札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    朝食
    ・焼魚(しゃけ)
    ・わらび
    ・生卵
    ・タクワン
    ・梅干
    ・味付のり
    ・白米(おひつで)
    ・みそ汁

     8時から客室で。ご主人が、ポットに入った熱々のほうじ茶を持ってきてくれました。

    500マイル、富士の湯温泉旅館、虎杖荘・・・白老の湯宿も、こんな感じ
     ちなみに、朝食も夕食も、ご主人がトレーで持ってきてくれます。配膳は自分で行い、食べ終わったら皿をトレーに入れ、廊下へ出しておくと、後でご主人が下げてくれるシステム。

     当方は、1階の管理人室までトレーを持っていき、「ごちそうさまでした」とあいさつしました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1068-149f1bd6

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。