札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     人口20,000人の白老町は、太平洋に面した東西28キロメートルに渡る地形で、太平洋に面した平坦部に、100本以上の泉源があるそう。地区別でみると虎杖浜・竹浦に70%集中しています。

     そもそも、白老町における温泉の歴史は40年ちょっと(沖野、クスリサンベツはたぶん除く)。

     昭和37年のボーリングで「登別臨海温泉」が翌年誕生したのを契機に、白老町内のあちこちで掘削が行われ、昭和40年代に大きく開発されました。

    温泉団地へようこそ!
     温泉ホテルや旅館、民宿、ドライブインのオープンラッシュに加え、昭和44年から民間業者による温泉付住宅地(温泉団地)の造成・分譲が相次ぎました。しかし、昭和48年のオイルショックで景気が悪化し、造成は一段落。

     昭和50年代に入ると、乱開発による温泉枯渇を危惧した北海道温泉審議会(掘削許可を審議する行政組織)が、白老町の平坦部全域において掘削を規制したため(保護地域、準保護地域に指定)、開発ブームはストップ。そのまま月日が経ち、現在の鄙びた街並みが形成されていると感じます。

     北海道新聞の平成19年1月13日付によると、白老町内の温泉団地は「同町によると、12ヵ所・2,400戸」。

     白老町が発刊している移住促進のためのリーフレットの地図に、温泉マーク&温泉団地名が記されてあります。

     ①ライラック
     ②岩倉
     ③旭化成
     ④バーデン
     ⑤ユーカリ
     ⑥太平洋
     ⑦緑泉郷
     ⑧柏洋
     ⑨クラウン

     これに、温泉マークのみ記されている地区が3ヵ所あり、当方がチェックしたところ、

     ①ヨコスト
     ②青葉
     ③東萩野

     が、該当するもよう。正しいかどうか分かりません。

    社台にある温泉団地
     これで、北海道新聞の記事通り、温泉団地は計12ヵ所になります。しかし「鈴蘭団地」が、抜けていますね。あと、苫小牧の企業ががアメリカンハウスをイメージした温泉付住宅団地「ザ・スプリングス白老」は、どこにあるのでしょうか。電線は地下埋設、一部建材はアメリカ直輸入、団地裏の東側に流れる川でフライフィッシング三昧・・・最近出来たっぽいですね。

     一方、今からほぼ20年前、白老町の住宅地造成状況(平成元年3月末)によれば、民間業者による「住宅団地」は、町内会ベースで見ると23ヵ所あるみたい。このうち、温泉付住宅がある町内会は21ヵ所・1,280戸と記されていました。

     【社台】社台第3
     【白老】日の出町第2
     【石山】青葉、石山萩野里、石山新生、東萩野
     【萩野】太平洋団地、緑泉郷、朝霧区
     【北吉原】バーデン、いずみ、ゆうかり、緑泉郷1区、緑泉郷2区、曙区、北吉原本町8区
     【竹浦】クラウン、若竹浦、若鷺
     【虎杖浜】1区、2区、5区、8区

     この中で、2町内会は温泉がありません。どこの町内会なのか不明です。

     白老町内の温泉付住宅は、いろいろ売りに出されていますし、白老町が移住促進に力を注ぎ、「温泉付住宅で暮らそう」旨のPRをしていますね。
     もしも、当方が購入すると「夢想」すれば、温泉は限りある資源だけに、湧出量がどうなっているか、購入物件に湯権はついているか、住宅周辺の環境や雰囲気はどうか、などなど、しっかり調べてから購入したいな。「こんなはずじゃなかった」とならないためにも。

     以前めぐった温泉団地の様子はこちら。あと、こちらも

    スゴイ!解りにくかった温泉住宅の謎がとっても詳しくアップされてる!住んでいても解らないのに、本当すごいです!かなりの時間をかけて調べられたと思い、感謝感激です
    m(__)m
    「ザ・スプリングス白老」は一枚目の写真の看板を行くとあります。岩倉団地でしょうか?このあたりは別荘地なので静かで綺麗です。車がないと住めない場所ですが、私も憧れます♪
    東側の川はきっと白老川だと思います。出来たのは最近ではなく、15年以上前からあります

    2008.04.21 00:51 URL | エリ #cz3LwZ6I [ 編集 ]

    いっちさん~よく調べましたね。
    ( ..)φメモメモ
    何度かこちらを調査したことがあるんですが、いまいちよくわからず、迷子になりながら、地図にない団地(住宅地域)などが存在してびっくりしました。
    思った以上に空き地がおおく感じたかな?
    エリさん情報もありがたいですね。

    2008.04.21 05:26 URL | かりん #- [ 編集 ]

    エリさん、過大なるコメント、恐縮です!
    本当は役場や郷土史研究家の元へ出向いて聞けば、明快に白老の温泉団地の全貌が明らかになるのでしょうが、そこまでの勇気も行動力のありません(笑) 自分で見聞きしたことをちょこちょこまとめました。
    ザ・スプリングス白老は、岩倉団地でしたか! 地図でみれば、確かに東側に川がありますね。貴重な情報ありがとうございます!!

    2008.04.21 21:36 URL | いっち #- [ 編集 ]

    かりんさんへ。この話題を記すきっかけは、「温泉付住宅が170万円!?」で書いた電信柱広告がきっかけです。
    社台に温泉団地があるって知らなかったので、調べてみたら、どうやらあるみたい。で、実際に足を運ぶと、ヨコスト温泉管理組合の看板や、オープンハウスの旗や看板を見かけ、170万円の物件も眺めました・・・値段相応だなあ・・・と(笑)
    その後、白老町の温泉団地の概要が見えてきたので、今回記しました。でも、エリさんに伺って判明したザ・スプリングス白老の件のように、「未知なる情報」が、他にもたくさんあると思っています。奥が深いですね、白老って(笑顔)

    2008.04.21 21:40 URL | いっち #- [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2008.04.22 06:03  | # [ 編集 ]

    鍵付コメントさん、ありがとうございますm(__)m

    2008.04.22 21:12 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1028-4ff41c27

    | ホーム |