札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     糠平温泉の湯宿10施設のうち、「山湖荘」「中村屋」「糠平温泉ホテル」「ペンション森のふくろう」「東大雪ぬかびらユースホステル」の5施設は、「無料で外湯めぐり」を企画しています。

     上記湯宿の宿泊客は、他の4施設へ無料で日帰り入浴OKなのです。

     利用時間15~21時、8~10時。

    外観
     山湖荘の斜め向かい側にある、中村屋へ足を運びました。

    玄関前ロビー
     山湖荘宿泊客の場合、客室に置いてある風呂用カゴ(タオルとか入れるのに便利)を持っていくと、身分証明になり、スムーズに「どうぞどうぞ」と風呂へ通されます。

    混浴露天出入り口
     中村屋自慢の混浴露天風呂へ。夕食前の17時は宿泊客の入浴で混むタイミングゆえ、きっと宿泊中の夫婦・カップルが仲良く入浴しているでしょう。それならば「外様」の当方らは内湯へ行きましょう。
     モノは試しにのぞきに行きました。

    露天へ続く廊下男性脱衣所
     廊下を渡り、男女別脱衣所で服を脱ぎ、ドアを開けると、そこは混浴露天風呂。

     あれっ、誰もいません。

    湯船
     糠平温泉は、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉(含重曹食塩泉)が基本。さらりとした湯が適温で満たされていました。

    他の女性客と一緒だったら、照れる鹿が通りがかるケースもある
     平成13年(2001年)4月に1泊した経験があります。あれから月日が経ち、館内もいたるところがリフォームされ、木のぬくもりを感じる造りになりつつあるよう。
     完成、という状況ではない感じなので、さらなる進化に期待しつつ、混浴露天を堪能した後、内湯の熱い湯でしゃきっとして、山湖荘へ戻りました。

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2008.05.14 01:04  | # [ 編集 ]

    鍵付コメントさん、大変ありがとうございます。今後ともヨロシクです。

    2008.05.14 20:52 URL | いっち #- [ 編集 ]

    おお、露天風呂ずいぶんと綺麗になってる!
    こんな立派な脱衣所もなかったし。

    山側の方をふり返ると鹿がいたりするんですけど、いましたか?(^^ゞ

    俄然、行ってみたくなってきました。

    2008.05.14 22:59 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんがおっしゃるように、私も感じました! 露天風呂へ行く廊下も脱衣所も昔はなかったですよね。
    鹿さんは今回見かけませんでしたが、以前泊まった時、夜に親子の鹿が通りがかり、北海道はすごいなあ(笑)と痛感しました。
    糠平温泉は、今回3回目の宿泊ですが、やっぱり底力がある湯ですし、各宿が頑張っていて良い感じですね(笑顔)

    2008.05.15 20:49 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ご無沙汰しております。
    昨日、ぬかびら温泉ホテルに投宿して、幌加温泉旅館のその後について訊ねてみたところ「中村屋さんが昨年買って、手を加えると言う話ですよ」というので、びっくりです。
    まだ大工仕事は全然始まっていないようですが、中村屋さんが買ったことは間違いないと思います。
    お知らせまで。

    2016.04.01 01:00 URL | さくら #NqNw5XB. [ 編集 ]

    さくらさんへ

    こちらこそご無沙汰しております。
    ええっ、そうなんですか!!! ありがとうございますm(_)m
    眠気も一気に覚めました(笑顔)

    ご主人の手作業で修繕するのであれば、コツコツ時間がかかりそうですが、
    気長に復活を待ちたいですね~
    中村屋プロデュースであれば、期待できそうですし。
    雪解けでお出かけしやすい季節になりましたね。
    お互い、湯めぐり楽しみましょう(笑顔)

    2016.04.02 07:53 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1056-568102c6

    | ホーム |