札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     結論から先に言えば、夕食が口に合わなかったものの、朝食付の安いプランで泊まり、虎杖浜界隈を湯めぐりする拠点として上手な活用をすれば、良い感じですね。


    ◆夕食は「業務用」のオンパレード

    レトルト、冷凍食品、既製品
     うーん、夕食は半分残しちゃいました。他の湯宿ではペロリ平らげるのですが。

     ミニオムレツって、家庭で重宝する冷凍食品ではないですか。大和煮は缶詰から空けたものかしら。鶏肉マヨネーズ焼も既製品っぽいなあ。
     食事がアレならば、白米でお腹一杯にしましょう・・・ えっ、炊き上げてから何時間保温状態だったの。ぱさぱさ乾燥していますよ。

     ああっ、久々にヤラレマシタ。湯宿に泊まって、夕食が「不味い」なんて、星一徹氏ではないけれど、ちゃぶ台をひっくり返しそうな気分。8,950円、返してください。

     なんてキツメに記しましたが、当方はある程度、覚悟していました。この湯宿、風呂の評判は聞きますが、メシの評判は、とんと聞こえてこないから。「やっぱりそうだったのか」と、むしろ確認できて、胸がスッキリした次第(笑)
     この湯宿、料理内容によって、値段が5段階に分かれており、当方の8,950円コースは、下から2番目のレベル。だからといって、もっと高いコース(1万円超)にすれば、業務用レトルトものを使わず、すべて手作りで提供する・・・とは、一般的な湯宿経営上、考えにくいですね。

     当方、痛感しました。湯元ほくようは、夕食をつけず、朝食付4,950円で泊まるべし。そうしたら、満足度は高まるって。

     あくまで「私感」である点を考慮いただきつつ、受け止めていただければ幸甚です。


    ◆晩飯はB級グルメで

    おでんコーナー
     夕食はですね、宿内にある日帰り向け食事処で食すという技があります。おでん、焼き鳥に加え、ラーメン、そば、チャーハン、親子丼、カレーライス、温泉がゆ定食(作るのに40分かかる)などがあるよう。当方が泊まった日、20時過ぎに店じまいしていました。
     もっとも、ここの食事処で食べたことないので、ここも味がアレだったら、どうしましょう(笑)

     宿周辺の国道36号沿いに、松尾ジンギスカン竹浦支店はしもと珈琲館などの外食できる店もありますね。

    日帰りは5時から。朝食は7時から
     虎杖浜で1泊するならば、湯元ほくように「あえて、泊まらない」という秘策?もあります。

     JR虎杖浜駅近くの、花の湯温泉(24時間日帰り施設)の無料休憩室で朝方5時前まで仮眠して、追加料金500円を徴収される6時前に施設を出て、徒歩10~15分で、朝5時から日帰り入浴を受け付けている湯元ほくようへ到着。日帰り風呂&無料休憩室でまったりし、7時から朝食バイキングを堪能する・・・
     この作戦を実行すれば、白老・虎杖浜で1泊朝食付が、花の湯温泉500円+湯元ほくよう入浴・朝食1,000円=1,500円と、破格値ですね。


    ◆日帰りパラダイス

    ドラえもんだらけスロット
     ゲームコーナー、充実しています。子ども連れで、入浴、ゲーム、昼食、ごろ寝なんて良いかも知れません。

    カラオケ
     夜はカラオケスナックも絶賛営業中。

    1階客室の窓を開けるとネコ 前日夜に電話予約して宿泊OK。ハードは古びていますが、湯使いが良い湯宿ですね。
     当方の場合、湯元ほくようを拠点に、周辺の湯めぐりや観光を楽しみたいと思っていますので、やっぱり次は朝食付4,950円で泊まりたいなあ。漠然と感じました。

    ほくようのお湯私も好きです(*^_^*)
    朝食+入浴1,000円はこれからシーズンの鮭釣り愛好家のみなさに大好評ですw

    ほくようと花の湯の組み合わせもありですよねwww1,500円で一泊朝食付き、メチャメチャ激安ですねc⌒っ*゚ー゚)φ メモメモ...

    2008.08.26 02:14 URL | エリ #- [ 編集 ]

    ほくようの朝食&入浴1,000円は、釣り人に人気・・・ そうかそうか、そうですね。勉強になります、エリさん!

    花の湯で一夜を過ごす・・・ いつかは挑戦しなければと、鼻息だけは荒い今日この頃です(笑顔)

    2008.08.26 20:13 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1157-8ec7dcef

    | ホーム |