物(かまぼこ、ふき、昆布添え)
    ・切り干し大根
    ・イカ刺
    ・焼のり
    ・温泉玉子
    ・梅干
    ・おしんこ
    ・白米
    ・味噌汁

    朝食も部屋食
     朝食も部屋食。コーヒー300円。

    薬師湯外観
    薬師湯湯口
    温泉分析書 (平成15年8月27日)
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(等張性中性高温泉)
    ・45.8度
    ・湧出量 測定不能(自然湧出)
    ・湧出地 淡黄色 澄明 中塩味 弱土臭(ph6.0)
    ・試験室 淡黄色 澄明 強塩味 微金気臭(ph6.4)
    ・蒸発残留物 7.24g/kg
    ・溶存物質   8.11g/kg

     営業時間6時00分~21時00分まで(平日は8時00分~)。350円。
     貸し切り風呂もあるそうで、650円(40分間)。

     泊まった「旅館ますや」が、ここの源泉を引湯している。

    湯面
    温泉分析書 (平成20年7月25日)
    ・源泉名「元湯温泉」
    ・ナトリウム-塩化物泉 (低張性中性高温泉)
    ・源泉49.7度 使用位置40~46度
    ・溶存物質7.84g/kg
    ・成分総計8.12g/kg

     温泉津温泉の公衆浴場。営業時間6時00分~20時00分まで。不定休。370円。

    元湯外観
     手を加えない自然湧出の湯は、源泉から至近(2~3メートル)の湯船へ注がれる。
     男女とも内風呂に浴槽が2つあり、温度が異なる。高い方はかけ湯しても激熱過ぎた。
     低い方も、なかなかの高温。湯船に浸かる客と、床に座り込んで休む客に二分される。
     他の旅館に分湯しておらず、「元湯温泉」の湯はここでしか味わえない。
     直営旅館「長命館」は、木造3階建ての湯治宿。内風呂はなく、こちらの公衆浴場を利用する。

    部屋食
     18時00分から客室で。作り立てを1品ずつ仲居さんが持ってきてくれた。

    風呂入口
    温泉分析書 (平成15年8月27日) 薬師湯ホームページから引用
    ・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(等張性中性高温泉)
    ・45.8度
    ・湧出量 測定不能(自然湧出)
    ・湧出地 淡黄色 澄明 中塩味 弱土臭(ph6.0)
    ・試験室 淡黄色 澄明 強塩味 微金気臭(ph6.4)
    ・蒸発残留物 7.24g/kg
    ・溶存物質   8.11g/kg

     公衆浴場の薬師湯から引いている。

    湯口
    湯づかい(ひのき温泉脱衣所に掲示)
    ・湯温低下の際は温水を、加水加温致します
    ・時々塩素系薬物を添加する場合があります

     内湯2つで、21時に男女を交代する。露天風呂なし。0~6時は休止。
     日帰り入浴は受け付けていない。

    外観
     島根県・温泉津温泉に佇む温泉宿。11室。

    フロント周り
    ロビー
    客室入口


     島根県大田(おおだ)市の温泉津(ゆのつ)温泉は、1300年前からこんこんと湧き出る含土類食塩泉の「温泉」と、船着き場を意味する「津」を組み合わせた地名。そう、温泉街は温泉津湾の目と鼻の先であり、石見銀山で採掘された銀を国内外へ運び出す積出港として栄えた歴史がある。温泉街を含めて2007年にユネスコ世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の登録を受けている。

    温泉津湾
     それより前の2004年、温泉街は国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた。木造建築の修理にかかる補助金に加え、相続税と固定資産税に優遇策が講じられるだけに、歴史が醸し出す温泉街の空気感が維持されるよう期待したい。

    渋い
    薬師湯
     現地でゲットした温泉津温泉旅館組合リーフレットによると、加盟宿は「ますや」「のがわや」「輝雲荘」「後楽」「なかのや」「廣島屋」「山県屋」「もりもと旅館」「高見屋」「清水大師」の10軒。「さわのや旅館」と「あさぎ屋」はボールペンでバツ印がついているから、廃業したのだろう。客室数が一番多くても14室(輝雲荘)だから、いずれもこじんまり宿だ。細い路地に温泉宿、商店、住居が密集する温泉津温泉の特色が見て取れよう。
     これ以外にも宿坊という名の宿泊施設(温泉浴室はないらしい)が散見されるようだ。宿で温泉に入れなくても、温泉街に公衆浴場が2軒(元湯、薬師湯)がある。

    龍御前神社
     温泉街にある「龍御前(たつのごぜん)神社」では、伝統芸能「石見神楽」を定期的に開催している。渋い街並みと濃厚な湯にあふれる文化的な温泉街に期待が高まってきた。

