札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆洞窟風呂、そして囲炉裏づくしのこじんまり湯宿

    山の旅籠
     正式名称「山の旅籠 山湖荘」。そう言えば、以前は「温泉民宿 山湖荘」でしたね。昭和35年(1960年)オープンですから、ことし創業48年を迎えました。客室8室のこじんまり湯宿です。

     近年、複数回のリニューアルにより、「洞窟風呂」「全室囲炉裏付」「夕食の囲炉裏料理」を実現。他の湯宿にない大きな特色と感じました。


    ◆本格的な洞窟風呂

    大きい浴室の方の洞窟風呂
     窓のない地下風呂を「洞窟風呂」として、リニューアル。含重曹-食塩泉のさらりとした湯が、湯船に適温で注がれており、薄暗い浴室に、新鮮さを感じた次第。2つある浴室は大きさが異なり、男女入れ替えするため、宿泊者は両方の浴室を楽しめます。


    ◆客室&食事処に「囲炉裏」

    客室の囲炉裏食事処の囲炉裏
     囲炉裏って、いいなあ。「火」を囲む行為は、気持ちが高揚する一方、なんだか心が落ち着くのは私だけでしょうか。ジンギスカン(バーベキュー)、キャンプファイアーなどなど。「火」は崇高なものと感じ、畏敬の念を抱きますね。
     日々の生活で、囲炉裏に接することはないだけに、湯宿でこういうスタイルに出会うと、非日常的で嬉しい限りです。

     鹿肉を焼いたり、ぐつぐつ煮立った温泉豆腐をハフハフ食すのも楽しかったですし、何よりも小鉢に盛られた各種山菜料理が、体験したことのない美味な味だったと、つれ談。


    ◆館内あちこち、工夫だらけ

    食事処前
     館内は、民芸調チックで、しゃれた雰囲気が随所に拝見できます。

    大入袋「満室で不自由をおかけするかも」・・・ 大入袋というナイスなアイデアだけに、全面的に許すよ~
     夕食を楽しんでいたら、宿の方が「きょうは満室なので」と、大入袋を当方に手渡してくれました。こんな体験、初めてです。

    てるてる坊主あめ
     客室には、てるてる坊主が置いてあるほか、チェックアウトの際に、手書きメッセージ入りカード付の飴の入った袋をもらいました。「旅の途中に召し上がってね」。

     こんなふうに、例を挙げましたが、この湯宿、いろんな細かいアイデアを積み重ね、素直にすごいなあ。つたない当方の宿泊経験上、ここまで工夫し、「もてなします!」の姿勢を強く感じる熱意のある湯宿、そうそうありません。

     そもそも、洞窟風呂、囲炉裏って、ありそうでないですよね。これで、土曜1人2食9,000円で泊まれるのですから、お得感いっぱいです。

     何より、40代半ばと思しめき、3代目のご主人が率先して、当方らを笑顔でもてなしてくれるんです。チェックイン、夕食・朝食、チェックアウト・・・ 家族経営らしく、奥様も気さくですし。


    ◆総括

     久々に大変気に入ってしまった湯宿なので、もっと雄弁に感想を記そうと思いましたが・・・ 良質の湯宿に対し、あまり言葉はいらないのかも知れません。

     当方が「べた褒め」している背景には、2食9,000円なのに、ご主人ら湯宿の方が頑張っていて凄い! という思いがあります。

     もし、当方が記した「べた褒めな感想」だけ念頭に置き、「漠然」と泊まれば、「凄く良いと評判を聞いたのに」・・・と憤慨しつつ、「北海道なのに、なぜカニを出さないのか」「露天風呂がなくて残念」「大きなホテルとは異なり、バリアフリーではなかったので、せっかく連れて行ったおばあちゃんが風呂へ行くのに苦労した」などと、トンチンカンな感想を抱くかも。

