札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    もりそば680円
     もりそば680円(俵おにぎり付)。幌加内産そば粉を利用しているらしい。食後はそば湯を堪能しました。

    外観
     洞爺湖温泉街に佇む、こぎれいなそば屋。

     気になったメニューは、ざるそば690円(俵おにぎり付)。もりとざるの違いって、「刻みのり」があるかどうかの違いなのですが、一般的にざるの方が、50~100円高いですよね。なので、当方は、いつも「もり」を注文します(笑)
     しかし、この店の場合、もりとざるの価格差はたった10円でした。次の機会があれば、ざるをオーダーしたいです。

     かけそば690円、天ぷらそば(温・冷)880円、天ざるそば(温・冷)1,260円、ミニ天丼&そばセット(温・冷)1,260円などなど。大盛り各種200円増し。

     営業時間11~17時、不定休。

    じつは「もり」と「ざる」とでは、本来ツユの味が微妙に異なるものだと聞いたことがあります。どっちが辛めの味かは忘れましたが・・・求む、詳しい方(笑

    2008.07.10 23:16 URL | ぼらぼら #.VpBeogQ [ 編集 ]

    おおっ、そうなのですか! ぼらぼらさん。早速、調べてみました(笑)

    そもそも、むかしの「もり」「ざる」の違いは、そばを盛る器の違い、そしてご指摘のように、ツユが異なっていたそうです。
    現在は、わざわざツユを別々に作る店は少なくなっており、多くは「のり」のあるなしだけのようですね。(そばの散歩道=日本麺類業団体連合会ホームページ)

    ネット上で散見された「もり・ざる」ネタを拝見すると、「ざる」のツユは「コク」がある、店員が「もり」「ざる」を取り違わないよう、ざるに「のり」を振りかけて目印にした・・・などという話がありました。

    いやはや、これからは、蕎麦屋で「もりとざるの違いって何?」と質問し、「ウチはツユが違うんです」という蕎麦屋を探し出す旅も楽しいかも知れませんね(笑顔)
    ぼらぼらさん、ご指摘どうもです~!

    2008.07.11 20:18 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ほぉ~ゆうすけも 海苔の違いだと思ってたので
    今度からは 店員さんに聞いてから頼むのも ちょっと楽しいかも(笑)
    意地悪ではないですよね?(笑)


    2008.07.16 12:42 URL | ゆうすけ #/3WEEAIQ [ 編集 ]

    おそらく、店員さんは屈託なく「海苔があるかないかの違いです~」と答えそうですね、ゆうすけさん(笑顔)
    全然いじわるではないでしょうね~(笑)

    2008.07.16 20:28 URL | いっち #- [ 編集 ]

    のりの違いに器、そばの量の違う店もありますよね。

    2008.07.16 23:20 URL | かりん #- [ 編集 ]

    へぇ~、「そばの量が違う」って、生まれて初めて聞いて、目からウロコです、かりんさん!
    「そば」は、奥が深いですね!

    2008.07.17 21:15 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1119-ab9b4352

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。