札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    道の駅
     島根県飯南町の頓原って「とんばら」と読む。国道54号を走っていたら、ちょうど昼飯時に遭遇したので、「ランチはここでイイ」と吸い込まれた。食事処を下調べせず、行き当たりばったりの旅も楽しい。



    ワニのづけ丼 720円
    サメ丼
     「ワニ」=「サメ」だった。サメの生肉を醤油に浸した1品のよう。
     昔々の島根県の山間部では、海の幸が貴重だったみたい。
     その中で「サメ」は、味が良く保存もきくと重宝されたという。
     いざ食したところ、さっぱりした味わい。

    シャーク




    醤油ラーメン 710円
    ラーメン
     可も不可もなく。ホント、悪くないんです。その辺は人それぞれ。

     今宵の温泉宿へ向かう。

     小屋原温泉・熊谷旅館をチェックアウト後、ナビで「千原温泉」を設定。最短ルートに従ったら「三瓶東地区一般農道」を進み、いつの間にかエライ山道に。アップダウンが激しく細くてくねくねし、ガードレールがない箇所もあり、サッカーボール大の岩が路面に転げ落ちている酷道っぷり。幸い対向車に合うことなく、ようやくたどり着く。

     湯船で地元の人に話したら「あんた、あの道はよう酷くて誰も走らんよ」とのこと。

    道
    マップ
     グーグルマップの推奨ルート(青色)ではなく、ショートカット(赤色)のルートは、とんだ大失敗だった。ナビにまかせっきりではいけないと痛感する。

    営業時間
    温泉分析書 平成24年6月15日

    ・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 (等張性中性低温泉)
    ・旧泉質名 (含二酸化炭素・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉)
    ・成分総計10.17g/kg
    ・泉温33.8度

     足元湧出泉。加温のみ。

     日帰り入浴8~18時00分終了。木曜と年末年始定休。500円。

    | ホーム |