札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    囲炉裏で夕食 当方指定の18時から、1階食事処で。囲炉裏がついているテーブル席は、後ろの席とパーテーションで区切られた造り。

     飲物メニューは、生ビール650円、瓶ビール600円、日本酒(大雪の蔵600円、大吟醸常呂川850円)、焼酎420円、ジュール類210円。そして岩魚の骨酒(2合)1,800円。

     ワインがないため、スタッフに了解を得た上で持ち込み。  
     囲炉裏山賊プラン1泊2食付9,000円の夕食は以下の通り。お品書き付。


    ◆囲炉裏メニュー

    囲炉裏の雰囲気を楽しむ
    温泉豆腐鹿肉2人分
    ヤマメ焼き・温泉豆腐
    ・鹿肉2人前
    ・ヤマメの串囲炉裏焼き(既に厨房で焼いてある)


    ◆他のメニュー

    刺身
    ・にじますのお刺身

    小鉢1小鉢2
    ・ぼりぼりとウドの酢の物
    ・アイヌネギのおひたし

    小鉢3香の物
    ・こごみのクルミ味噌マヨネーズ和え
    ・香の物


    ◆後出しメニュー

    煮物イモ団子
    ・蕗、山菜入り巾着の煮物
    ・いも団子のキノコあんかけ

    天ぷら締めの食事
    ・ワカサギの天ぷら
    ・温泉粥、タモギダケのお吸い物

     食べ尽くした温泉豆腐の鍋をスタッフが一旦、厨房へ持っていき、温泉粥を入れて提供。薬味の味噌とともに食します。

    食事処前の廊下
     食事処前の廊下。

    ふとん
     お腹一杯になって、客室へ戻ると、布団が敷いてありました。

    うわぁ~私好みのお食事です。しかもいっちさんのおっしゃる通り、なかなか囲炉裏付きのお部屋って無いですよね?
    ぬくもりの宿…にはある(ハズ)ですが囲炉裏付きお部屋は「高い方」のお部屋で実際にこの眼で見た事はありません。

    お食事時も囲炉裏で…と聞き真っ先に思い浮かぶのは、登別温泉の 滝乃家別館 → 玉乃湯 でしょうか?すみません、ココしかパッと思い浮かばず(まだまだたくさんあるんでしょうが)
    やっぱり調理されて出て来るのと違い、心の満足度・贅沢度合が違いますよね?
    行きたいな~行ってみたいな。

    温泉もガンバってる感タップリで気に入っちゃいましたし。あーあ、行きたい所だらけじゃないか!支離滅裂な文となってしまった事(毎度の事ながら(笑))心の広い、いっちさんに免じて(←勝手に決めちゃいました(大笑い))お許し下さいね。

    又すぐにコメントしまーす(^o^)丿バイナラ(バイバイとさよならのドッキング語です。昔、欽ちゃんの番組で斉藤セイロク(漢字を忘れてしまいました)がこう挨拶してました。)

    2008.11.03 12:35 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    コメント、ありがとうです~ ドラあきさん!

    ナイス夕食ですよね、ここ。決して派手ではないのですが、囲炉裏を含め「あったかい」料理でしたね。「心の満足度・贅沢度」って表現、いいなあ。山湖荘は、そんな思いが当てはまりましたね。

    私も囲炉裏と言えば、道内では玉乃湯、ふる川くらいしか思い浮かびません。この2つの湯宿は1万円超ですが、山湖荘は9,000円なにがしで泊れますので、敷居が低くていい感じですね。

    斉藤清六氏、なつかしいです(笑) 「村の時間の、時間がやってまいりました」ってあいさつ、ああいうので、日本全体が一体感を得ていたのですから、いま思えば不思議でしたね(笑顔)

    2008.11.03 22:43 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは。
    今日は3日振りの社会復帰(笑)何かと激疲れしましたが何とか乗り切りました。フゥーッ!と溜め息…
    たったの3日間…だったけど色んな思いをしただけに(しみじみ(;O;))神妙に今日と言う日を過ごしてしまいました。(いっちさんには2度も、思いをぶつけてしまい申し訳ありませんでした。(っと今更ながら、反省↓↓ ペコリ ))

