札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ほんのり生活臭を感じる客室
     清く正しく美しい、駅前旅館もしくは商人宿な風情。こじゃれた湯宿も良いけれど、ぶらり男の1人旅は、こんな感じが良く似合うかな。

    ロビーにあるピアノは、この宿の娘さんが子どものころ愛用し、今は札幌に嫁ぎ、誰も弾く人がいない・・・と妄想
     誰が弾くのか知らないけれど、ロビーにピアノがどーんと鎮座。昭和40年代のマイホームに流行った「応接間」を彷彿させる空間ですね。まるで実家に帰ってきた気分。


    夕食は部屋食でのんびり 宿泊日の前日昼に電話予約。2食付8,550円。ちなみにビジネスプランは2食7,000円。食事内容が異なるそう。例えば、毛がにをつけないとか。

     食事内容はまあまあ妥当な印象だし、細工していない湯を夜中も堪能でき、こじんまり宿に散見される「フレンドリー過ぎる(馴れ馴れしい)応対」は一切なく、スタッフは当方を「客」として接してくれる・・・

     この日、宿泊客は当方含め2人のもよう。館内貸切気分で静かに湯浴みしました。

    ゆっくりした時間が流れる長万部温泉街
     長万部温泉は、観光気分な雰囲気ではありません。では、なぜ長万部温泉へ足を運ぶのか。それは「湯」が目当てですね。

    黄色い湯面
     濃い食塩泉で色艶のある黄色い湯面を眺めるだけでうっとり気分。湯に身を沈めれば肌にぐいぐい染み入る感じで、湯上り後もぽっかぽか。
     そして、各宿がこじんまりした駅前旅館or商人宿で、家庭のように落ち着く雰囲気も好印象。食事は海の幸を味わえ、旬に足を運べば満足度が高いと私感です。
     そう言えば、長万部温泉の湯宿に自腹で泊まるのは、今回で4泊目ですが、いずれも1人泊ですね。自分なりの楽しみ方を持って泊まりに行けば、長万部温泉は「穴場感覚」で楽しめるのではないでしょうか。

    長万部は、丸金さん(日帰り)しか利用してないので参考になりました。

    ガッテン系の宿は好きですが、連れにはやはり、不評で苦労してます(笑)
    虎杖浜で、500マイル(泊)、赤富士荘(泊)を利用したときも、後からチクチクと、、、
    私は、チェックインしたら、速攻で近所探検です(笑)

    2008.04.08 00:05 URL | いわ #- [ 編集 ]

    長万部、白老っぽいな~と、思ったのは私だけではなかったんですね(笑)
    長万部、お湯も良さそうで穴場ですねc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...

    お弁当の写真が気になります。お弁当は大事ですよね。白老にも美味しい駅弁が出来るといいな♪
    (残念ながら赤富士荘は営業終了しました)

    2008.04.08 02:30 URL | エリ #cz3LwZ6I [ 編集 ]

    いわさん、こんばんわ! 私も以前丸金で日帰りしてみて、思いのほか湯が良かったので、長万部温泉の各宿へ宿泊するようになりました(笑顔) 意外に食事も良いですし。

    長万部の湯宿は、ガッテン系でもありますね(笑) 私も心引かれるのですが、ご指摘通り「つれ」には不評! 男子たるもの、同じ悩みを抱くようですね(笑) ですから、500マイルも赤富士荘も1人旅で利用しています~

    2008.04.08 21:40 URL | いっち #- [ 編集 ]

    エリさん、白老の温泉=長万部の温泉、「穴場」で似てますね(笑)
    白老の弁当と言えば、かに御殿の生すし弁当1,000円が印象深いです(笑顔) かに太郎の弁当400円もいずれチャレンジしてみたいですね。最近の白老はベーグル&バーガーと思いますが、まだ味わったことないです。

    赤富士荘、営業終了ですか! いわゆる「閉館」ですよね? 今度、赤富士荘に素泊まりして夕食は隣の池田で食し、朝食はほくようで入浴&朝食1,000円を堪能しようと計画していたのですが・・・残念です。

    2008.04.08 21:42 URL | いっち #- [ 編集 ]

    >赤富士荘は営業終了
    これは残念です。
    あのお風呂のユルさになんとも言えない味があった訳ですが、。。。。

    2008.04.13 10:08 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、私も同感です!
    風呂もさることながら、客室もこざっぱりしていて、3,000円で快適な素泊まりが堪能できたのですが。

    2008.04.13 15:18 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1012-01b62860

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。