札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     2016年ゴールデンウィークに、島根県雲南市の出雲湯村温泉「湯乃上館」へ泊まりたい。「1日2組限定」「囲炉裏での夕食は1組のみ」とハードルが高いため、2月上旬に予約電話すると、第1希望の4月30日は「あっ、満室ですね」とご主人。翌5月1日に切り替え、囲炉裏での夕食を押さえた。



    築140年の田舎屋敷へ
    行燈
     出雲湯村温泉の歴史は古い。約1300年前に書かれた出雲國風土記(733年)に存在が記載されており、大正時代までは宿が林立していたものの、現在は「湯乃上館」と「オーベルジュ雲南」に加え、川向こうに「国民宿舎清嵐荘」があるだけ。

     家屋が並ぶ路地の奥に、湯乃上館が見えた。石垣に囲まれた木造2階建ての佇まい。1873年(明治6年)に建てられたというから、実に築143年となる。宿は「田舎屋敷」とアピールするが、まさにそう。トイレ回りなどリフォームされており、清潔この上ない。

    路地裏に宿
    いい風情
     2階の客室スペースには複数の部屋があるものの、使用しているのは両端の2室のみ。他客の部屋と離れており、話し声などあまり気にする必要はなく、プライベート感がある。通された客室は角部屋で風格を感じる造り。窓が開け放たれ、縁側の椅子に座ると、5月の日差しとそよ風が心地良い。

    あさめし
    ・菜の花とベーコン炒めもの
    ・あごかまぼこ
    ・冷ややっこ
    ・生卵
    ・青菜漬物
    ・白米(木製おひつ)
    ・味噌汁

    朝食会場
     隣の客室で、8時00分から。

    | ホーム |