札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆ほんのり鼻突く、湯の匂い

    味わいある看板
     車から降りると、ほんのり「ゆでたまご」の匂いが鼻腔を突き、「ああ、山奥の温泉場へはるばるやってきたなあ」と実感。なんとなく旅情が高まります。
     足寄町・雌阿寒温泉(湯宿3施設)に佇む2食付6,500円の温泉民宿へ投宿です。



    ◆「限りなく白色に近いブルー」な湯面

    美しい
     事実上の混浴露天風呂は、開放感あふれる広さ、そして湯面は青と白が混在した美しい色合いで、「限りなく白色に近いブルー」と感じました。
     泉温41.1度を手を加えず利用していますから、春先ゆえにいささかぬるかったものの、これが夏ならば、気持ち良いでしょうね。
     ただし、夏は「アブ」さんをはじめとする、自然界の重鎮の洗礼を受ける機会は高まるかも、とも聞きます。その辺は「出たとこ勝負」でしょうか(笑)



    ◆足元湧出の男性内風呂、床、壁、天井、縁すべて木材

    渋すぎる内風呂
     この湯宿の内風呂は、床、壁、天井、そして浴槽の縁すべては木材で出来ており、男性湯船の玉砂利の下から、源泉がじゅわじゅわにじみ出てくる「足元湧出泉」でした。ただし、女性の湯船では直接足元から湯が湧き出てくる体験を味わえません。
     木のぬくもりあふれる内風呂は古きよき湯治場といった風情。昨今の浴室はタイルが主流な中、ここは素晴らしいですね。最も、雌阿寒温泉の他の2施設も、同様なのですから、良い感じの温泉地ですね。

    夜の露天風呂
     夜、露天風呂で湯浴みしていると、山の方から「がさがざっ」という音が聞こえました。どうやら鹿が遊んでいるようです。



    ◆意外に美味な家庭料理

    別室個室
     通常、夕食朝食ともに広間で食すそうですが、当方しか宿泊客がいなかったため、別の客室でいただきました。ご主人手製の家庭料理は、夕食も朝食もなかなかどうして結構美味しいと感じ、私は思わず「ご主人、食事美味しかったです」と告げました。
     もちろん、6,500円という宿泊料を念頭に置きつつ「家庭料理」として、そう評したわけであり、この宿は会席料理ではありませんし、カニも出ませんよ。食材の中に「カニかま」はありましたが。

    ◆ご主人のこだわり感じる「美しい宿」

     「あれ見て、窓ガラスピッカピカだね」。つれが客室の窓を指差します。そう言えば、廊下の窓もきれいに磨かれていますね。観光シーズンに突入する4月末に泊まったのですから、ちょうど掃除を行った直後なのかも知れませんが、とにもかくにも窓はピカピカですね。

     視点を転じれば、窓に限らず、館内全体が清潔感でいっぱいかな。ハード面は新しくないんです。でも、手入れが行き届いていて、印象がさわやかだなあ。「客室禁煙」というのも、そういうイメージを後押ししているのかしら。

     夜が白々と明けた早朝5時過ぎ、ひとっ風呂浴びようと内風呂へ行けば、湯抜きされて湯を注いでいる最中でした。露天風呂では、ご主人が掃除している姿がありました。
     「早朝4~6時は風呂掃除します」と、張り紙がありましたが、まさか本当にやっているとは・・・これは大変失礼いたしました。

    感動した
     掃除が行き届いた館内、早朝から宿主が湯抜き掃除する姿勢、内風呂の木のぬくもりあふれる風情、露天風呂の湯面の色合い・・・ なんて「美しい宿」なのでしょう。ご主人のこだわり、そして美学を感じました。

     本当はもっと雄弁に「この宿は良かった!」とご主人に伝えたかったのですが、チェックアウト時にどうもうまい言葉が思い浮かばなかったので、次回宿泊時までの宿題にします。

     そう言えば、湯宿到着時に感じた「鼻腔を突くゆでたまごの匂い」は、帰り際、感じませんでした。一晩過ごしたため、慣れちゃったみたい。
     ただし、つれのシルバーの指輪は見事黒ずみました。入浴の際は、客室に置いたままだったのですが。
     宿内外の空気中に、たくさんの硫黄成分が漂っているのですね。身を持って体験しました。

    景福 ゆうすけ的には 常宿に近い存在で 広めたい気持ちと 内緒にしたい気持ちで複雑です(笑)
    掃除は常にしてるみたいで 綺麗ですよ~
    まぁ虫達は諦めなきゃ駄目ですが(笑)

    意外と知られてない事ですが
    宿になる前は 神社だったそうです。

    後 禁煙の件ですが 宿主に告げると 喫煙出来る部屋に宿泊出来ます。


    2008.06.07 13:04 URL | ゆうすけ #/3WEEAIQ [ 編集 ]

    ゆうすけさんの常宿でしたか。
    私も近くに住んでいたら、定期的に泊まりに行くと思います! 定山渓で言えば、豊林荘(閉鎖)、そして白糸のように。内緒にしたいお気持ち、でも「あそこは良いよ」って伝えたい気持ち、お察しします~

    やはり掃除はまめにされているのですね。喫煙室の存在知りませんでした。ありがとうございます。

    神社!ですか。ご主人が神主さんのように思えてきました(笑顔)

    2008.06.07 17:27 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1081-f994cde9

    オンネトー温泉景福
    雌阿寒岳の西麓、色が刻々と変化することで有名なオンネトー湖の近くにあり、アカエゾマツなどの原生林に囲まれた温泉地です。宿は三軒しかありませんが、硫黄の香る源泉と、周囲の見事な自然はこの温泉地ならではのものです。

    2008.06.17 18:09 | 温泉生活

    | ホーム |