     この湯宿、そもそもは「民宿」です。ゴージャスではないんです。その辺の特色を改めて胸に刻み、気に入るようでしたら、レッツゴー。

    ようこそ♪
     糠平温泉は、他にも泊まりたい湯宿が複数あるものの、山湖荘へ次にいつ泊まろうかな、なんて思う今日この頃です。

    久しぶりにコメントさせていただきます。こんばんは。

    山湖荘はぼくも友人2人と昨年晩秋に訪ねまして、大いに心に残りました。ポイントはいくつかありますが、結局いっちさまおっしゃるとおり、経営者の蟹谷さんはじめご一家の腹を括った(笑)こころ尽くしのもてなしが伝わるからなんですね。べつに気構える必要はないですが、旅慣れない人がテキトーに泊まって意を汲み取りきれないトンチンカンはイヤだなあ。

    告知なしに犬同伴で来た宿泊者が、他の宿泊客のことを考えた宿が犬の同宿を丁重に断ったところ、「対応が悪い」「料金の割りに食事が貧相」等々のゴタク並べていったこともあるそうですし。

    山湖荘はじめ糠平温泉郷は独力で地域活性を図っているようです。山湖荘主人の蟹谷さんも発行人を務める地域誌「ぬかびら見聞録」は札幌でしたらコーチャンフォーでも扱っていますので、ご一読されてはいかがでしょうか。大学サークルの、ミニコミ誌みたいなノリで面白いですよ。

    あ、あと朝食会場でしんむら牧場の牛乳飲みましたか?ぼくのときはカラメルのような風味がしてすごくおいしかったです!

    2008.05.17 22:36 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    ぼらぼらさん、コメントいただき、感謝します。
    山湖荘、やっぱり、良いですよね、ご主人をはじめとする家庭的なもてなしが!

    宿には、いろんな「思想」「価値観」の方が「不特定多数」に集まってくるのでしょうから、ご指摘のような「ペット=家族の一員です」などという方々が、個性的な言動を垂れ流し、周囲を辟易させるのでしょうね。ペット好きの人にとっては、「なぜ、家族の一員を不当に扱うのか」という理論なのでしょうが。社会通念という名の「道徳心・モラル」は、一体どこにいったのか、気になる今日この頃です。

    見方を変えれば、宿の方は当方を含め、素性の知れぬ客人を毎日受け入れて、理不尽な要求に対峙しつつ、何とかもてなしているわけですから、素晴らしいことだなあ、と頭が下がる限りですね。

    ぬかびら見聞録、本棚の奥に3冊並んでいました(笑) 買ったのは良いですが、斜め読みしかしておらず、今回ブログを記すにあたり、本棚から引っ張り出した次第です(笑) 山湖荘ご主人のエネルギー、凄いなあ、と熱気が伝わる雑誌ですね。

    しんむら牧場の牛乳、飲みました! カルメラかどうか、記憶が定かではないのですが(苦笑)、濃い味だなあと思ったのは事実です。

    2008.05.18 20:36 URL | いっち #- [ 編集 ]

    お久しぶりです。

    18日~然別方面に行ったので 山湖荘に寄って 貸し切り風呂をしようと 相方が受付に行ったところ なかなか出て来られず 更に 貸し切りは駄目と言われてしまいました。
    確かに入口横の看板には 貸し切り風呂1600円と書いて有ったのですが‥

    後 みはる食堂は 去年11月に体調を崩して閉めたらしいです。 かなり美味い豚丼だから残念です。
    糠平より少し芽登よりに ログ風のハ-ブレストランピ-ティ-と言うレストランが在ります。
    そこの インディアンコ-ヒ-(ご主人命名)カフェオレとも違い なかなか美味いです。ふわとろ玉子チキンライスを食べましたが
    美味いです。
    ピ-ティ-とは インディアンのテントね名前だそうです。店の前に有りました。 BGMは有りません。

    糠平湖 今年は雪が少なく 特に水が少ないらしいです。



    2008.05.20 13:51 URL | ゆうすけ #/3WEEAIQ [ 編集 ]

    ゆうすけさん、お元気そうで何よりです!