     島根県雲南市の「湯乃上館」でチェックアウト時、ご主人に質問された。「今日はどちらへ?」と。ワタシは答える。「(同じ県内の)温泉津温泉で1泊します。レンタカーで温泉津温泉へ行くには、(地図上で見れば)、近道の山道をくねくね運転するor遠回りの高速道路の、どちらがイイ感じですか」。
     ご主人曰く、「高速道路の方が快適」であると。さらに、温泉津温泉に近い石見銀山は、やっぱり見ておいた方がイイと。

     素直に従う。10時00分に出発し、松江自動車道と山陰自動車道を走り、国道9号へ。11時10分から道の駅「キララ多伎(たき)」で30~40分休憩の上、大田市の石見銀山世界遺産センター駐車場に着いたのは12時10分。走行距離83キロ、走行時間1時間30分のドライブだった。


    駐車場→バス乗車→現地へ

     ところで、石見銀山って何? 西暦1500年代の戦国時代から1600年代の江戸時代まで、世界有数の銀産出地としてその名を轟かせた。当時は世界で採れる銀の3分の1が石見銀山と言われたほど。その遺跡と周辺の景観が、2007年に世界遺産に登録されている。

     車で現地を訪れたいが、駐車場が手狭という。そのため、現地からそこそこ離れた世界遺産センター付近に駐車場400台を整備。そこからバスに5分間乗り、現地入りするのが一般的だ。満員のバスに揺られ、バス停「大森」下車200円。平日は30分、土日祝日は15分に1本ペースでピストン輸送している。

    バス
     

     2016年ゴールデンウィークに、島根県雲南市の出雲湯村温泉「湯乃上館」へ泊まりたい。「1日2組限定」「囲炉裏での夕食は1組のみ」とハードルが高いため、2月上旬に予約電話すると、第1希望の4月30日は「あっ、満室ですね」とご主人。翌5月1日に切り替え、囲炉裏での夕食を押さえた。



    築140年の田舎屋敷へ
    行燈
     出雲湯村温泉の歴史は古い。約1300年前に書かれた出雲國風土記(733年)に存在が記載されており、大正時代までは宿が林立していたものの、現在は「湯乃上館」と「オーベルジュ雲南」に加え、川向こうに「国民宿舎清嵐荘」があるだけ。

     家屋が並ぶ路地の奥に、湯乃上館が見えた。石垣に囲まれた木造2階建ての佇まい。1873年(明治6年)に建てられたというから、実に築143年となる。宿は「田舎屋敷」とアピールするが、まさにそう。トイレ回りなどリフォームされており、清潔この上ない。

    路地裏に宿
    いい風情
     2階の客室スペースには複数の部屋があるものの、使用しているのは両端の2室のみ。他客の部屋と離れており、話し声などあまり気にする必要はなく、プライベート感がある。通された客室は角部屋で風格を感じる造り。窓が開け放たれ、縁側の椅子に座ると、5月の日差しとそよ風が心地良い。

    あさめし
    ・菜の花とベーコン炒めもの
    ・あごかまぼこ
    ・冷ややっこ
    ・生卵
    ・青菜漬物
    ・白米(木製おひつ)
    ・味噌汁

    朝食会場
     隣の客室で、8時00分から。

    食事処は離れ
    出入り口 囲炉裏みえる
     玄関前に茅葺(かやぶき)屋根の食事処がある。6畳間で囲炉裏があり、事前予約した1組のみ利用できる。業務用冷蔵庫(飲み物は有料)と洋式トイレあり。

    6畳間くらい
    いただきます
     18時00分スタート。宿のご主人と女将さんが順次、配膳する。
     囲炉裏料理の焼き物は、ご主人自ら焼いてくれた。

    男性内湯 湯口
    温泉分析書 平成13年4月13日
    ・湯村温泉
    ・アルカリ性単純温泉 (低張性アルカリ性高温泉)
    ・42.6度
    ・溶存物質0.46g/kg
    ・成分総計0.46g/kg

     毎分300リットルの自噴の湯に、手は一切加えていない。


    公衆浴場 「元湯 漆仁湯」(もとゆ しつにのゆ)
    元湯
     宿に風呂はない。路地を挟んだ向かい側にある公衆浴場を利用する。宿が経営しているので、番台の女性に「宿泊客です」と言えば、無料で何度でも入浴できる。営業時間外は専用鍵で自由に出入り可能だ。

     営業時間10時00分~21時30分(21時00分で受付終了)
     350円(家族風呂利用者は、プラス室料1,050円。50分貸切)