    斉藤清六氏さん、この漢字で良かったのですね。自信が無くって、漢字(カンジ)間違ったら感じ(カンジ)悪いかな?と思い(斉藤さんに(笑))漢字しか使わないドラあきが敢えて片仮名にしてしまいました(汗)
    この話題自体、本当懐かしいですよね?「村のぉ~時間のぉ~時間がぁ~やってぇ参りましたぁぁっ!」ってポマード(?って言うんですよね?)ベッタリ付けた不思議な髪型で首を振り振り(笑)テレビの中のテレビで挨拶…
    あの頃って今思うと、未だ平和でしたね。私が10-11歳の頃、欽ちゃんが全盛期で、まだ(北野、ではなく、ビート)たけしが勢い無かった頃~下ネタでも人を馬鹿にしたギャグでも無く、純粋に家族全員で同じ番組を見て、「めだかの兄弟」なんかを、ゆったり歌って…

    欽ちゃんブームの1-2年前、私が9歳頃? 漫才ブームで若かりし頃の~さんま~が司会の番組で(やす・きよ も出ていました)赤チーム.白チームにわかれて何かを競って(記憶がおぼろげです)お湯の入った水槽に紐を引っ張られてドボン、って番組ありましたよね?
    我が家は余計なテレビを見ない、つけない家庭だったのですが、さすがにこの漫才ブーム時期のこの頃はこの番組を見て、NHKののど自慢を見て、笑点、もしくは相撲、サザエさん…とお決まりのパターンでした(笑)日曜日だけの特別扱いでしたね。

    もっと言いますと、ドラえもんが大好きな私は日曜の朝9時半からのドラちゃんの時間を待ち切れず(笑)7時前にはテレビ前に正座し(大笑い)おはようゲートボールに始まり………題名のない音楽会~と続きやっと待望のドラちゃんに辿り着けた記憶がシッカリ今もハッキリ残っています。面白い事に、毎度毎度 おはようゲートボール を見ていたお陰で(笑)お年寄りの代名詞のゲートボールのルールを完璧にマスターしてしまいました。今はパークゴルフがブームですが、この頃は全盛期だったんですよね?

    あらあら又長く浸り・語り・ぼやきモード入ってしまいました。
    いっちさんが、まさか「村の時間の…」のフレーズを覚えてくれているなんて楽しく・懐かしくなってしまって語っちゃいました。
    私が9-15歳位の時って(昭和55年~昭和61年あたり)今で言う日本の絶頂期だったみたいですね。
    私の就職した18歳の頃(平成2年)ってバブルの弾ける直前の年だった様です。私の2つ上の先輩が証券会社に勤めて1年目で1回に100万のボーナスを手にした…と言っていましたから恩恵を受ける(た)企業にとってはスゴイ良き時代だったのでしょうね?
    私達の時には何の恩恵も受けず、バブルの意味さえ知りませんでしたから…
    でも人間って良い思いをしてしまうと、お金にせよ精神的なものにせよ、何でも落とすのって辛いんでしょうね?
    前はこうだったのに…とボヤいたところで事態は変わらず。結局考え方を変えて行くしかないんだろうなぁって。
    バブルのバの字も知らない私達には金利8-9%(?)とかタクシー拾うのに万札何枚もヒラヒラ~♪とか意味さえ分かりません。

    何だか熱くなってるドラあきですが~いくら今が不景気と言っても、あまりに最近皆さん元気が無いなぁ…余裕が無いなぁ…と。マナーが悪すぎるなぁ…と。
    毎日通勤の地下鉄の中、街中、札幌ドームで、温泉で、公共の場で…
    と言えないのでココで言っちゃいました(笑)

    いっちさんのコメントに良き時代を回想してしまったドラあきでした。
    ゴメンナサイ、暴走、暴走、暴走半島×(房総半島○)してしまいました。
    毎度の事とは言え最近あまりに、本当マナーもモラルもあったもんじゃないのでキレちゃいました (・へ・) アセアセ、ヒヤヒヤ 

    2008.11.04 20:07 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    >欽ちゃんブーム

    わたしはラジオ(ニッポン放送)→本→テレビ(フジ)からなんですよ。年がバレますね^^;。

    2008.11.04 22:25 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    ドラあきさん、NHKのど自慢→笑点(相撲)→サザエさん・・・ 日曜のゴールデンスタンダードですね(笑顔) 当時も今も色あせない、ナイス番組ですよね。

    世界恐慌と言われている今日この頃、玄関で靴を探している女中のために、お札に火をつけて「明るくなっただろう」という感覚は分かりませんですね(指摘している時代が違う?笑)

    身の丈にあったイキカタで、それでいいかなあ~

    2008.11.05 00:38 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅前旅館さん、私はテレビでいつの間にか盛り上がっていた欽ちゃんブームしか存じませんが、当初から見つめていたのですね(笑顔) さすがです(笑)

    2008.11.05 00:42 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1057-6d117fdc

    | ホーム |