    山湖荘の貸切日帰り入浴、お断りの理由は何でしたか。
    ①清掃中②他の日帰り客・宿泊客が入浴中③何も理由を言われずお断り④その他・・・
    気になりますね。

    家族経営のこじんまり湯宿は、日帰り・貸切OKと謳っていても、ゆうすけさんのような対応拒否、私も経験ありです(苦笑) 人手不足・・・なのでしょうか。

    宿やガイドブックが示す日帰り受付時間・サービスを鵜呑みにせず、「今日は日帰りできたからラッキー」くらいに思った方が、精神衛生上、良いのかなと経験談です(笑)

    しかしながら、結局は対応困難なサービスを、最初から提示しない方が良いよ! と、思います。宿の評判が下がりますし・・・

    思い切って、「日帰り不可、宿泊のみ対応」って、断言してもらえれば、少なくとも当方は支持します(笑)

    みはるの豚丼、食したかったです(泣)
    ピーティー、初めて知りました! 糠平界隈は、またうろちょろしたいと感じておりますので、お教えいただき、ありがとうです!

    2008.05.20 20:34 URL | いっち #- [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2008.05.20 22:17  | # [ 編集 ]

    鍵付きコメントさん、いろいろお教えいただき、ありがとうございます。

    サービスを断る理由は、宿側が「客に問われなくても」、きちんと客へ伝えるべきですよね。そうでなければ、なんだか納得できないですよね。

    これは、湯宿に限った話ではなく、当方を含め、日々のお仕事(ビジネス)の世界で、お客さん(クライアント)に対し、当社で出来ることと出来ないことをきちんと伝え、理解を得た上で、「今回は期待に応えられないが、今後ともヨロシク」と、頭を下げ、礼を尽くす・・・ 他山の石にしたいです(笑顔)

    もし、おおやけに公表している日帰り受付時間にもかかわらず、掃除などで日帰り対応が困難な場合、「日帰り無料券」を渡すとか、「宿ネーム入りタオル」をプレゼントするとかで、断った客に感謝の意を示せば良いのでは、と思います。

    そうすれば、客を断ったにもかかわらず、宿の評判を高めるでしょうから、安い投資だと考えます。
    こういうアイデア、経営コンサルタントにお金を払って頼まなくても、客の声に耳を傾ければ、把握できるレベルだと私感です。

    2008.05.21 21:50 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは。
    思い立ったら即、行動~な私はココ、山湖荘に泊まりたく宿へ質問メールを只今送信致しました。
    …と言うのもある方のブログを拝見した処、去年の事ですが往復バスの送迎と諸々が付き3千円との事(説明を省かせて頂きました)
    えーえー、それってガソリン代往復代よりお得だし、何せ冬時期の運転が億劫なドラあきにとってはメッチャお得~と、飛び付いた訳です(笑)
    でもこのブログは去年の話…今年は無いのかしら?と思い、宿に問い合わせした次第です(いっちさん風(笑))
    だって、だってですねーどうしても年内に行きたいのです。(笑)行きたいと言ったら行きたいのです。それで~手段はバスか?JRしか無いと考え。JRは予算オーバーだし…とお手軽なバスを選んだ次第です。(笑)

    ココの宿に限らず、糠平温泉ってすんごいガンバってる温泉地なんですね。
    連泊した場合は夕ご飯、他の宿で食べるって手段があるんですねぇ。それならそのご飯を食べたいなら、そこに泊まれば良いじゃん!!と言うツッコミはこの際無しにして(笑)宿同士がお客さんの取り合い~ではなく、お互いに切磋琢磨してより良い温泉地にしようと努力を惜しんでいないんだなぁ、と私感。(笑)
    いっちさんが行かれた様に温泉も時間の制約はあるものの、アチコチ回れるってドラあきにとっては、とっても大事なチェック項目ですもん。(笑)
    絶対にムキになって鼻息荒らげながら(大笑い)2-3件は回りますね。
    ドラあきってそんな性格ですから、髪を濡らさない様に髪をアップにして(束ねて)、多分チェックアウトギリギリまで入浴♪しちゃうと思います。
    今問合わせ中ですが、もし今年もお得なプランが継続中なら11.12月に行くのは【確定】すると思われます。良い返事が来ると良いのですが…。