    足湯
    木地牛乳


     江戸時代に創業した「湯乃上館」は、島根県雲南市の出雲湯村温泉に佇む。
     周囲に他の湯宿は見当たらない。
     1日2組限定。のんびりゆっくり。期待が高まるばかりだ。

    湯乃上館
    シビレル外観
    渋い玄関
    2階 階段回り


    道の駅
     島根県飯南町の頓原って「とんばら」と読む。国道54号を走っていたら、ちょうど昼飯時に遭遇したので、「ランチはここでイイ」と吸い込まれた。食事処を下調べせず、行き当たりばったりの旅も楽しい。



    ワニのづけ丼 720円
    サメ丼
     「ワニ」=「サメ」だった。サメの生肉を醤油に浸した1品のよう。
     昔々の島根県の山間部では、海の幸が貴重だったみたい。
     その中で「サメ」は、味が良く保存もきくと重宝されたという。
     いざ食したところ、さっぱりした味わい。

    シャーク




    醤油ラーメン 710円
    ラーメン
     可も不可もなく。ホント、悪くないんです。その辺は人それぞれ。

     今宵の温泉宿へ向かう。

     小屋原温泉・熊谷旅館をチェックアウト後、ナビで「千原温泉」を設定。最短ルートに従ったら「三瓶東地区一般農道」を進み、いつの間にかエライ山道に。アップダウンが激しく細くてくねくねし、ガードレールがない箇所もあり、サッカーボール大の岩が路面に転げ落ちている酷道っぷり。幸い対向車に合うことなく、ようやくたどり着く。

     湯船で地元の人に話したら「あんた、あの道はよう酷くて誰も走らんよ」とのこと。

    道
    マップ
     グーグルマップの推奨ルート(青色)ではなく、ショートカット(赤色)のルートは、とんだ大失敗だった。ナビにまかせっきりではいけないと痛感する。

    営業時間
    温泉分析書 平成24年6月15日

    ・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 (等張性中性低温泉)
    ・旧泉質名 (含二酸化炭素・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)
    ・成分総計10.17g/kg
    ・泉温33.8度

     足元湧出泉。加温のみ。

     日帰り入浴8~18時00分終了。木曜と年末年始定休。500円。

     温泉宿に興味を持ち始め、全国ガイドブックを読み漁ったあの頃、どうしても気になる温泉宿があった。その1つが熊谷旅館(島根県大田市三瓶町)である。山中の川沿いに佇み、200年前から熊谷家で代々経営している、客室5室のこじんまり宿だ。



    ヌル湯&アワアワ

    手前
    真ん中
    奥
     木造の湯小屋に、貸し切り風呂が3つ並ぶ。ナトリウム-塩化物泉で38度の湯が注がれる小さな湯船に身を沈めれば、あっという間にアワだらけになった。ヌル湯ゆえ、ついつい長湯になる。じっくり湯を味わっていたら、首筋や額からじわり汗が流れてきた。ニガしょっぱい味わいと床に表現される析出物を眺めれば、これはホンモノの温泉だとウットリ気分になる。

    あわあわ
     明るい若女将が仕切り、シンプルな館内は掃除が行き届いている。手作りの夕食朝食を味わい、これで2食付9,330円は近隣に在住していれば、定宿間違いなしのクオリティー。勝手に秘境の宿をイメージしていたが、想像以上に快適な宿だった。

     ちなみに、こちらの宿は電話でしか予約を受け付けていない。2016年2月上旬時点で電話すれば「(宿泊日となる5月の)2カ月前からしか受け付けていません」とけんもほろろ。この電話対応は若女将さんではなく、違う女性スタッフのようだ。詳細は泊まれば分かるはず。



    「酷道」に注意
    かんばん

     札幌から島根のこの宿までってエライ遠いものの、飛行機を乗り継いだ末、出雲空港からレンタカーで90分の距離。1泊2日でも宿泊可能な立地だ。グーグルマップでは、空港から宿までレンタカーで至る3ルートを示すが、一番距離が短い(58.9km)という「上から攻める」ルートは道路状況が酷すぎると聞く(宿近くの県道286号の出入り口に、「これより2.9kmの間、積雪時通行不能です」の看板あり)だけに、そんな道を通らないよう事前チェックをおススメする。

    さぶ(15歳)


    朝食
    ・かまぼこ(アゴ)
    ・温泉たまご
    ・三つ葉胡麻和え
    ・切り干し大根
    ・タケノコ
    ・白米(おひつで)
    ・味噌汁(アツアツ)
    ・漬物
    ・味付のり
    ・ほうじ茶(ポット)

    朝食会場
     夕食終了時に朝食時間(7時30分~)を尋ねられ、8時を指定。夕食と同じ会場で食す。

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。