札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     「おお、写真やるんですか」

     朝食時、当方のカメラを見たご主人が、声をかけてくれました。

     「さっぱり(腕前はない)です、気合入れた写真愛好家じゃないんですよ」
     「それじゃあ、帰るまでに、ウチで写真の勉強していかなきゃ。テストやって80点取れなかったら、もう1泊してもらうからね。ずっと帰れないかもね」

     ご主人は愛知県の出身。あの辺はもはや関西のノリなのかな。そんなふうに感じながら、朝食後に客室へ戻りました。

     写真集。いい本だった
     客室には、こんな写真集が置いてありました。ご主人の「粋な計らい」です。

     当ブログに寄せられた情報によれば、「宿の人が勝手に客室へ入って、写真集を置いていった」というクレームがあるやに聞きますが、そもそも、客室に宿の人って、勝手に入りますよね、「布団の上げ下げ」で。
     宿の人から、「いやー、あなたが夕食(朝食)食べている間に、客室にスタッフが入って、布団上げ(下げ)しますので、ヨロシク」って、そういう説明、「野暮」なので、あまり聞きません。当方が夕食(朝食)を食べに、大広間へ行く際は、「布団の上げ(下げ)があるはずだから、ちょっと部屋を片付けていこうか、財布やケータイは持参しようか」。そういう対応をしています。日本の旅館って、そうですよ。

     この宿、布団敷きは「セルフサービス」なので、普通に考えれば、客室にスタッフは誰も入って来ない段取りですね。「断りなしに客室へ入り、写真集を置いていった」と憤慨する客は、当方のようにご主人と「対話」がなかったのでしょうか。気になるところです。

     ちなみに、テストはありませんでした。残念?
     
    ドラえもんたち
     ご主人、ドラえもん好きなのかな。喫茶コーナーはこんな感じでした。なんだか、ご主人の風貌、ドラえもんチックに見えるのは、当方だけでしょうか。

     この湯宿、当方含め、客は2組だけでした。

     土曜に2人で泊まって2食8,650円ですから、値段相応でしょうか。建物がきれいでいい感じ。壁が薄いのが、アレですが、それって、木造こじんまり湯宿の宿命でしょうね。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1041-8f4da97a

    | ホーム |