札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     支笏湖畔に佇む客室11室の1軒宿。冬期間は営業していません。道道730号から宿へ下る坂道の除雪が困難なのが、その理由だそう。

     宿の美点を挙げれば、「レイクビューな客室」「開放的な露天風呂」「湖上レストランでのジンギスカン」ですね。3回目の宿泊でした。


    ◆眺めの良い客室は2階のみ

    支笏湖と風不死岳を望む
     2階客室からの眺めは、いい感じ。しかし、1階の客室だったら、支笏湖は拝めません。こだわるならば、予約時に確認したほうが良いでしょう。ちなみに、夕食を部屋食(1人1,000円アップ、会席膳です)にすると、配膳しやすい1階になることを、前回宿泊時に身を持って体験しました。


    ◆支笏湖望む露天風呂

    ボートで接岸し、勝手に入浴してはいけない
     無色透明のさっぱりした湯は、細工なしの源泉そのまま。
     支笏湖は入浴しながら直に望むことは出来ませんが、湯船を出ると一望できます。いい感じだなあ。


    ◆湖上で食すジンギスカン

    湖上のレストラン
     湖上のレストラン「鉄板処ベアーヘッド」は、スタッフが造った小屋で、ジンギスカン専用の食事処。

    ジンギスカン
     窓外に広がる支笏湖を眺め、湖畔に打ち寄せる波の音を聞きつつ、ジンギスカンを食すと、いかにも「北海道」な気分になります。


    ◆チップ釣りの船が30隻以上

    チップ釣り漁船がたくさん
     早朝4時に目が覚めて、窓外を見やると、支笏湖にチップ釣り漁船がたくさん浮かんでいます。数えると30隻以上。写真では、ごみのように小さく見えますが、実際に光景を目の当たりにすると、すごいなあ、と感じた次第。昔はもっと多かったそう。


    ◆総括

    道道730号から宿へ下る道のところにある看板
     札幌、そして新千歳空港から近いこの湯宿は、手軽に「北海道気分」を味わえる感じ。事実、本州からの団体客が日帰りで訪れ、「夜は大倉山ジャンプ台(札幌)を見に行くぞ」と、わいわい。車をみると、「堺」「宮城」も拝見しました。
     
     そんな喧騒も日帰り受け入れが終わった夕方以降、静かになります。客室テレビもろくに映りませんし(1階レストランのテレビは映ります)、何もすることがないという自由を得られますね。ケータイはOKでした。
     客室は掃除が行き届いているものの、かなりくたびれています。木造こじんまり湯宿ゆえ、壁の薄さもご愛嬌。そんな点を念頭に置きつつ、「また来たい」と思わせる底力がある湯宿だと私感です。

     
    支配人、奥さん&赤ちゃん、見送りありがとう!
     帰りはモーターボート(宿に手配してもらった、1人1,500円)で支笏湖温泉街へ帰りました。

    ◆支笏湖って近くて遠い?

    国道453号と道道730号が交差する所にある看板 札幌市から車で90分くらいの支笏湖。札幌市民にとっての支笏湖は「ドライブコースとして最適」「ついでに日帰り入浴も」「観風会で1泊したことあるよ」など、気軽に足を運べる観光地でしょうか。

     ところが、車を使わないと話は違ってきます。札幌⇔支笏湖の直通バスは、ことし6月28日~10月13日の運行だけに、6月21日に泊まった当方は直通バスに乗れません。
     そこで、JRで30分ほどかけて千歳駅まで行き、そこからバスで小1時間で支笏湖畔へ到着。さらに送迎車に10分ほどで乗って宿に到着しました。
     支笏湖って、近くて遠いですね。













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1111-6f1c61a8

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。