札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆男性内風呂

    男性内風呂
     4~5人用の湯船が1つ。

    湯面はグレー
    洗い場5つ


    男性脱衣所。ここにもドラえもん
     男性脱衣所。

    ◆男性露天風呂

    「あります」って表記、「冷やし中華あります」を思い出すのは私だけ?
     露天風呂の存在をアピール。

    露天
     湯船は内風呂と同じくらいの大きさでしょうか。

    こぎれい
    こじんまり
     平成6年8月の温泉分析書を読むと、源泉名「奥の湯」は、単純硫化水素泉(弱酸性低張性高温泉)。
     泉温80.5度、pH4.9、成分総計0.558g/kg、蒸発残留物0.457g/kg。道立保健所確認シールによれば、湯に何も手を加えていません。

     女性風呂もほぼ同じ広さみたい。

    日帰り休憩用の広間
     日帰りは平日13~20時、土日9~20時。500円。

    うんうん、つくりも形も女性側と同じですね。
    こじんまりしたいい温泉湯ですよね。

    2008.04.25 06:16 URL | かりん #- [ 編集 ]

    かりんさん、客室10室弱の湯宿で、内風呂と露天がこのくらいの大きさは、こじんまりしつつも、ご指摘通り、いい感じでした!
    新登別温泉の湯、当方のお気に入りになりつつあります~

    2008.04.25 20:05 URL | いっち #- [ 編集 ]

    これは良さそうな。
    確かに規模的にちょうど良さそうな宿ですね。露天の玩具は片付けられたのですね(^^♪

    2008.04.25 22:01 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、こんばんわ~
    露天はきれいでしたね(笑顔) 足を運ぶ前は、どぎまぎしていましたが(笑)
    新登別温泉の湯宿ご主人の出身地は、いわた=愛知、四季=関西、新登別温泉荘(夏季限定営業)=関西・・・ いずれも「内地」出身の方でした(笑顔)

    2008.04.25 22:28 URL | いっち #- [ 編集 ]

    新登別温泉は内地出身の方に人気の温泉なですね。

    新登別温泉、湯のことで近い将来何か動きがあるような?

    2008.04.26 08:39 URL | かりん #- [ 編集 ]

    なにか、あるのでしょうかね、かりんさん。

    2008.04.29 18:53 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1040-99c01200

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。