札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    札幌駅 6:24

    電車

    1日散歩きっぷ 札幌駅西口みどりの窓口は、早朝5時40分から営業していた。札幌近郊のJR普通電車に乗り放題の「1日散歩きっぷ」2,040円(土日祝日限定販売)を購入し、白老町へ向かう。

     札幌→白老(92.8キロ)は片道1,790円かかるだけに、往復で1,540円得する計算だ。

     4人掛けボックス席を恵庭駅まで1人占め、その後は相席となり、苫小牧駅を過ぎると、再び1人でのびのび空間を味わった。





    白老駅 8:16

    白老駅
     1時間52分の電車旅を終え、白老駅に降り立つ。タクシーが数台並び、客を待っていたが、降りた客は誰も乗らなかった。

     さて、まずは「白老まちめぐりパス」を買いたい。事前に入手していたパンフレットによると、白老駅から一番近い販売場所は、NPO白老消費者協会。まずはそこへ行ってみる。

    大町商店街
     白老駅前に伸びる大町商店街は、日曜の早朝とあってセブンイレブン以外はシャッターが下りたまま。街頭スピーカーからインストゥルメンタルが流れているが、当方以外に聞く人はいない。

    NPO白老消費者協会 白老消費者協会は、まだ営業していない。腕時計を見ると、8時25分。何時からオープンするか案内がなく、パンフレットを読むと、ここでGPS貸し出しは10時~と記載されているため、たぶん10時開店だろうと思い、引き上げた。

    引換券
     商店街で唯一営業していたセブンイレブンで、とりあえず1,600円払い、パス引換券をゲット。引き換え場所は「白老観光協会」「仙台藩白老元陣屋資料館」「アイヌ民族博物館(ポロトコタン)」の3ヵ所。

    白老駅の案内
     うーん、観光協会ってどこ? 仙台藩・・・は遠そう。で、ポロトコタンへ。





    再び白老駅 8:41

    陸橋
     白老駅に戻り、駅横の陸橋を上り下り。

    樽前岳
     陸橋の上から、彼方に樽前山が見える。

    SL
     SLがぽつんと展示してあった。

    出入り口
     ようやくポロトコタンに到着。




    パス引き換え 9:00

    パス
     入場窓口に申し出て、スムーズにゲット。パスのほか、各種パンフレット・リーフレット、アンケート用紙が同封されていた。白老駅に降り立ってから、パス購入まで44分費やしてしまい、時間のロスを挽回すべく、まずは20年振りにポロトコタンを見学しようか。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/1187-cfda2896

    | ホーム |