    いっちさん、又長ーい独り言にお付き合い頂き、ありがとうございました。

    そして前にいっちさんに問い合わせした際、いっちさんが対処してくれたお陰で、コメントをすんなり送れる様になりました。助かりました。ありがとさーん(←アホの坂田 風)です。ふざけてゴメンナサイ。

    2008.11.09 19:32 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、糠平温泉ですか! お目が高いですね(笑)

    お得そうなバスのことは、ちょっと分からぬのですが、仮にこのバスは本年度やっていないとして、安く行く方法・・・

    札幌⇔帯広はJR。得割きっぷ往復1人11,000円(12月から500円アップ)は、乗る列車が限定(朝早いor夜遅い)ですが、指定席ですし安いですね。
    帯広から糠平まで路線バス、という手もあるほか、車で1時間ちょっとですから、プラス3,000円でJRレンタカーを借りてみませんか?
    JRきっぷを買う際、あわせてJRの「レンタカーオプション券」3,000円を買い求めましょう。札幌⇔帯広であれば、購入OKですよ。3,000円=借りた時間から24時間分です。もし、同行者がいて、仮に2人で行くならば、レンタカーは2日分6,000円で借りることができますよ。
    糠平で湯めぐり、これからの時期は寒いですが、それでも楽しいそう、と思った次第です(笑顔)

    2008.11.09 20:05 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは。
    いっちさんに教えて頂いたJRの件、只今検討中です。
    なるほどレンタカーって言う手もありかぁーと考えています。
    車はあっても雪道、アイスバーンの路面でしかもカーブ多し、トンネル多し…だとついついおじけつき…
    近場の定山渓温泉に入り浸りになってしまってました。
    雪を見ながらの温泉は大好きなんですが、移動を考えると頭の痛い季節です。
    バスなども簡単に酔ってしまい宿に着いてもグロッキー…と言う事態が数々あったドラあきにとってバスでの移動はかなりキツイですぅ。
    でも糠平温泉、是非次の宿泊先の候補地に入れさせて頂きました。今のところ1位です。(笑)2位は

    2008.11.11 22:02 URL | ドラあき #BWgGc7Fk [ 編集 ]

    続きです。

    2位は旭岳のラビスタか勇駒荘が良いです。(笑)
    おとなしく雪が解けるのを待つか?JRを使うか?うーん、真剣に悩んでます。((;-_-)眉間にシワ寄せ中…)
    いっちさんのおっしゃる様に、だいいちの様な道東は遠いので飛行機を使うと…予算オーバーですね。(汗)
    そこにお金をかけるなら何泊もしちゃえるじゃない!と考える私はやはり近場にするべきですね。
    雪が無くなって快適走行出来る様になったら又思いっきり遠出します。その頃には虫さんや、パトカーも増えるので要注意ですが…

    何かとアドバイスを頂きありがとうございます。11-12月の宿泊先、真剣に検討してみます。
    悩むよ、悩めるよ、迷うよ、きっと…(心の声)
    それでは落ち着いたら(←何が?)又コメントしたいです。では、又~(^o^)丿 ホイナラ

    2008.11.11 22:17 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、車の運転が難しくなる季節、悩ましい問題ですね。お察しします。
    短距離だけレンタカーを使えば、糠平もOKですね。

    おおっ、旭岳の2つの宿もナイスです~ どちらも食事美味しいですよ! 「風呂・湯」は勇駒荘がいい感じ。「充実したアメニティー、設備、サービス」はラビスタに軍配かしら。いずれにしても、どちらの湯宿も「また泊まりたい」と私感です。
    ただし、札幌⇔旭川はJR利用しても、札幌⇔帯広のように、JRレンタカー24時間3,000円という格安プランはないです。普通料金でレンタルすることになります。

    私としては、定山渓入り浸りも大好きです(笑) 登別も高速を使えば、比較的快適かつ短距離なのかな。
    宿選びはうんうん苦しみますが、これがまた楽しいひとときと思っております(笑顔)

    2008.11.12 21:44 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1059-8718b274

    | ホーム |