札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ミリ 7
     札幌市南区の定山渓万世閣ホテルミリオーネは1階に、ベーカリー&カフェ「バーチテラス」を2015年8月オープンした。木のぬくもりあふれるラウンジや足湯カウンターを設け、焼き立てのパンやコーヒーを味わえる。
     営業時間7時30分~20時00分。宿泊客でなくても利用OK。他の宿へ素泊まりで泊まったので、朝食はココで楽しむことに。

    ミリ 1ミリ 2
    ミリ 4ミリ 3
    ミリ 6ミリ 5
    ミリ 9
    ・かぼちゃのブリオッシュ180円 「バターと卵をたっぷり使用。かぼちゃを織り込み、しっとりほんのり甘く」
    ・クロワッサン180円 「バターたっぷり、さくさく。イチオシ商品」
    ・ブレンドコーヒー400円 「マシンで抽出」

    ミリ 10


     支笏洞爺国立公園に位置する定山渓温泉って、住所的には札幌市南区だったりする。山奥なイメージなものの、冷静に考えれば札幌市内なのだ。945世帯・人口1,280人の住民構成は、昔からの定住者と、ホテル従業員に2分されるらしい。街中から各ホテルへ通勤する人々をカウントすれば、昼間人口はもっと多いかしら。

    北 外観
     大箱ホテルが林立する定山渓温泉において、宿泊客は館内で満足しちゃってあんまり温泉街に流出しない。だから、定山渓温泉における居酒屋は、宿泊客向けではなく、住民のオアシス的な位置づけなのかもしれない。しかし、あえて素泊まりして、夕食を楽しむ客として「北のかっぱ」に潜入してみた。国道230号沿いに佇み、ホットペッパーに登録しているので、敷居は低い感じ。

     土曜18時30分に電話した。「もう営業していますか、ワインはありますか、グラスで提供していますか」。電話口のご主人は「今から来ても大丈夫ですよ。ワインはグラスでお出ししますよ」と感じ良かったので、これは当たりかもと、はせ参じる。

    北 雑多な店内
    北 小上がり
     19時00分に訪問。カウンター+小上がり。雑然とした空間で、どことなく家庭的な雰囲気がする。通された小上がり席は掘りごたつだった。

    ビール&ワイン
    お通し
     来店前の電話で事前に聞いた「ワイン」は、メニュー表に一切記していなかったものの、「先ほど電話してワインを聞いた者です」と言えばフルボトルのコルクを開けて提供してくれた。値段は500円。一元客なのに、メニューにないものを、たまたまフルボトルワインがあったのか、柔軟に対応してくれたようで、大変ありがとうございました。お通し300円。

     お通し+食べ物5品(枝豆、地鶏たたき、豚精肉、串揚げ、刺身)+生ビール4杯+グラスワイン2杯=7,770円。ホットペッパークーポン持参で10%割引され、6,993円は大満足だ。

     ご主人と後から出勤して来た女性スタッフで切り盛りし、カウンターに常連1人が座るほか、掘りごたつ席に私たちと若いカップルが各1組。土曜夜の定山渓温泉の居酒屋は、それなりに盛況だった。チャイニーズ向けのメニュー表も完備していた。

     2007年に閉館したホテル渓谷荘は、2016年2月14日未明、不審火による火災で館内を全焼した。8ヵ月後の10月10日に訪れる。

    火災後の様子
    厳重禁止渓谷
     閉館したものの、所有者という存在は残る。しかし、不法侵入する連中が相次ぎ、建物を荒らした。こういう行動をした際、警察へ通報されると、警官が飛んできて、住居侵入罪として逮捕される。懲役3年以下または10万円以下の罰金だ。

     2006年に1泊したことを思い出す。合掌。


    開湯150周年で屋台
    まつり1
    まつり2
     開湯150周年を迎えた定山渓温泉は、イベントに力を入れている。定山渓ホテルとふる川の間の道路を歩行者天国にして、お祭りの屋台が並んでいた。ただし、当日夕方は寒くて客入りがイマイチ。閉店している屋台も散見された。

    夜のとばり


     2014年4月に閉館した山渓苑(札幌市南区)は、1万円以下で泊まれて、夕食は部屋食が売りという、定山渓温泉において値ごろ感のある温泉宿だった。
     新たな経営者によって2015年2月に再オープンした現在も1万円以下にとどめる一方、夕食は大広間に。部屋食ではなくなったものの、洋食プランを提供するなど、奮闘している。
     宿ホームページを通じ、素泊まりプラン1人5,650円×2人=11,300円を予約した。
     定山渓温泉で素泊まり可能は、レアで嬉しい。
     夕食朝食は、定山渓温泉街で食した。ホント新鮮で嬉しい楽しい大好き、な感じ。

    豊平川に佇む
    3階ロビー
    3階土産屋廊下




    客室
    ベッドルーム&和室
    ついんポット(温、冷)
    アメニティ冷蔵庫
    ユニットバス窓外の景色
    まんじゅう景色


    | ホーム |